「深謝」の意味とは?拝謝や多謝など類語もチェック【例文付き】

ビジネスの上では円滑なコミュニケーションのため、同じ事柄を表す場合でも細かいシチュエーションや相手に応じて最適な言葉を選ぶことが求められます。そのため、ビジネスメールや文書の中では見慣れない単語を目にすることも多いのではないでしょうか。「深謝」も、普段あまり使うことのない言葉の一つでしょう。ここでは「深謝」の意味や使い方について詳しく解説します。



「深謝」の意味と使い方


「深謝」は「しんしゃ」と読みます。意味と使い方をそれぞれ確認してみましょう。

「深謝」の2つの意味

深謝には「深く感謝すること」と「深くお詫びをすること」の二通りの意味があります。

「深謝します」「深謝申し上げます」「深謝の意」などといった使い方をします。ビジネス文書やお礼状、お詫び状など書き言葉として用いられることが一般的ですが、改まった席での挨拶や正式な謝罪の場などでは口頭で使用されることもあります。ただし普通の会話の中で用いることはありません。

「深謝」の正しい使い方

相手に多大な迷惑をかけてしまった場合や、格別の支援を受けた場合など、「申し訳ございません」や「ありがとうございます」では表現しきれないほどの強い謝意を伝えるために「深謝」を用います。これによって相手に十分な誠意を伝えることができます。

「深謝」の類語


「深謝」に似た意味の言葉に「感謝」「拝謝」「多謝」「万謝」があります。それぞれに微妙なニュアンスの違いがあるので、状況に応じて適切な言葉を使用しましょう。

社内や身近な相手であれば「感謝」

「感謝」は最も広く使われる謝意を表す言葉です。上司や先輩・顧客・同僚、また口頭・書面など相手や状況を選ばずに使用することができます。

「拝謝」は感謝の謙譲語

「拝謝」には「謹んで礼を述べる」という意味があり、感謝をへりくだった言い方です。目上の方に感謝の気持ちを伝える際に用います。友人や同僚に対して使うのは不適切です。また「深謝」同様、通常の会話では使われません。

お礼の意味合いを持つ「多謝」

「多謝」は深謝同様、強い感謝の意を伝える言葉ですが、どちらかと言えば「お礼」の意味合いが強くなっています。
なお中国語にも同じ「多謝」という言葉があります。中国語の「多謝」は「どうしゃー」と読みます。意味は「ありがとうございます」と感謝の気持ちを表すことは日本語と同様ですが、中国語の場合は口頭で使われる言葉であり、日本語の「多謝」に比べると軽めの表現です。

多く感謝する意味を持つ「万謝」

「深謝」と最も近い意味を持つのが「万謝」ですが、「深謝」が一つの事柄に対する深い謝意を表すのに対し、「万謝」は「万」という字の通り非常に沢山の謝意を表します。「万謝」も通常会話の中で用いることはありません。

「深謝」と「陳謝」の違い


「深謝」とよく似た言葉に「陳謝」があります。どちらも「謝」という字が入っていることから同じような意味だと思われがちですが、二つの言葉には明確な違いもあり、使い方も異なっています。

「陳謝」が表すのは謝罪のみ

「深謝」が謝罪と感謝、両方の意味を持つのに対し、「陳謝」は謝罪の意味合いが強い言葉です。

また陳謝の「陳」には「述べ立てる」という意味があり、つまり「陳謝」とは「事情を述べて謝罪する」ことを指します。例えば「この度弊社システム障害の影響で貴社業務に大きな影響を与えましたこと、深く反省するとともに心より陳謝いたします」というように、具体的な事情を述べてから使うのが正しい用法です。そのため、「深謝」のようにのしに使うことはありません。

表書きの「深謝」の使い方


メールや文書、スピーチの文面の中で用いられるほか、お詫びの品の表書きに「深謝」が使われることもあります。

「深謝」は状況に応じて使い分けを

お詫びの品の表書きには「お詫び」「陳謝」「深謝」が使われますが、「深謝>陳謝>お詫び」の順で謝罪の意が強くなります。「深謝」は相手に非常に大きな迷惑をかけた場合に用います。

「とりあえず『深謝』を使っておけば失礼にはならないだろう」となんでもかんでも「深謝」にしてしまうと、返って大げさに見えて相手に不快感を与えかねません。状況に応じて適切な言葉選びをすることが大切です。

まとめ

「深謝」はとても強い感謝や謝罪の気持ちを表す言葉です。しかし濫用は禁物です。たとえば、新装開店祝いのお花のお礼状に「深謝」などと使っては、相手は返って「馬鹿にされた」と思ってしまうかもしれません。また、「言葉の意味も知らずに適当に使っている」と思われかねません。状況に応じた適切な言葉選びを意識しましょう。

また「深謝」が上っ面だけにならないよう気を付ける必要もあります。「深謝」と言いながら礼の一つもしなかったり、「深謝」と書かれた手紙の封や字が雑では誠意など感じられません。言葉と態度を一致させて、正しく使いましょう。