「様方」の正しい使い方や書き方とは?「気付」との違いも解説

宛名の後に続く「様」や「御中」などは、文書を送る際に必ず書く敬称です。今回はそんな敬称の中から比較的使用頻度が低い「様方」について、読み方や正しい使い方・書き方、そして似た意味をもつ「気付」との違いも解説していきます。「様方」の英語表現もあわせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。



「様方」の使い方・書き方は?「気付」との違いは?

世帯主と受取人の苗字が異なるときに使う

「様方」の読み方は「さまがた」です。先ほど説明したように、文書などを送る際に書く宛名の敬称を指します。「様方」は、“個人宅”の世帯主と受取人の苗字が異なるときに使います。具体的なケースはこちらです。

  • 苗字が異なる家に下宿・居候している
  • 結婚はしていないが同棲している
  • 結婚して苗字が変わっても両親と同居している
  • 既婚者が実家に帰省している

「様方」は世帯主に使う

「様方」は実際に文書を受け取る人ではなく、送り先の世帯主に対して使います。書き方としては、このような形になります。

 「送付先の世帯主の名前」+「様方」+「実際の送付相手の名前」+「様」

先に送付先の世帯主の名前、そのあとに受取人の名前を書きます。名前の順序を書き間違えると、失礼にあたるので気をつけましょう。

「気付」は会社などの個人宅以外に使う

「様方」と同じように、誰かを通して文書を送るときに使う敬称「気付(きづけ)」。この2つの敬称の基本的な使い方は同じですが、決定的に異なる点があります。

「様方」は先ほども説明したように、“個人宅”に文書を送るときに使う敬称です。こちらと違い「気付」は、会社や出張・旅行先のホテルなど個人宅以外を通して文書を送りたい場合に使います。もし自分宛に送るのであれば、「〇〇様」ではなく「〇〇行」と書くようにしましょう。

封筒などへの正しい書き方とは?

文字の高さは「住所>世帯主・様方>受取人・様」

封筒やハガキなどに「様方」を書くときは、いくつかのルールがあります。まずは“字の高さ”。字の高さは「住所」>「世帯主の名前・様方」>「受取人の名前・様」の順で、少しずつずらして書きます。縦書きの場合は住所から左下がりになっていくイメージ、横書きの場合は住所から右斜め下に少しずつずれていくイメージです。一文字分程度下げながら書いていくと、バランスのとれた読みやすいものになります。

文字の大きさは「受取人・様>世帯主・様方>住所」

次は“文字の大きさ”です。文字は「受取人の名前・様」>「世帯主の名前・様方」>「住所」の順で、大きさを変えて書くことが好ましいとされています。世帯主名はあくまでも住所の一部なので、わかりやすくするためにも、実際に文書を送る相手「受取人の名前」を1番目立たせることがポイントです。

縦書きも横書きも同じマナーで書く

基本的に“縦書き”も“横書き”も同じマナーで書きますが、より丁寧な印象を与えるのは“縦書き”です。そのため、ビジネス文書や礼状などの手紙は“縦書き”を選ぶ方がいいでしょう。

苗字だけではなくフルネームで書く

「様方」をつける世帯主名は苗字だけでも間違いではありませんが、基本的にはフルネームで書きます。文書を手にする可能性のある世帯主に対しても失礼がなく、与える印象も良いものになります。

「様方」の書き方例

  • Aさん宅に下宿しているBさんに手紙を送る場合
  • Aさん宅で同棲しているBさんに手紙を送る場合
  • Aさん宅で同居している家族のBさんに手紙を送る場合
  • A実家に帰省している既婚者Bさんに手紙を送る場合

これら全てのケースはこのような順で書きます。

「(Aさんの名前) 様方 (Bさんの名前) 様」

住所から書くと、

 <書き方1>
東京都〇〇区〇〇町1-2-3 〇〇マンション1号室
 Aさんの名前 様方
  Bさんの名前 様

<書き方2>
東京都〇〇区〇〇町1-2-3 〇〇マンション1号室
Aさんの名前 様方
Bさんの名前 様

横書きの場合は、住所と宛名の位置が同じ位置で書かれる場合もあります。どちらの書き方も間違いではありませんが、全体のバランスを考えると縦書き同様<書き方1>の方が好ましいです。

年賀状や弔電も同じ書き方

個人宛に送る年賀状や弔電も、これまで説明してきた使い方・書き方で対応できます。年賀状の場合は夫婦宛など連名になることもありますが、基本的な考え方は同じでこのように書きます。

東京都〇〇区〇〇町1-2-3 〇〇マンション1号室
 世帯主名 様方
  受取人A 様
  受取人B 様

「様方」の英語表現は?

「様方」を英語表現する場合は「C/O」

「様方」は、”〜(様)方“と意味する「care of」の略語「C/O」と表現します。英語の場合は日本語と違い、受取人の名前が1番最初、住所が1番最後に書きます。ちなみに法人に対して送る場合は”〜宛”を意味する「attention」の略語「ATTN」を使います。

英語表現「様方(C/O)」の例文

  • 鈴木太郎さんに居候している山田花子さんに手紙を送る場合の例文

Hanako Yamada
C/O Taro Suzuki
1-2-3 Shibuya-ku Tokyo, Japan

東京都渋谷区1-2-3
鈴木太郎 様方
山田花子 様

まとめ

「様方」は世帯主と受取人の苗字が異なるときに使う敬称で、手紙や資料など何かしらの文書を送るときに使われる言葉です。個人宅宛に使うことや、文字の高さや大きさに変化をつけるなど、使い方・書き方にいくつかのマナーがあり難しいと感じるかもしれませんが、一度覚えてしまえば何てことはありません。相手に良い印象を与えるためにも、バランスがとれた書き方をするように心がけましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パーティーコーディネーターとして勤務後、10カ国以上で様々な文化を体験。帰国してからはライターに転職し、ライフスタイルからビジネスまで幅広く執筆しています。趣味は1人旅。好きな国はニュージーランドです。