「会敵」の意味とは?「接敵」との違いや例文・類語も解説

「会敵」は「かいてき」と読むミリタリー用語です。「えてき」とよく読み方を間違えがちですが、軍事関係のニュースや、今流行りのサバイバルゲームではよく使われるので覚えておくと便利な言葉です。今回はそんな「会敵」について、意味や類語・英語表現と詳しく解説します。似た意味を持つ「接敵」「エンゲージ」との違いも説明しますので、参考にしてみてください。



「会敵(かいてき)」の意味とは?

意味は「敵に出くわすこと」

「会敵(かいてき)」は、“探索・偵察中に敵に出くわすこと”、または“敵を見つけること”という意味をもつ言葉です。「会」という字は“たまたま”といったニュアンスを持つ「會」ともともと書くことから、“偶然に出会う”という意味ともつ「出くわす」として使われたと考えられています。戦争や戦闘系の映画、サバイバルゲームなどでよく使われるミリタリー用語です。

「接敵」との違いは「敵の居場所がわかっているかどうか」

「会敵」と似た言葉に、“敵に近づく”や“敵と接触する”という意味をもつ「接敵(せってき)」という言葉があります。この2つの言葉はどちらとも“敵と会う”という点では同じですが、決定的に異なる点があります。

「会敵」は“居場所がわからない敵と偵察中に偶然会った“というニュアンスがありますが、それに対し「接敵」は”すでに敵のありかを知っている上で接触する“というニュアンスがあります。”敵の居場所を知っているかどうか“が、「会敵」と「接敵」の大きな相違点です。類語ではありますが、伝えたい内容によって使い分ける必要があります。

「エンゲージ」もニュアンスが異なる

「エンゲージ」も「会敵」の類語です。「エンゲージ(engage)」は“(人を)婚約させる”や“約束する”という意味で知られていますが、その他にも“(敵と)交戦する”といった意味があります。 “敵と戦うこと”という意味は似ていますが、「エンゲージ」には“偶然敵に出くわす”といったニュアンスはありません。

「会敵」の使い方と例文は?

探していた敵を見つけたときに使う

「会敵」は “探索・偵察中に敵に出くわすこと”や“敵を見つけること”という意味があることから、「居場所はわからない敵を探している」といった場面で使います。そのため、「接敵」のように「すでに居場所がわかっていて襲撃する」というような場面、また「意図せず全くの偶然で出会った」といった場面では使えません。

「敵と会敵する」は重複表現

「会敵」にはすでに“敵に会う”という意味が含まれているので、「敵と会敵する」と表現するのは重複表現となり間違いです。

「会敵必殺」は辞書上にはない

「会敵必殺(かいてきひっさつ)」という言葉をまれに見かけますが、この言葉は「見敵必殺(けんてきひっさつ)」の混同した四字熟語と考えられます。「見敵必殺」は辞書に載っていない比較的新しい軍事用語です。日本語では「敵を見たら必ず始末する」で使われますが、中国語では「敵を見たら必ず死んでしまう」と違う意味で使われます。

「会敵」の例文

  • 「会敵しても、決して怯むな」
  • 「会敵を続けることに限界を感じている」
  • 「会敵のために、思いつく全てを準備しよう」
  • 「会敵したと連絡が来ないことを願っている」
  • 「いつ会敵するかドキドキしている」

「会敵」の類語は?

類語は「要撃」「迎撃」

「会敵」の類語として、「接敵」「エンゲージ」以外の言葉「要撃(ようげき)」と「迎撃(げいげき)」を紹介します。

「要撃」は、“待ち伏せて攻撃する”という意味のある言葉です。結果的に敵と戦うという点は同じですが、「要撃」は待ち伏せる側なため、自ら探していくようなニュアンスはありません。

「迎撃」は、“攻めてくる相手を迎え撃つ”という意味のある言葉です。「迎撃」も敵と戦う意味は同じですが、その戦う相手は相手から攻めてくると「会敵」とは異なります。

身近な類語表現なら「応戦」

身近な類語表現なら、「応戦(おうせん)」があげられます。「応戦」には“敵の攻撃に対し戦う”という意味があり、接触した相手と戦おうとする点は似ています。しかし「応戦」は、単に“攻撃を仕掛けてきた相手と戦うこと”を表現しているため、「会敵」のような偵察や探索中に出くわした相手といったニュアンスはありません。

「会敵」の英語表現は?

「会敵」の英語表現は「intercept」

「会敵」の意味を完全に表現する英語はありませんが、 “迎撃する”という意味をもつ動詞「intercept」は数ある英単語の中でも近い意味を表現できます。

  • “We intercepted an enemy force.”

→「我々は敵軍を迎撃した」

「contact」も近い意味を表現できる

“接触する”という意味をもつ動詞「contact」も「会敵」のニュアンスを伝える英語表現として使えます。敵を意識するようなニュアンスに限定されず、「連絡する」など日常的な接触シーンでも使える言葉です。

  • “We will contact with an enemy force in near future.”

→「近い将来、敵軍と接触するだろう」

まとめ

「会敵」は日常的な言葉ではなく、戦争シーンや戦闘ものの映画・ゲームなどによく使われるミリタリー用語です。“探す”といった意思のもと、偶然敵に出くわすような場面で使われます。「会敵」の言葉自体に“敵と出くわす”という意味が含まれているので、「敵と会敵する」のような重複表現はしないよう注意しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パーティーコーディネーターとして勤務後、10カ国以上で様々な文化を体験。帰国してからはライターに転職し、ライフスタイルからビジネスまで幅広く執筆しています。趣味は1人旅。好きな国はニュージーランドです。