「一翼を担う」の意味とは?使い方の例文を紹介!類語と英語表現も

「一翼を担う」は、自分がチームや組織の一員として「一つの役割を受け持つ」ことを意味する言葉。ビジネスや志望動機で使われることも多いため、意味を正確に理解しておきたい言葉です。今回は「一翼を担う」という言葉について、意味を詳しく紹介します。また使い方の例文と類語に加え、英語での表現もお伝えします。



「一翼を担う」とは

「一翼を担う」の読み方は「いちよくをになう」

「一翼を担う」という言葉は、「いちよくをになう」と読みます。「翼」は訓読みでは「つばさ」となりますが、「一翼」の場合は音読みで「いちよく」が正しい読み方となります。また、「担」は「たん」「かつぐ」「になう」など複数の読み方を持ちますが、「一翼を担う」という言葉においては「いちよくをになう」と読む言葉です。

意味は「全体の中で一つの役割を受け持つ」

「一翼を担う」は、会社やプロジェクト・チームなどにおいて「全体の中で一つの役割を自分が受け持つ」ことを意味する言葉です。

「一翼」は、「一枚の翼」と「一つの役割」という2つの意味を持ち、「一翼を担う」においては「一つの役割」を指しています。また「担う」という言葉は、「物をかたにのせて持つ」「物を支える」役割や負担を「引き受ける」の2つの意味を持っていますが、「一翼」には「引き受ける」の意味が当てはまります。

また「担う」は、役割を単に分担するというだけでなく、役割を受けることに対する責任感や積極的な意志を感じさせる言葉です。

「一翼を担う」の語源は「鳥の翼」

鳥や飛行機が空を飛ぶために必要な「翼」。数枚のうちの1つであったとしても飛ぶためには大切な役割を持っており、2枚しか翼がない場合に1枚の翼が失われたとすれば、空を飛ぶこともかなわなくなります。

したがって、一翼を担うとは、欠かすことのできない大切な「役割」であることを表す言葉です。

「一翼を担う」の使い方と例文

履歴書や面談など志望動機で使われることが多い

「一翼を担う」は、就職のエントリーシートや履歴書・面談などにおいて、志望動機として使われることも多い言葉です。

「一翼」は「役割」の意味を持つため、単に仕事をしたいというわけではなく、「その会社の一員として自分が役割を果たす」と言ったような積極的な意思をも含めることができます。

実際に使う場合には、なぜその会社に就職したいと考えたのか理由も合わせて、「私はかねてから貴社の○○という取り組みに興味を持っており、私もその一翼を担う人材となることが目標でした。」などと使います。

「一翼を担う」を使った例文

  • 以前からリピーターも多い隠れた人気商品だったが、近頃売り切れるほどに人気があるのは彼女がブログで紹介したことも一翼を担っているだろう。
  • 貴社は単に部材を提供いただくメーカーというだけでなく、我が社の事業の一翼を担っていただいている大切なパートナーとの認識です。
  • 仕事には各々の役割があり自分がつまらない仕事しかできていないと卑下する必要はまったくない。君も一翼を担うチームの一員だ。
  • オリンピックという世界的な大会の開催にあたり、我が社の技術がその一翼を担っていることを誇りに感じた。

「一翼を担いたい」を使った例文

  • アウトドアが趣味の我が家にとっては、楽しい思い出には常に貴社の製品がありました。これからは私が楽しい思い出を提供していけるように、貴社における事業の一翼を担いたいと考えたのが志望の動機となります。

「一翼を担う」の類語・類似した表現

「一端を担う」は「物事の一部を受け持つ」の意味

「一端を担う」(いったんをになう)という言葉は、「一翼を担う」同様に「物事の一部を自分が受け持つ」意味を持っています。しかし、「一端」には「一翼」が持つ「役割」と言ったような意味を持ち合わせていないため、「責任を持った役割」というよりは「分担としての一部作業」と言ったニュアンスにとどまります。

したがって、入社面談や履歴書における志望動機には、「一端を担う」の言葉よりは「一翼を担う」を使うのが適しています。

「一部を担う」は「一部を受け持つ」を意味する

「一部を担う」(いちぶをになう)は、「一端を担う」の「一端」を「一部」と言い換えた表現です。したがって「一翼を担う」という言葉が持っている「自分が受けた役割」に対する責任感のような、意味合いまでは含まない言葉となります。

「一役買う」の意味は「ある役割を引き受ける」

「一役買う」(いちやくかう)は、「自分から積極的にある役割を引き受ける」ことを意味する言葉です。「一翼を担う」の言葉と比べると「役割を持つ」という点では同じですが、「大きな役割の中」という前提までは持たないことや、自ら引き受けると明言している点が異なります。

「一役を担う」「一躍を担える」は辞書にない言葉

「一役を担う」と「一躍を担える」という表現は辞書に定義されていない言葉であることから、「一翼を担う」や「一役買う」などが混じり合わさった、誤りの表現であると考えられます。

「一翼を担う」の英語表現

「一翼を担う」の英語は「play a role」

「一翼を担う」を英語で表現する場合は、「play a role」を使うのが適しています。

「play」は「行う」「果たす」を、「role」は「役割」を意味しており、「役割を果たす」の意味となります。

「take a part in」も「一翼を担う」の英語表現

「take a part in」は「参加する」「加わる」の意味を持つ言葉であるため、「take a part in ○○」と使うことで、「○○における一翼を担う」を表現することができます。

まとめ

「一翼を担う」は、会社などの大きな組織の中において、自分が「大きな中の一つの役割を持つ」ことを意味する言葉です。大きな組織においては様々な役割があり、表に見える役割もあれば、「縁の下の力持ち」という言葉があるように表からは見えない役割もあります。しかし、いずれの役割も物事を進めるには欠かすことができないので、「一翼を担う」の言葉のように、自分の役割を誇りを持って全うしていきたいものです。

ABOUTこの記事をかいた人

miiryon

SE・WEB制作を経て、メーカーのオウンドサイトのウェブマスターとフリーライターを兼業中。料理もアクセサリーも自分自身の「手」でつくりだすことに喜びを感じます。チョコレートとコーヒーが欠かせない食いしん坊。