「天高く馬肥える秋」の元々の意味は怖い?由来と使い方の例文

手紙などで見かけることのある「天高く馬肥える秋」。季節を表現した綺麗な表現のようですが、元々の意味は怖かったという話もあります。今回は、「天高く馬肥える秋」の現在の意味と元々の意味、由来などを紹介します。現在の使い方や例文も紹介しているので、使うときの参考にもしてください。



「天高く馬肥える秋」の意味とは?

「天高く馬肥える秋」の現在の意味は「秋の素晴らしさ」

「天高く馬肥える秋」とは、「秋の素晴らしさ」を表現した言葉です。「天高く」とは、空が晴れて澄み渡っている様子を表し、「馬肥える」とは、馬の食欲が増してたくましく太ることを表現しています。

手紙の時候の挨拶として使われることが多く、「秋の素晴らしい季節になりましたね」という気持ちを表現した言葉です。

「天高く馬肥える秋」の元々の意味は「警戒」

「天高く馬肥える秋」は、元々は「秋の素晴らしい季節」を表現したものではなく、「警戒しろ」と注意を促す言葉でした。騎馬民族が毎年秋に、馬に乗って襲ってきたことから、使われた言葉です。詳しくは「天高く馬肥える秋」の由来で紹介します。

騎馬民族が衰退したことから、「警戒しろ」という意味で使われることがなくなり、現代の「秋の素晴らしさ」を表現する言葉となりました。

「天高く馬肥える秋」の由来は?

もともとの意図は「騎馬民族の奇襲に備えろ」

「天高く馬肥える秋」は、もともとの意図は「警戒しろ」ということを伝えるための言葉でした。元になった言葉は、「杜審言(としんげん)」という詩人が書いた詩「蘇味道に贈る」という詩の中の一節で、「雲浄(きよ)くして妖星(ようせい)落ち、秋高くして塞馬(さいば)肥ゆ」です。

漢の国の将軍である「趙充国(ちょうじゅうこく)」が言った言葉と書かれています。「妖星」とは、不吉なことを意味する言葉で、「塞馬」とは、北方の馬のことです。

当時、中国の北の方には、「匈奴(きょうど)」と呼ばれている騎馬民族が大きな勢力を誇っていました。「匈奴」は遊牧民だったため、冬は寒さが厳しく食料などを確保できません。そこで、秋になると冬の食糧などを確保するために、南下して農村を襲撃し、略奪を行っていました。

「匈奴」のいた地域は、春、夏には多くの草が生え、馬はそれを食べて肥えていきます。秋がもっとも馬の肥えた季節になり、その時期に馬に乗って農村に略奪をしにやってきます。

そこで、漢の国の将軍が、「北の方から匈奴が、肥えてたくましくなった馬に乗って略奪に来るから気をつけろ」ということを伝えるために、「雲浄くして妖星落ち、秋高くして塞馬肥ゆ」と言ったとされています。

「天高く超える秋」の使い方は?

10月の時候の挨拶として使える

「天高く馬肥える秋」は、時候の挨拶として使われています。時候の挨拶とは、手紙のマナーとして使われているものの1つで、「拝啓」などの「頭語」の後に、今の季節にあった気持ちを表現するために書きます。

「天高く馬肥える秋」は10月に使う時候の挨拶です。地域によって、季節感に多少の差がありますので、秋の気持ち良い季節を感じられる時期に使うようにすると良いでしょう。

四字熟語で「秋高馬肥」とも表現できる

「天高く馬肥える秋」は、四字熟語で「秋高馬肥」とも表現できます。「秋高馬肥」の読み方は「しゅうこうばひ」です。例えば、「『秋高馬肥』の季節は気持ちがいいですね。」などと使うことができます。

「天高く馬肥える秋」は、「秋高馬肥」以外にも、「秋高く馬肥ゆ」や「天高馬肥(てんこうばひ)」、「天高くして馬肥える秋」などの使い方もできます。ただし「肥える」を「超える」と書くのは誤用ですので、注意しましょう。

「天高く馬肥える秋」の例文

  • 拝啓、天高く馬肥える秋、皆さまにはますますご清栄のことと、お慶び申し上げます。
  • 天高く馬肥える秋というだけあって、とても気持ちのいい季節ですね。
  • 天高く馬肥える秋という言葉がぴったりな季節になって、明日の遠足が楽しみです。

「天高く馬肥える秋」の英語表現は?

「天高く馬肥える秋」の英語表現

「天高く馬肥える秋」を英語で表現すると、「Autumn with the sky clear and blue、and horses growing stout.」です。直訳すると「空が青く澄んでいる秋、馬はたくましく肥える。」です。情景をそのまま英語に表現したものですが、イメージを共有できるのではないでしょうか。

まとめ

「天高く馬肥える秋」は、現在では、秋の気持ち良い季節を表現した言葉で、時候の挨拶などで使われることが多いです。由来となった言葉は古代中国の言葉で、北の方に住んでいる騎馬民族が、秋になると肥えてたくましくなった馬に乗って略奪に現れることから、気を付けるようにという「警告」でした。騎馬民族の勢力が衰えるにつれて、現代のように、秋の気持ち良い季節を表現した言葉になりました。10月に使われる時候の挨拶として覚えておくとよいでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

kingyo120

国立大学法学部卒。事務職、コールセンターでの勤務経験あり。現在は2児の育児をしながらフリーランスとして活動しています。趣味は料理と裁縫。健康のためにウォーキングに挑戦中です。