「慇懃無礼」の意味とは?使い方の例文や類義語・対義語も解説

「慇懃無礼」という言葉は「無礼」という部分だけで何となくネガティブな意味と認識されていることが多いようです。今回は「慇懃無礼」の意味や使い方、似た意味を持つ類語や反対の意味を持つ対義語などについて解説します。「慇懃無礼」を使った例文や英語表現もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「慇懃無礼」の意味と読み方

「慇懃無礼」とは丁寧過ぎて失礼なこと

「慇懃無礼」は「いんぎんぶれい」と読みます。「慇懃無礼」とは「丁寧すぎることがかえって失礼」という意味です。

人や物事に対して、丁寧で礼儀正しく接することは一般的に良いことと言われますが、「慇懃無礼」は度を超えた丁寧さや礼儀を重んじすぎる様子です。そして度を超えた礼儀によって、相手が不快になるような対応を「慇懃無礼」と表現します。

基本的には、何か思うところがあり、相手に失礼な振る舞いをしようという気持ちを持ちながら、わざと丁寧過ぎる対応をすることを指します。

「慇懃」とは礼儀正しく丁寧な様子

「慇懃無礼」に使われている「慇懃」は、「慇懃な態度」など単体でも使われる言葉です。「慇懃」には「礼儀正しく丁寧」という意味があります。

そのため「慇懃」だけであれば良い意味での言葉、「慇懃」に「無礼(=失礼)」という言葉が付けば悪い意味の言葉となります。

「慇懃無礼」はわざとでなくても使える

「慇懃無礼」という言葉は、通常「相手に何か思うところがあり(ネガティブな感情)、わざと過剰に丁寧な接し方をしている、そこに何か含みがあるのだろう」というニュアンスで使われます。

しかし、相手に他意がなく、純粋にとても丁寧な接し方をしているに過ぎない場合でも「慇懃無礼」は使われます。

つまり「慇懃無礼」は相手の心情には関係がなく、あくまでも「慇懃無礼」と感じた方の心情で使われる言葉です。

「慇懃無礼」の使い方と例文

過剰な礼儀正しさを持つキャラは「慇懃無礼な人」

「慇懃無礼」はさまざまな言葉と併せて使われます。たとえば「慇懃無礼な人」と言えば、その人が過剰に丁寧で礼儀正しい接し方をするという意味です。

  • 「彼はとても丁寧な人かもしれないが、行きすぎた礼儀が多く慇懃無礼な人ということもできる」
  • 「初めての訪問で緊張してしまい、なんて慇懃無礼な人なんだと思われたかもしれない」

丁寧過ぎて失礼な態度は「慇懃無礼な態度」

「慇懃無礼」は態度や言動を指して使われます。それを「慇懃無礼な態度」と敢えて「態度」という言葉をつけることで、「特に態度が大げさだった」ということを表すこともできます。

  • 「終始丁寧なのは結構だが、あれは人によっては慇懃無礼な態度と映るだろう」
  • 「慇懃無礼な態度であったのならお詫びしなければならない」

行き過ぎた挨拶や言葉遣いで書かれた「慇懃無礼なメール」

特にビジネスシーンでは、取引先やお客様へ宛てたメールを作成する機会が多いものです。しかしメールの場合も丁寧すぎたり、過剰な気遣いの言葉を連ねると「慇懃無礼なメール」と思われることがあります。

  • 「A社の担当者はいつも慇懃無礼なメールを送ってくるので、これ以上の付き合いは遠慮したい」
  • 「敬語の使い方がわからず、結果として慇懃無礼なメールとなってしまいました」

「慇懃無礼」の類義語・対義語

「慇懃無礼」の類語は「おためごかし」「小手先」

「慇懃無礼」という言葉には似た意味を持つ言葉が複数あります。その中でも使いやすいのは「おためごかし」「小手先(こてさき)」などです。

「おためごかし」とは「相手のためにしているように振る舞って、実は自分の利益のために行動している」という意味の言葉です。「彼のおためごかしには呆れる」などと使います。

「小手先」とは「表面上は良い感情を見せていても、心の中には違う感情がある」という意味です。「小手先の礼なら要らない」「小手先で良いようなことを言う」などと使われることが多い言葉です。

「慇懃無礼」の対義語は「横柄親切」

「慇懃無礼」と反対の意味、つまり「礼儀はなっていないかもしれないが、相手のためを思って真摯な気持ちで動く」という状態を「横柄親切(おうへいしんせつ)」と言います。

「横柄」とは、威張っている態度、図々しい態度という意味です。その後に「親切」という言葉が付くことで「態度は悪いが、気持ちは親切だ」という意味になります。

「彼は口は悪いし態度も大きいが、横柄親切、心根はやさしい」などと使うことで、相手の内面を褒める言葉として機能します。

「慇懃無礼」の英語表現

Woman talking with alphabet letters.

「慇懃無礼」は英語で「smarmy」

「慇懃無礼」という言葉を英語で表現するためには「丁寧過ぎる」という意味の単語を使います。「丁寧過ぎる」は英語で「smarmy」です。

「smarmy」には「丁寧過ぎる」の他にも「口先だけ」という意味もあります。いずれにしても、相手を非難するネガティブな意味で使われる言葉です。

  • 「That guy is such a smarmy(あの男性は慇懃無礼だ)」

まとめ

「慇懃無礼」という言葉は、日常生活で頻繁に使うことはないかもしれません。しかし、ネガティブな意味を持つ言葉だからこそ、意味や使い方を知って間違いのないコミュニケーションを取らなければなりません。

「慇懃無礼」という言葉について考えると同時に、自分にとってはどんな態度が「慇懃無礼」と映るのか、ということを考えてみて、今後の自分に活かしても良いでしょう。