「罵詈雑言」の意味とは?使い方の例文や類語「悪口雑言」も紹介

「ありったけの悪口」を意味する「罵詈雑言」という言葉。なんとなくの意味は分かるが、正しい意味を理解していないという方も、多いのではないでしょうか?「正しい意味が知りたい」や「類語を知りたい」という方に向けて、「罵詈雑言」の意味や使い方、類語を紹介します。例文もあわせて紹介しているため、ぜひ参考にしてください。



「罵詈雑言」の意味とは?

「ありったけの悪口」を意味する「罵詈雑言」

「罵詈雑言」とは、「ありったけの悪口を並べて、相手を罵ること」また、「相手に浴びせた悪口そのもの」を意味しています。「罵詈」が「相手を口汚く罵ること」を意味しており、「雑言」が「悪口をいうこと」を意味しています。

「罵詈」と「雑言」の2つの単語が、それぞれ「悪口をいうこと」を意味していることから、単に相手を悪く言っているだけではなく、「ありったけの悪口」を並べている様子を表しているのです。

「罵詈雑言」の読み方は「ばりぞうごん」

「罵詈雑言」の読み方は「ばりぞうごん」です。「言」という漢字は「ごん」の他に、「げん」という読み方があるため「ばりぞうげん」とも読まれます。「ばりぞうごん」も「ばりぞうげん」もどちらも正しい読み方ではありますが、記載されていない辞書もあることから、「ばりぞうごん」が一般的な読み方となっています。

読み方が間違っていると捉えられる場合もあるため、状況に応じて適した読み方をしましょう。

「罵詈雑言」の使い方と例文

「悪口をかける」を意味する「罵詈雑言を浴びせる」

「相手にありったけの悪口をかける様子」を意味する、「罵詈雑言を浴びせる」という表現。「罵詈雑言」を使った言い回しとして、よく使われます。例えば、「感情に身を任せて罵詈雑言を浴びせるだけでは、なに1つ解決しないのだから冷静になるべきだ」という例文。

上記の例文は、「感情のままに悪口を放つだけでは解決しないため、冷静になるべき」という意味があります。

比喩表現を使った「罵詈雑言の嵐」

「罵詈雑言の嵐」という表現も、よく使われる言い回しの1つです。ありったけの悪口を言われている様子を、「嵐」に例えて表現しています。例えば、「SNSで過激な発言をしたAさんは、またたく間に罵詈雑言の嵐を浴びていた」という例文。

上記の例文は、「AさんはSNSで過激な発言をしたため、ありったけの悪口を浴びていた」という意味になります。

「場時雑言」は間違いのため注意!

「罵詈雑言」に似た四字熟語はいくつかありますが、「場時雑言(ばじぞうごん)」は間違いであるため注意しましょう。「場時雑言」は「罵詈雑言」と「馬耳東風(ばじとうふう)」が混ざってできた言葉で、実際には存在しない四字熟語です。

「罵詈雑言」が「ありったけの悪口」を意味するのに対し、「馬耳東風」は「人の意見や評価を気にかけず、聞き流すこと」を意味しており、異なる意味をもつ四字熟語です。混同しないように、注意しましょう。

「罵詈雑言」を使った例文

  • なにか理由があったとしても、相手に罵詈雑言を浴びせることは間違っている
  • 不特定多数からの罵詈雑言により、気力が削がれてしまった
  • 酔っているからといって、何をしてもいい訳がない。罵詈雑言を浴びせるなど、もってのほかだ

「罵詈雑言」の類語を紹介

「悪口をいうこと」を意味する「悪口雑言」

「罵詈雑言」の類語には、「口汚く、思う存分に悪口をいうこと」また、「放った悪口そのもの」を意味する「悪口雑言」が当てはまります。読み方は「あっこうぞうごん」です。「悪口」を「わるぐち」と読むのは間違いであるため、とくに話し言葉として会話で使用する場合は、読み間違いに注意しましょう。

例えば、「思いがけない人物からの悪口雑言に、正直驚いた」という例文。上記の例文は、「予想外の人物から悪口を言われ、驚いた」という意味になります。

「怒り罵ること」を意味する「罵詈怒号」

「口汚く罵ること」を意味する「罵詈」に、「怒鳴る」を意味する「怒号」が加えられた、「罵詈怒号(ばりどごう)」という言葉。小説や歌の歌詞として使われている言葉ではあるものの、辞書には記載されていません。

意味としては類語に当てはまりますが、一般的でない言葉である可能性もあるため、使用する場合は状況を考えて使用しましょう。

「罵る」や「悪口」も類語に当てはまる

「罵る」や「悪口」も、「罵詈雑言」の類語に当てはまります。「罵詈雑言」よりも「罵る」や「悪口」の方が、軽い印象を与えるため、状況に応じて使用しましょう。また、場合によっては「罵詈雑言」よりも単に「罵る」や「悪口」といった方が、相手に伝わりやすいこともあります。

「罵詈雑言」の英語表現

英語では「abuse」

「罵詈雑言」の英語表現には、「罵る」や「暴言を吐く」を意味する「abuse」が当てはまります。「激しい言葉」を意味する「strong language」も、「罵詈雑言」の英語表現であるため、シーンによって適した方を選びましょう。

まとめ

「ありったけの悪口」を意味する「罵詈雑言」という言葉。「罵詈雑言を浴びせる」や「罵詈雑言の嵐」などの使い方をします。類語には「口汚く、存分に悪口をいうこと」を意味する「悪口雑言」や「罵る」などが当てはまります。似た言葉に「場時雑言」がありますが、「罵詈雑言」と「馬耳東風」が混ざった言葉で、誤りであるため注意しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。