「シラフ」の意味や語源とは?使い方の例文や類語・対義語も紹介

お酒の席や職場などで「通常の状態」というニュアンスで使われるのが「シラフ(素面)」という言葉です。今回は「シラフ」の漢字表記、語源と意味、使い方とその例文、類語と対義語、英語表現についてまとめました。この機会に「シラフ」をマスターしてみましょう。



「シラフ」の意味・語源とは?

最初に「シラフ」の意味と語源を、漢字表記とあわせて紹介しましょう。

「シラフ」の意味は「普段と同じ状態」「お酒を飲んでいない状態」

「シラフ」とは「普段と同じ状態」や「通常と変わらぬ状態」、また「お酒を飲んでいない状態」「酔っぱらっていない状態」などとなります。

もともとの性格が控えな場合、発言も少なめで周囲を見守るような表情をするのは「シラフ」と言えますが、一方で、大声でゲラゲラと笑ったり、相手に対して攻撃的になれば、それは「シラフではない」と言えます。

また、お酒を飲むと、アルコールの影響で顔が赤らんできますが、この時、顔面の状態は普段と変わるため「シラフではない」と言えます。「シラフ」は「顔が赤くない状態」、つまり「お酒を飲んでいない」ということです。

「シラフ」は漢字で「素面」「白面」と表記する

「シラフ」は漢字表記で「素面」や「白面」となります。この漢字表記は言葉の語源となり、「シラフ」という言葉が出来上がる由来となっています。

「シラフ」はカタカナで書く場合が多いですが、一方で小説や新聞などでは漢字表記をすることもあります。「素面」を「すめん」や「そめん」と読んだり、「白面」を「はくめん」などと読まないように、「しらふ」という読み方にも慣れておきましょう。

「シラフ」の語源は「顔面の状態」

「シラフ」は漢字で「素面」や「白面」と表記されますが、これが「シラフ」の語源や由来です。「素面」も「白面」も、お面を付けたり、化粧をして素顔を隠していないことで、「素顔」「普通の顔」「普段と変わらない顔」という意味があります。

「シラフ」の使い方と例文

それでは「シラフ」の意味を把握したところで、「シラフ」の使い方と例文をあわせて紹介します。

「シラフ」は酩酊時のような言動をする時にも使われる

「シラフ」は基本的に「普段の状態」、つまり意味の通る発言やいつもと変わらぬ言動を周囲に見せた時に使われます。

しかし、人によっては、たとえお酒に酔っていなくても、顔が赤くなくても、酩酊時のような通常とは違う言葉尻や態度を表すことがあり、それが「通常の状態」であることもあります。そのような時は「ふざけているがシラフである」というような使い方をします。

また、逆に、通常は理性のあるか落ち着いた話し方をするのに、突拍子もないことを言ったり、通常では見られないふざけた態度を見せたりする時には「シラフではない」というような使い方をします。

「シラフ」を使った例文

  • 何を言っているのか全く理解できないが、本当に「シラフ」でモノを言っているのか?
  • 知人のAはお酒をたんまり飲んだのに、まるで「シラフ」のように振る舞った。
  • 冗談を連発しているが、あくまで彼は「シラフ」です。
  • 「シラフ」でない証拠に、気の弱いBさんが上司に立てついている。

「シラフ」の類語と対義語は?

続いて「シラフ」の類語と対義語について紹介します。

「シラフ」の類語は「正気」「素顔」「本性」

「シラフ」の類語は正常な精神状態を指す「正気」や、地顔やありのままの姿を指す「素顔」などがあります。「シラフ」の言葉の意味を拡げれば、素性そのままを表す「本性」なども類語の仲間と言えるでしょう。

「シラフ」の対義語は「狂気」「酔顔」「酔狂」

一方、「シラフ」の対義語となるのが、正気の沙汰ではないという意味の「狂気」や、お酒に酔った状況を表す「酔顔(すいがん)」また、「酔狂(すいきょう)」「酩酊(めいてい)」「泥酔(でいすい)」などが挙げられます。

「シラフ」は英語で何という?

最後に「シラフ」の英語表現をみてみましょう。国際的な場面でクールに使えるようにしてみませんか?

「シラフ」は英語の「right mind」や「sober」で表現

英語で「シラフ」を表現するときは、通常の状態を意味する「right mind」や、お酒に酔っていないことを表す「sober(ソーバー)」を使いましょう。また、考え方や判断などが正気で精神状態が普段と買わないことを表す時は「sanity(サニティ)」も適語となります。

「シラフ」を使った英語例文

  • 彼の行動は異様だが、極めて「シラフ」の状態である。
    He is acting quite weird but he is totally in his right mind.
  • アルコールは一滴も飲んでいないため、完全の「シラフ」です。
    I am totally sober as i haven’t drank any of alcohol what’s so ever.

まとめ

「シラフ」とは「通常と買わない状態」や「お酒を飲んでいない」「酩酊状態ではない」ことを意味する言葉で、漢字表記は「素面」や「白面」となります。

相手をよく知らない場合は、突飛な行動や発言に対し「シラフではない」と誤解をしてしまうこともあるでしょう。通常は大人しい人が声を荒げて意見を述べたりする時は「シラフではない」と言えそうですが、酩酊状態のような言動をしても「シラフである」こともあります。

「シラフ」という言葉を解釈する上でのキーは「普段の状態かどうか」です。ぜひ、意味や使い方を把握して、ご自身のボキャブラリーに追加してみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。