「かねてより」の意味とは?類語や「かねてから」も例文で解説

「かねてより」は「前もって」や「以前から」という意味の言葉ですが、かしこまった表現で使いにくい言葉のひとつです。しかしビジネスシーンでもよく聞かれる言葉なので、使えるようになってみませんか。

「かねてより」の意味や漢字の書き方、正しい使い方に類語や「かねてから」との違いなど、例文も一緒に解説します。



「かねてより」の意味

「かねてより」の意味は「前もって」

「かねてより」は、「前もって」「以前から」「あらかじめ」という意味の副詞です。「かねて」自体に「前もって」や「あらかじめ」という意味があり、作用の起点を表す助詞「より」をつけることで「以前から」の「から」の部分を強調しています。

漢字では「予てより」または「兼ねてより」と書きますが、「予てより」と書かれることが多く、またひらがなで表記されることも多い言葉です。

「かねてより」の期間は思い出せる程度

「かねてより」とは「前もって」という意味ですが、どれくらい前のことかというと「思い出せる程度の期間」です。具体的な日時を指定しているのではなく、記憶にとどめている範囲での過去を指しています。

「かねてより」は間違いだが使われている

同じ意味の言葉を連結させた表現は重複表現や重言といい、間違った日本語の使い方とされています。「かねてより」は副詞「かねて」と助詞「より」が連結した言葉ですが、両方とも時を起点とする「~から」という意味があるため重複表現です。しかしながら「かねてより」は平安時代から使われている表現で、日本語表現として定着しています。

一方で、「かねてより」は間違った日本語であることは確かなので、新聞などのメディアによっては「かねてより」は使われずに「かねて」が使われています。

「兼ねて」よりも「予て」の方が意味が明瞭

「かねてより」を「兼ねてより」と書けるのですが、「予てより」と表記されることが多いです。「兼ねてより」は「兼ねる」の主要な意味である「ほかのことも含める」という意味が想起されるため、「かねてより」の「前もって」という意味が伝わりにくいからです。

古語「兼ぬ」(かぬ)が語源の「兼ねる」は、「ほかのことを含める」という意味以外にも「予想する」や「遠慮する」、ほかの動詞に付いて「…ができない」や「…が難しい」といった不可能や困難の意味も表します。

片や「予て」の「予」という字は「前もって」という意味が知られているため、「かねてより」には「予てより」と表記された方が意味が明瞭に伝わります。

「かねてより」の使い方とビジネス例文

「かねてより」は改まった場で使われる

「かねてより」は日常会話で使われますが、ビジネス上でのかしこまった会話や目上の人との会話にもよく使われる言葉です。なぜなら「かねてより」は丁寧で品格のある言葉という印象があるためで、敬語と合わせた使い方も頻繁にされています。

「かねてより」を使ったビジネス例文

「かねてより」はかしこまった印象を与える言葉なので、丁寧な文章中で使われます。また過去からの継続を意味する言葉なので、「かねてより」のあとに続く言葉には過去形が多く使われます。

  • 「かねてよりお世話になっております」
  • 「かねてよりお伝えしておりました新商品の発表会日時が決まりましたので、お伝えいたします」
  • 「本日は、かねてより準備を進めてまいりました新プロジェクトについて説明させていただきます」
  • 「かねてよりご連絡差し上げていましたA企画のミーティングはいつにするのがよろしいでしょうか」
  • 「かねてよりお願いしていました○○の件、進行具合はいかかでしょうか」
  • 「かねてより、○○様のご高名は伺っております。お会いできることを楽しみにしていました」

履歴書の志望動機や自己PRにも使われる

「かねてより」が品格を表せる言葉のため、履歴書の志望動機や自己PR文などにも使われます。

例文:
「かねてより貴社のセールス部門には興味がありました」
「かねてよりプログラマーという仕事には関心があり、必要となるスキルや資格は取得いたしました」

「かねてより予定している」は誤用

「かねてより」は「前もって」という意味の重複表現で、「予定」も「前もって見込みをつけること」という意味のため、「かねてより予定している」は3重の重複表現となり間違った使い方です。

言い換えるならば、「かねてより計画している」や「かねてよりの都合」ならば日本語として正しくなります。

「かねてより」の類語

「かねてから」は「かねてより」の言い換えにもなる

「かねてから」は「前もって」や「以前から」という意味の副詞です。「かねてより」と同じく重複表現なので間違った日本語表現ですが、「かねてより」の言い換え表現としても使われます。

「かねてより」との違いは、「かねてより」は平安時代から使われていたのに対して、「かねてから」の歴史は中世末ごろからとあまり古くなく、そのため歴史的な意味から同じ重複表現でも「かねてより」は正しく「かねてから」は正しくないという考え方もあります。

例文:
「かねてからご案内申し上げた新店舗が遂にオープンします」
「かねてから願っていた医者になることができました」

「以前より」ならやわらかい表現になる

「以前より」や「以前から」は「前もって」を意味していますが、「かねてより」よりも「前から○○をしている」という過去からの継続性が強まります。また「かねてより」と比べるとやわらかい表現になるため、ビジネスから日常会話まで幅広く使われています。

「かねがね」なら継続の意味合いが強まる

漢字で「兼兼」や「予予」と書き表す「かねがね」は、「以前から」を意味する副詞です。「かねがね」も「以前より」と同じく「これまで継続してきた」という意味合いが強まります。

「かねてより」の英語表現

「かねてより」は英語で「always」

「いつも」と和訳される「always」が「かねてより」の意味を表す英語表現です。ポイントはalwaysを現在完了形と合わせて使うことで、「かねてより」の「前もって」や「以前から」というニュアンスが出ます。

例文:
“I have always appreciated for your help.”「かねてよりお世話になっております」

「always」の代わりに、「長期にわたり」という意味の「for a long time」や「for a while」なども使えます。

まとめ

「かねてより」は「前もって」や「以前から」という意味の副詞です。重複表現ですが日本語表現のひとつとして定着して、日常会話やビジネスシーンでも使われている品のある表現です。