「貴賎」の意味とは?使い方の例文や類語「尊卑」も紹介

「高い身分と低い身分」を意味する「貴賎」という言葉。「職業に貴賎なし」という言い回しを、耳にしたことがあるのではないでしょうか?「貴賎の正しい意味を知りたい」や「使い方を知りたい」という方に向けて、「貴賎」の意味や使い方、類語を紹介します。例文も併せて紹介しているため、ぜひ参考にしてください。



「貴賎」の意味とは?

「貴賎」の読み方は「きせん」

「貴賎」の読み方は「きせん」です。「貴賎」は、他にも「貴賤」と表記することがあります。「賎」の旧字体が「賤」であり、意味に違いはありません。

「貴賎」の意味は「高い身分と低い身分」

「貴賎」とは、「高い身分と低い身分」または、「貴(とうと)いことと卑(いや)しいこと」を意味する言葉です。「大小」や「強弱」のように、それぞれの漢字が反対の意味をもっており、「貴」は「身分の高さや貴さ」を、「賎」は「身分の低さや卑しさ」を意味しています。

「貴賎」の使い方

「貴賎○○」のように熟語を加えて使う

「高い身分と低い身分」または、「貴いことと卑しいこと」を意味する「貴賎」という言葉。「貴賎○○」や「○○貴賎」のように、前後に熟語をつけて使用します。例えば、「老若貴賎(ろうにゃくきせん)」という言葉だと、「若者や年長者、身分の低い人や高い人」を意味しており、「全ての人」を表す言葉として使われます。

「全ての人」を意味する「貴賎都鄙」

「貴賎」の使い方の1つに、「貴賎都鄙(きせんとひ)」があります。「都鄙」とは、「都会と田舎」を意味する言葉で、「老若貴賎」と同じく「全て」を表しています。例えば、「貴賎都鄙問わず、愛された人物」という例文。

上記の例文は「身分や住んでいる地に関係なく、愛された人物」「全ての人に愛された人物」という意味になります。また、四字熟語を2つ繋げた「老若男女貴賎都鄙(ろうにゃくなんにょきせんとひ)」という言葉もあり、「全ての人」を強調した表現となります。

「身分の高低」を強調した「貴賎上下」

「貴賎上下(きせんじょうげ)」とは、「高い身分の人と低い身分の人」または「全ての人」を意味します。意味としては「貴賎」と同じですが、似た意味の「上下」をつけることで、更に強調した表現になります。

「きせんじょうげ」と読む以外に、「きせんしょうか」とも読むため、状況に応じて使用しましょう。

「身分差のある結婚」を意味する「貴賎結婚」

「貴賎結婚」とは、「社会的・法的身分に大きな差がある人物同士の結婚」を意味します。「卑賎結婚(ひせんけっこん)」や、国によっては「左手婚」とも言われています。

優劣をつけることの「貴賎をつける」

「貴賎をつける」とは、「対象となるものの価値に優劣をつけること」を意味しています。「○○に貴賎をつける」という使い方をし、「○○」の部分は優劣をつける対象の言葉が当てはまります。

例えば、「芸術に貴賎をつけるのは間違いだ」という文章。例文では「芸術はどれも価値のあるもので、優劣をつけることは間違い」ということを表しています。

「仕事の平等さ」を意味する「職業に貴賎なし」

「職業に貴賎なし」とは、「それぞれの仕事に価値はあり、どの職業も貴いもの」を意味する言葉です。仕事の内容や雇用形態、賃金に関係なくどのような仕事にも、同等の価値があることを表しています。

「職業に貴賎なし」の他にも、「○○に貴賎なし」という表現はあり、例えば「命に貴賎なし」だと「命の平等さ」を表す言葉となります。

「貴賎」を使った例文

  • 「職業に貴賎なし」とは言うが、日本も江戸時代までさかのぼると職業に貴賎はあった
  • 生き方によって、人生は良くも悪くもなるのだから、やはり人生には貴賎がある

「貴賎」の類語

「高い身分と低い身分」を意味する「尊卑」

「貴賎」の類語には、「高い身分と低い身分」を意味する「尊卑」が当てはまります。読み方は「そんぴ」であり、「そんひ」ではないため注意しましょう。「貴賎」と同じく、それぞれ反対の意味を持つ「尊い」と「卑しい」が組み合わさった言葉です。

例えば「職業に貴賎なし」という文章に、「尊卑」を入れて「職業に尊卑なし」と表現することもできるため、状況に応じて使用しましょう。

「優れていることと劣っていること」を表す「優劣」

「優れていることと劣っていること」を意味する「優劣」も、「貴賎」の類語です。「貴賎」の「身分や価値の差」を表している点と、「優劣」の「物事や能力、品質の良し悪し」を表している点から、類語に当てはまります。

「貴賎」の英語表現

英語では「all ranks」

英語で「貴賎」を表す場合、「全ての階級」を意味する「all ranks」が当てはまります。「高い低い」を意味する「high and low」も、「貴賎」を意味する単語なのですが、一般的には「あちこち」や「あらゆる場所に」という意味で使われているため、注意しましょう。

まとめ

「高い身分と低い身分」や、「貴いことと卑しいこと」を意味する「貴賎」という言葉。「職業に貴賎なし」や「貴賎をつける」などの使い方をします。類語には「貴賎」と同じ意味の「尊卑」や、「優れていることと劣っていること」を意味する「優劣」が当てはまります。状況に応じて、類語に言い換えてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。