「トライアンドエラー」とは?類語や仕事・開発・恋愛での重要性も

「トライアンドエラー」という言葉を聞いたことがありますか?人生という長い舞台では誰しも挑戦と失敗を繰り返しながら多くの事を学びますが、何度も過ちを繰り返しながら、ものごとを学んでいくことを指す言葉でもあります。

今回は「トライアンドエラー」について、言葉の意味と類語、また類語を紹介しながら、「トライアンドエラー」の重要性も紹介しています。



「トライアンドエラー」とは?

最初に「トライアンドエラー」の英語表記と意味についてみていきます。

「トライアンドエラー」は英語で「try and error」

「トライアンドエラー」とは英語で「try and error」または「try & error」と表記します。「trial and error(トライアルアンドエラー)」と呼ぶこともあり、どちらも同じ意味で使われています。

しかし、場合によっては「トライアンドエラー」という表現は「トライ」が動詞で、「エラー」が名詞であるため、言葉のバランスを考えて「トライアルアンドエラー」が正しいという見方もあります。

「トライアンドエラー」の意味は「試行錯誤を重ねること」

「トライアンドエラー」の意味は「挑戦と失敗を繰り返すこと」や「試行錯誤を重ねること」を指します。仕事や開発分野などで新しい課題や問題に直面した時に「こうしたらどうだろう?」と考え、次々に思いつく手法や案にチャレンジする行動を意味する言葉です。

「トライアンドエラー」は、新しい試みに対して恐れをなさず「これがダメならこれはどうか?」と異なる手段に挑戦することで最終的に成功を収めたり、解決に辿り着く一連の行動様式を意味しています。

「トライアンドエラー」は心理学で「学習様式」の一つ

「トライアンドエラー」は心理学の分野でも証明されている「学習様式」の一つで、同じ失敗を繰り返さないように「失敗の原因」を分析し、次のステップへと改善していくことは、ものごとを学ぶための効果的なスタイルとも言われています。

世界的に有名な開発者や成功者は、一夜で名声や財産を手にしたのではありません。何度も何度も立ちはだかる壁を乗り越え、改善点や着目点を探し出し、成功へと一歩一歩築き上げた功績があります。

心理学の分野でも証明されているように「トライアンドエラー」は、あらゆる場面における「基礎的な学習ベース」となり、この概念を理解するかしないかによって、1年後、3年後に大きな差を生むことになるのです。

3つのシーン別に見る「トライアンドエラー」の重要性とは?

続いて「トライアンドエラー」を3つのシーン別に分け、それぞれの重要性を説明していきましょう。

「就活」では自己PRや職務履歴書の精度を上げて行く

「トライアンドエラー」の行動様式は人生において様々なシーンで重要と言えますが、中でも「就活」においては、自己PRや職務履歴の蘭を充実させることが大切です。

売り手市場と呼ばれる時代でも、自分のスキルが生かせる企業に就職することはまだまだ至難の業であり、何社も受験しながら好意的な返事がもらえずヤキモキするこもあるでしょう。

「就活」での「トライアンドエラー」で学ぶことは、まず自己PRの精度を上げ、「ネガティブなコメント」を削除することです。あくまでも現実に沿って書き示すことが大切ですが、自分のスキルを企業が求める人物像に合わせてアピールするように心がけるようにしましょう。

「開発」では目標の結果が出るまでひたすらテストの日々

システム開発や研究開発においては、テストに必要な機器やプログラム、数値を測定する機器などを使って、ひたすら目標とする結果が出るまでテストを繰り返し行うのが通常です。

研究や開発においては、求める結果へのハードルが高く、コスト面で時間や人材に限りが出てくることもありますが、臨んだ結果がはじき出せなくても「何かできることはないか?」と問いかけることで「トライアンドエラー」を経験し、よりゴールに近い結果に近づくことが期待されています。

研究やシステム開発においては、高度なプレッシャーの中でテーマにチャレンジしていかなければなりませんが、先輩のアドバイスやヒントを心の支えにし、試行錯誤と戦いながら、研究開発に取り組んでいるのです。

「恋愛」は「トライアンドエラー」の連続?

世の中には恋愛思考の強い人もいれば、恋愛に臆病で恋愛に不向きだと思い込んでいる人もいるでしょう。恋愛のルールや相手を振り向かせるコツなど、恋愛に関する本は数多く出版されていますが、恋愛はまさに「トライアンドエラー」の連続だとも言えます。

思いを寄せる人がいても、必に恋愛が成就するとは限りません。それ以上に、恋愛に発展して十丁な状態が続いても相手が離れてしまったり、気持ちがわからないくなることもあるでしょう。

恋愛は就活や開発、仕事などとは異なる性質を持ちますが、相手の気持ちや言葉、ジェスチャーや行動など、失敗から学ぶ点はたくさんあります。次の恋愛に前向きになるためにも、「トライアンドエラー」を経験して、自信とコツをつかんでいきたいものです。

「トライアンドエラー」の類語は?

それでは「トライアルアンドエラー」の類語についてみてみましょう。

「トライアンドエラー」の類語は「悪戦苦闘」「暗中模索」

「トライアンドエラー」の類語であると考えられるのは、苦しみながらもチャレンジに挑み戦うことを指す「悪戦苦闘」や、行き先や状況が見えない中で答えやものを探すこと「暗中模索」などでしょう。

これらの言葉は求められる結果を得るために戦う姿勢や、手がかりがない状態でさまざまなことにチャレンジすることを表現する熟語であり、状況と文脈に合わせて使える類語と言えます。

「七転八起」は繰り返し失敗しても都度立ち上がること

また、「トライアンドエラー」から伝わる「試行錯誤しても諦めない」というニュアンスからは、「何度失敗しても、その都度めげずに立ち上がる」ことを意味する「七転八起」が挙げられます。

状況によってはこちらの表現がよい場合もありますが、どちらかどいえば「失敗から学ぶ」という意味合いより、「最後までやり抜く」という意味合いに重点を置いた言葉となります。

まとめ

「トライアンドエラー」は英語で「try and error」のことで、意味は「試行錯誤を重ねる」となります。心理学では学習のルールとも言われていますが、手がかりや知識のないものごとにチャレンジする時は失敗はつきものであり、「試行錯誤」のローテーションを繰り返すことで、大きな成果を得ることができるという概念とも言えます。

仕事全般、就活、開発、また恋愛において「トライアンドエラー」は必要なスタンスです。最後まで諦めない強い心を持って、ゴールへとたどり着きましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。