「コンサバティブ」とは?ファッションの意味や類語・対義語も紹介

「コンサバティブ」という言葉はファッションや服装、人が持つ思想などを表す時によく使われますが、実際の会話ではどのように使ってよいかと迷ってしまうことはありませんか?

今回は「コンサバティブ」に注目し、意味や使い方をはじめ、類語と対義語について紹介しています。これを機に「コンサバティブ」という言葉をマスターしましょう。



「コンサバティブ」の意味とは?

通称「コンサバ」、「コンサバティブ」の意味から解説します。

「コンサバティブ」は「保守的な」「控えめな」という意味

「コンサバティブ」は英語の「conservative」のことで、「保守的な」や「控えめな」という意味を持ちます。さらに踏み込んで意味を解釈すれば「伝統を守る」「見方や価値観などが昔気質である」また「危ない橋を渡らない古い考えを持つ」なども「コンサバティブ」の示すところです。

「コンサバティブ」は「保守的な人」を指す

「コンサバティブ」は「保守的な人」や「控えめで大人しい人」を指す言葉でもあります。つまり、話の口調や仕草、考え方や思考などが決してアグレッシブではない人、伝統を重んじ、ある意味で古い考えを尊重する人、そのものを指しています。

「コンサバティブ」の使い方と例文

続いて「コンサバティブ」の使い方と例文を挙げてみます。

ファッションの「コンサバティブ」は「控えめな服装」

ファッションにおける「コンサバティブ」は派手な色やデザインを使用せず、控えめな印象を与える服装やスタイルを表しています。衣服や文化の伝統を尊重し、礼服を含む主張のない大人しい服装のことです。

思想や人に対する「コンサバティブ」は「保守的な人」「保守派」

「コンサバティブ」を思想や人に対して使う時は、「保守的な人」「保守派」という意味で使われます。自分の主張ばかりを通しノイズの大きな人に対し、「コンサバティブ」は自分の主張は極力抑えめにし、伝統的で昔気質の考えを貫く人を指しています。

「コンサバティブ」と「ネガティブ」を混同しない

「コンサバティブ」は保守的で大人しいという意味であり、前に進んで行く進歩的や革新的という意味ではありません。そのため、悲観的や否定的な意味の「ネガティブ」と混同してしまうことがあるようです。

たとえば、良くない例として「あなたはコンサバティブな思考をお持ちですね」と表現するところを「あなたはネガティブな思考をお持ちですね」と言ってしまっては、相手に失礼な印象を与えかねません。あくまで「コンサバティブ」は「保守的」「控えめな」また「伝統を重んじる」という意味で使うようにしましょう。

「コンサバティブ」を使った例文

  • 私は派ではファッションよりコンサバティブな服装を好みます。
  • 彼女はコンサバティブな思考を持つが、伝統と格式を重んじた控えめな態度が好意的だ。
  • コンサバティブな考え方として、冒険を好まないことが挙げられる。
  • 古い概念に固執しているのではなく、昔からコンサバティブな性格なのだ。

「コンサバティブ」の類語と対義語は?

それでは「類語」と「対義語」について解説します。

「コンサバティブ」の類語は「考えが古い」「古い体質の」

「コンサバティブ」の類語には「考えが古い」や「古い体質」などが挙げられます。新奇なものごとの考え方や思考を好まず、人や組織などが現在の時代に合わない様子を指します。

また、その他の「コンサバティブ」の類語として挙げられるのは「旧世代的な」「前時代的な」「守旧的な」、また「封建的な考えの」「頭の固い」などが考えられます。どれも、行動や考えに対し危険を冒さず、慣習が古い様子を指す言葉です。

「コンサバティブ」の対義語は「プログレッシブ」

「コンサバティブ」の対義語は「プログレッシブ(progressive)」です。意味は「進歩的な」や「革新的な」、また「進歩主義の」などとなり、「コンサバティブ」が示す意味とは反対し「進展する」「向上する」などを意味する言葉となります。また「Conservative(保守党員)」の対角に存在する「Progressive(進歩党員)」も指しています。

ファッション用語としての対義語は「アバンギャルド」「コンテンポラリー」

ファッションに関しての「コンサバティブ」では、「アバンギャルド」や「コンテンポラリー」などが対義的なスタイルです。これらは革新的でしきたりにとらわれないモード系を中心とする人気のスタイルとも言え、コンサバティブとは逆の趣向があるファッションでもあります。

まとめ

「コンサバティブ」は通称「コンサバ」とも呼ばれ、カタカナ語の意味は「保守的な」「控えめな」などで、言葉的には「コンサバティブな服装」や「コンサバティブな思考」などというように使われています。対義語は「プログレッシブ」で「革新的」や「漸進的」という意味があり、動きのある躍動的な様子を表すのが特徴的でしょう。

コンサバティブは、後退的や否定的なという意味の「ネガティブ」とは意味が異なりますので、使い方には気を付けるようにして下さい。今回は「コンサバティブ」をご紹介しました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。