「シニカル」の意味と語源とは?使い方と例文や類語・対義語も

「シニカルな笑い」などと使われる「シニカル」という言葉。よく聞く表現でありながら、正確な意味がはっきりしないカタカナ語の一つかもしれません。この記事では、シニカルの意味と語源を解説します。

あわせてシニカルの使い方と例文や、類語・対義語、及び意味の違いがわかりにくい「アイロニカル」「ニヒル」「リリカル」についても紹介します。

「シニカル」(英語:cynical)の意味と語源とは?

「シニカル」の意味は「冷笑的・嘲笑的であるさま」

シニカルとは、冷笑的・嘲笑的な様子や皮肉な態度を表す言葉です。英語「cynical」が語源のカタカナ語です。「シニカルな笑い」「シニカルな人」、あるいは「シニカルだ」などと用いる形容動詞です。

「シニカル(cynical)」の語源は古代ギリシャ哲学の「キュニコス派(cynic)」

「シニカル(cynical)」は、古代ギリシャ哲学の「キュニコス派(cynic)」の語から生まれた形容詞「cynical」に由来します。

キュニコス派は、無為自然を理想として、現実社会を風刺したり嘲笑したりする皮肉な側面がありました。キュニコス派の人々は、その反対派から、無教養だとか浮浪者のようだと批判されることもあったといいます。そのようなキュニコス派を形容する言葉が語源の「シニカル」は、否定的で嘲笑的な意味合いが強い言葉だといえます。

「シニカル」の使い方と例文

「シニカルな表現」とは「毒を含んだ表現」

「シニカル」は、英語をもとにした外来語であるため、微妙なニュアンスをつかみきれず、使いこなすことが難しいと感じることがあるかもしれません。そのような時は、外来語に対応する日本語をセットで覚えておくと使いやすくなるといえます。

「シニカル」は、「毒を含んだ」「辛辣な」「当てこすり的な」などのニュアンスを持ちます。「シニカルな表現」とは、「毒を含んだ辛辣な表現」「当てこすり的な皮肉な表現」だと覚えておくとよいでしょう。

「シニカルな表現」や「シニカルな笑い」を使った例文

  • 決算発表では、数字を粉飾しているのではないかといったシニカルな意見も飛び出した
  • 旧態依然の会社経営は、問題を先送りして延命しているだけとのシニカルな見方もある
  • 人生を知らない者が人生を批評していると、著者にシニカルな批判が寄せられた
  • 彼の無教養で意味不明の発言は、会場からシニカルな笑いを誘った
  • 相手を嘲笑するようなシニカルな笑いは、ビジネスでは控えるべきだ

「シニカルリスニングモード」に注意しよう

会話の際に、相手の話を聞こうとしない態度にいることを「シニカルリスニングモード」と呼びます。話を始める前から、相手に対して「どうせこうに違いない」といったねじまがった先入観を持つことを言います。

シニカルには相手を否定する意味があるということです。シニカルな態度では、コミュニケーションを円滑に進めることができないため、注意が必要です。

「シニカル」の類語や間違えやすい言葉とは?

シニカルの類語「アイロニカル」の意味は「嫌味たっぷりなさま」

アイロニカルとは、皮肉や嫌味を含んでいるさま、という意味です。「反語的」とも説明され、これはわざと逆のことを言って皮肉を表現することです。

例えば、遅刻して慌てている人に「今日も早いですね」などと言ったり、大失敗した事柄に対して「称賛に値するほどだ」などと反対のことを言ってあてこすったりする態度です。「アイロニカル」は皮肉の意味の「アイロニー」の形容詞です。

「シニカル」は相手を低く見てあざ笑う「嘲笑的」という意味合いが強いですが、「アイロニカル」は、嫌みたっぷりに状況を風刺するさまを言います。アイロニカルにはシニカルのような嘲笑的な意味合いは含まれず、ユーモアによって風刺する精神が含まれます。

「シニカル」と混同しがちな「ニヒル」の意味は「冷たく虚無的なさま」

「ニヒル」は冷たく虚無的なさま、という意味です。「ニヒルな笑い」と言うときは、暗く冷たい笑いを表します。ニヒルな笑いは、「シニカル」の「冷笑的・嘲笑的」とは意味が異なります。冷笑するときは相手を見下すニュアンスがありますが、ニヒルな笑いには相手を見下すニュアンスはなく、世の中に対する虚しい気持ち、あきらめのニュアンスがあります。

「シニカル」と音が似ている「リリカル」の意味は「情緒的」

「シニカル」と音が似ている「リリカル」の意味は「情緒的・抒情詩的」です。シニカルと意味の関連はありません。「リリカルな旋律」「リリカルな詩」などと、音楽や詩に心を動かされたときに使う表現です。

「シニカル」の対義語とは?

「シニカル」の対義語は「リスペクト」

「冷笑的・嘲笑的であるさま」という意味の「シニカル」は、その根底に相手を否定し、初めから受け入れないとするニュアンスがあります。そのため、シニカルの対義語としては、相手を尊重し、受け入れる言葉が適当です。

「相手を尊重する」「敬意を払う」という意味で、外来語でよく使われる「リスペクト」がシニカルの対義語です。

まとめ

「シニカル」とは、「冷笑的・嘲笑的であるさま」という意味で、古代ギリシャ哲学の一派を語源とした言葉です。音が似ている「ニヒル」や「リリック」などは意味が異なり、関連はありません。

混同しやすいカタカナ語は、日本語の表現とあわせて覚えるとよいでしょう。シニカルな表現とは、毒を含んだ表現であると覚えておくと、虚無的なという意味の「ニヒル」との違いがはっきりします。