「虫酸が走る」の意味や語源とは?使い方の例文と類語も解説

「虫酸が走る」は、強い嫌悪感やトラウマになってしまうくらいの不快感を表現するときに用いられることわざです。「虫酸が走るほど嫌い」といったように、数あることわざの中でも比較的日常の中で使われることが多い言葉でもあります。今回はこの「虫酸が走る」の意味や語源、2つの読み方・漢字表記、類語や英語表現まで詳しく解説していきます。



「虫酸が走る」の意味とは?

意味は「胸がむかむかするほど不快」「胃酸が逆流する」

一般的な「虫酸が走る」の読み方は「むしずがはしる」ですが、「むしづがはしる」と表記されることもあり、どちらも間違いではありません。

意味は「胸がむかむかするほど不快になる」で、吐き気を催してしまうくらい強い嫌悪感がニュアンスとして含まれています。「空腹から不快な酸っぱい胃酸が口の中に逆流する」という意味もありますが、「胸がむかむかするほど不快」の意味合いで使われる方が多いです。

漢字表記は「虫酸」と「虫唾」

「虫酸が走る」には、もう1つ「虫唾が走る」という漢字表記があります。意味やニュアンスに違いはありませんが、「虫酸が走る」の表記で書かれる方が現代では一般的です。

語源は「虫の酸」と「虫の唾」

「虫酸」と「虫唾」の2つの漢字表記があるのには、異なる語源が関係しています。「むしず・むしづ」は“胃酸過多によって胃から口に上がってくる酸っぱい液”を指し、「走る」はこのことわざでは“口に出てくること”を表しています。この“酸っぱい液”には、“寄生虫によって生じた液”と考えた「虫の酸」と、“胃の中に寄生している虫の唾液”と考えた「虫の唾」という2つの説があり、これが「虫酸」と「虫唾」の2つの漢字表記の語源と言われています。

「虫酸が走る」の使い方と例文は?

強い嫌悪感を表現するときに使う

「虫酸が走る」は、見るのも嫌、同じ空間にいるのも嫌と「生理的に受け付けない物や人」に対してその強い嫌悪感を表現するときに使います。そのため、“ただ単に嫌い”や“ちょっと不快に思っている”のような表現をしたいときには使えません。

「虫酸が走る」の例文

  • 僕は虫酸が走るほどあの上司が嫌いなんだ
  • あの人を見るだけで虫酸が走るとは、よほど嫌いなのだろう
  • 私専用のカップを誰かが使っていると想像するだけで虫酸が走る
  • 逃げたクモがまだこの部屋にいるかと思うと虫酸が走る
  • まったく仕事をしない上司が高給取りと知って虫酸が走った
  • ごまをすっている人を見かけると、あんな風にはなりたくないと虫酸が走る

「虫酸が走る」の類語や類似表現は?

類語は「反吐が出る」「胸糞が悪い」

「虫酸が走る」の類語には、「反吐が出る(へどがでる)」と「胸糞が悪い(むなくそがわるい)」があります。

「反吐が出る」には「飲食した物を吐く」という意味の他に、「(吐きそうになるほど)不愉快になる」といった意味があります。「吐く」といった行為からわかるように、「虫酸が走る」よりも強い嫌悪感を表現するときに使われます。

「胸糞が悪い」には「胸がむかむかするほど不快」や「非常に腹立たしい」という意味があり、「虫酸が走る」とほぼ同じ意味を持っています。「糞」という言葉が入っているので、「虫酸が走る」よりも品のない表現です。

身近な表現なら「生理的に無理」「不愉快極まりない」

「虫酸が走る」を身近な表現で言い換えるなら、「生理的に無理」や「不愉快極まりない」が当てはまります。「生理的に無理」は若い年代によく使われるカジュアルな表現なので、上司や年配の方がいるようなシチュエーションであれば「不愉快極まりない」を使う方が子供っぽい聞こえにはなりません。

「虫酸が走る」の英語表現は?

英語表現は「loathe」と「disgust」

「虫酸が走る」は“ひどく嫌う”という意味を持つ「loathe」と、”胸を悪くさせる“や”うんざりさせる“という意味を持つ「disgust」を使って表現します。

  • “She loathes the sight of spiders.”

→「彼女はクモを見るだけで虫酸が走る」

  • “It makes me disgusted just to hear his voice.”

→「彼の声を聞くだけで虫酸が走る」

「虫酸が走る人」は「a disgusting fellow」

「虫酸が走る人」を英語にしたい場合は、「disgust」を使って「a disgusting fellow」と表現します。「fellow」には“(漠然とした)人”や“男”という意味があります。

  • “He was a disgusting fellow to me.”

→「彼は私にとって虫酸が走る人だった」

まとめ

「虫酸が走る」はただ単に不快や嫌いであることを表現するのではなく、吐き気を催すほどの強い嫌悪感を伝えるときに使われます。語源の違いから「虫酸」と「虫唾」の2つの漢字表記を持ちますが、意味やニュアンスに違いはないのでどちらを使っても間違いにはなりません。決して良いことに対して使う言葉ではないので、使い方には十分気をつけましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パーティーコーディネーターとして勤務後、10カ国以上で様々な文化を体験。帰国してからはライターに転職し、ライフスタイルからビジネスまで幅広く執筆しています。趣味は1人旅。好きな国はニュージーランドです。