「表題の件」の使い方とは?「標題の件」との違いや例文を解説

メールでよく見る「表題の件」という言葉。実際に使っているという人も多いかと思います。しかし、なかにはどのように使えばいいのかわからないという人や、正しく使えているのか自信がないという人もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、「表題の件」の正しい使い方や使う時の注意点、その意味について、詳しく解説させていただきます。



「表題の件」の意味

「表題」の意味

「表題」とは読んで字のごとく「表」の「題」のことを指しています。紙媒体であれば表紙の大きな題名のことを指しており、メールの場合は、件名になります。つまり、その文章のタイトルを指して「表題」と表すということです。

そのため、「表題の件について」という言葉は、「タイトルに書かれてある件について」ということに置き換えることができます。

「表題」の類語

「表題」の類語には、「標題」や「題名」、「曲名」、「演題」、「名題」などがなり、それぞれの細かい意味は違いますが、特定のタイトルを指す言葉になっています。

「表題の件」の英語での表現

ここまで何度かでてきましたが、表題を英語で表す場合は「title(タイトル)」という言葉になります。タイトルはそのまま「表題」と言う意味を持っており、そのほかにも肩書きなどの意味も持っています。

ただし海外では、日本のようにメールのなかで「表題の件」とタイトルの内容を言い換えることはあまりしないため、海外の人とメールをする時は、きちんと表題の内容を記載したほうがよいでしょう。

「表題の件」の使い方

主にメールで使われる言葉

「表題の件」という言葉は、ビジネスシーンのなかでは特にメールのなかで使われる言葉になっています。例えばメールの件名に「次回の会議について」と入れた後に、「表題の件についてご相談いたしたく~」などと続ける使い方になります。

基本的にはこのように、メールの件名の内容を表題と置き換えることは、ビジネスメール上では適切な表現となっています。ただし、なかには「表題」と表現された件名を、いちいち確認するのが面倒くさいと感じる人もいますので注意が必要です。

「別件でございますが」をあわせて使う

「表題の件でございますが」や「表題の件につきまして」というふうに、件名と本文を紐付けした場合、後に続く文章が別の件に移行する際には「また、別件でございますが」などと表記することで、文章の流れがわかりやすくなります。

「表題の件」と本文を紐付けする以上は、そのメールを読む相手からすれば「表題の件」ということを念頭において読むことになりますので、話の主旨が変わるときはその旨をきちんと伝えてから、次の話に進むように心がけましょう。

「表題の件」を使った例文

「表題の件」を使った例文には、以下のようなものがあります。

  • 表題の件について、ご相談したいことがあります。
  • 表題の件についてのメールを添付しております。
  • 表題の件にて、準備が整いましたので~
  • 表題の件の実地場所についてですが~
  • 表題の件、作成いたしました。

「表題の件」を使う際の注意点

「表題の件」と「標題の件」の違い

「表題の件」とよく似た言葉に「標題の件」という言葉があります。基本的にこのふたつの言葉に大きな違いはなく、どちらもメールで使う場合は、件名を指す言葉として使われています。

ただし、なかには複数のメールを送る際に、主題を「表題の件」、副題を「標題の件」と使い分ける人もいます。つまり、その複数のメール全ての題材が「表題」で、各メールの題材が「標題」といった使いわけです。

しかし、基本的にこのふたつは同じ意味合いで使うことが多いため、なかにはそのような使い方をする人もいる、ということを頭に入れておく程度でよいでしょう。

絶対に使わなければいけない言葉ではない

「表題の件」や「標題の件」という言葉は、単に題名やタイトルをそのような言葉に置き換えただけの言葉ですので、極端に言えば「それ」や「あれ」などと変わりません。

そのため、「表題の件」や「標題の件」という言葉を使わずに、その内容をそのまま表記してもよいということです。前述でも触れましたが、なかには表題をいちいち確認するのが煩わしいと感じる人がいるのも事実です。

そのため、メールの件名が長く、メールの内容が増長してしまう場合は「表題の件」と表現し、それ以外の場合は伝えたい内容をそのまま書くようにする、というのもよいでしょう。

まとめ

「表題の件」という言葉は、必ずしも使わなければいけないという言葉ではありませんが、「表題の件」という言葉を使うことで、文章が読みやすくなるということもあります。

ビジネスのうえで相手にメールを送る場合、内容がきちんと伝わることが一番重要なことです。そのうえで、読みやすさというのはきちんと内容を伝えるうえで大切なことになってきますので、読む側の立場になって「表題の件」等の言葉を活用するとよいでしょう。