モデレータ―の意味と役割とは?ファシリテーターとの違いも解説

会議などの司会者のことを「モデレーター」と呼びますが、モデレーターには他にも意味があることをご存知でしょうか。

今回は「モデレーター」の意味や語源、使い方などを例文と併せて解説します。またモデレーターに似た言葉「ファシリテーター」や「コーディネーター」との違いや英語表現も説明します。

「モデレーター」の意味と役割

「モデレーター」の意味は「調停者」

「モデレーター」とは、「仲介人」や「調停者」の意味です。当事者の間に第三者として入り仲立ちをします。

中立な立場が求められ、モデレーターが何らかの意図をもたないことが原則です。

「モデレーター」の役割は「進行役」や「司会者」

討論会や座談会などでは進行役を務めるのが「モデレーター」です。進行役または司会者とも呼ばれます。

モデレーターの役目は、座談会などの開幕から終わりの辞までを取り仕切ります。話題を提議したり、出席者の中から発言者を指名することもあれば、出席者に質問をするなどして、話題に沿った進行をします。

「モデレーター」のことを「モデレータ」と表記する場合もあります。

「モデレーター」の語源は英語の「moderator」

「モデレーター」は英語の「moderator」が語源です。意味は、「仲介者」や「司会者」、「議長」、「原子炉の減速体」などの意味があり、ほぼ語源通りの意味が「モデレーター」でも使われています。

「モデレーター」の使い方と例文

「モデレータ―をする」は「進行をする」という意味

モデレータ―として討論会などの進行役をするという時には、「モデレーターをする」という言い方をします。他にも「モデレータ―をやる」や「モデレーター役をする」などの言い回しもあります。

「モデレータ―」を使った例文

  • 「今日のモデレーターをすることになった○○です。よろしくお願いします」
  • 「モデレーター役を務めさせていただきます」
  • 「○○君は専門知識が足りないし、モデレーターをするのは難しいんじゃないのかな」

「モデレーター」の類語とその意味

「ファシリテーター」とは「司会」「進行」の意味

討論会や集会などの進行、司会のことです。テーマに沿って議論を進めていくことになりますが、中立の立場を守りながら、公平に発言者が発言できるように進行します。そのため個人的な意見を言うことはなく、また決定権も持っていません。しかしながら、参加者の意見を聞き、会議の終わりには意見を取りまとめるのがファシリテーターの仕事です。

司会・進行役という意味では、「モデレーター」と「ファシリテーター」に違いはありません。

「コーディネーター」とは「物事を調整する人」の意味

「コーディネーター」とは会議などの進行役という意味があり「モデレーター」と同じ意味で使われることがある一方で、物事が順調に進むように調整したりまとめたりする人という意味もあります。

衣類に関しては、洋服や装身具の組み合わせあを考える「ファッションコーディネーター」という意味もあります。

「モデレーター」の様々な分野での意味と役割

ネットサービスでの「モデレーター」は「進行役」の意味

チャットやメーリングリスト、コミュニティ型のウェブサイトやネットサービスで進行役をする人を「モデレーター」または「モデレータ」と言います。

ネットサービスにおけるモデレーターは進行役だけでなく、参加者の発言をチェックして、その発言が話題またはそのサービスに合わないと判断して削除したり、ときには参加者を追放するような強い権限を持つ場合もあります。

インスペクションでは「モデレーター」の役割は進行と統括

公式なソフトウェアのレビュー手法であるインスペクションでは、モデレーターは進行役になります。

ただしインスペクションでのモデレーターの仕事は耐えにわたり、オーナーからインスペクションが依頼されると、レビューを行うインスペクターの選出から、対象となるソフトウェアの開発者や設計者などインスペクション参加者のスケジュール調整、議題の提出などインスペクションに関わる全てのことを統括します。

また、インスペクションで出されたレビューをオーナーへ報告し、そのレビューが採用されてソフトウェアの修正や改善が行われれば、その修正・改善の調査と記録までが業務内容になります。

原子炉の減速材としての「モデレーター」の意味と役割

原子炉内で使われる「モデレーター」とは、核分裂により放出される高速中性子のスピードを落とすために用いられる者のことを指し、「減速材」とも呼ばれます。

高速中性子は速度が早く、燃料に吸収されにくいという特徴があります。そこでモデレーターを用い、高速中性子のスピードを落として熱中性子にすることで燃料に吸収されやすくなります。

モデレーターとして使われるものは、水や黒鉛です。水にも軽水や重水があるのですが、最もすぐれたモデレーターとされているのが重水です。重水は、モデレーターとしての働きが優れているだけではなく、中性子を重水が吸収しにくいという性質があるからです。

「モデレーター」の英語表現

英語で「モデレーター」は「moderator」

「モデレーター」は英語では「moderator」のように書きます。会議などの進行役を務めるという時には「work as moderator」のようなフレーズがよく使われます。

例文:
“He works as a moderator in this meeting.”
「彼が今回の会議のモデレーターです」

moderator(モデレーター)には「仲裁者」の意味もある

「moderator」の意味は「モデレーター」と同じく調停者や討論会などの進行役、原子炉の減速材という意味がありますが、さらに「仲裁人」という意味もあります。

「仲裁人」とは争われている当事者の間に入り、当事者が同意に取り付けるように仲介する人のことで「mediator」とも呼ばれます。

例文:
“He is an official moderator.”「彼は公的仲裁者です」

まとめ

「モデレーター」とは「調停者」や「司会者」という意味以外にも「原子炉における減速材」という意味もあります。ビジネスでは「調停者」や会議などの「司会者」という意味が使われることが多い言葉ですので、状況によって使い分けましょう。