「鼻が高い」の意味と語源は?使い方の例文や類語・英語表現も解説

「鼻が高い」は、他人に自慢できるようなことを表現するときに使うことわざです。日本人の中では、「鼻が高い人」など美人やモテる男性の特徴を挙げるときにこの言葉が使われることもあります。今回はことわざの方の「鼻が高い」について、意味や語源、使い方の例文や類語まで詳しく解説していきます。最後に英語表現も紹介します。



「鼻が高い」の意味とは?

「鼻が高い」の意味は「誇らしい」「得意げなさま」

「鼻が高い」は「はながたかい」と読み、「誇らしい」や「得意げなさま」という意味をもちます。先ほども触れたように、「鼻が高い」は顔立ちの説明として使われることもあります。そのため、どちらの意味で使っているかは会話や文章の流れで判断しましょう。

「鼻が高い」は基本的に褒め言葉

「鼻が高い」は、何か素晴らしい結果を出した相手などを誇らしく思うときに使う言葉なので、基本的に褒め言葉として使います。ただ“鼻が高い”と思っている人を良く思わない人が、「さぞ、ご両親も鼻が高いでしょうね」など嫉妬や嫌みの意味を込めて使う場合もあります。「鼻が高い」は、使うシチュエーションや使い方で伝わり方がガラッと変わります。

語源は「上を向いた鼻筋」と「天狗」

「鼻が高い」の語源には2つの説があります。

1つ目は、得意げになって自惚れているときにしがちな「顔を上に向けてふんぞり返るような態度」が関係しています。顔を上に向けると鼻筋も上に向きます。この“鼻を高くして威張っているような様子”が、「誇らしい」などという意味に転じたと言われています。

2つ目は、日本の有名な妖怪「天狗」が関係していると言われています。天狗はもともと仏教の道を歩んでいた山伏や僧侶でした。しかし、何かにつけ物知りであることを自慢したり、自信過剰で人間に教えたがるお節介な性質が度を超え、仏教界から魔界に堕ち妖怪になってしまったそうです。そんな慢心な性質を持つ天狗の鼻が高いことから、「得意げなさま」という意味として使われるようになったとされています。

「鼻が高い」の使い方と例文は?

誇らしく思っていることを表現するときに使う

「鼻が高い」は、「私の彼女はモデルのように美人で鼻が高い」など誇らしいと思っていることを表現するときに使います。基本的に“その通りだ”と物事を肯定するようなシチュエーションで使われますが、鼻が高いと思っている人に嫉妬心を抱いている場合は、先ほど説明したように“嫌み”のニュアンスで用いられることもあります。

「鼻高々」はより強い印象を与える

誇らしいと思っていることをより強く表現したい場合は、「鼻高々(はなたかだか)」という言葉を使うといいでしょう。「高々」と鼻が高いことを繰り返すことで、「とても誇らしいと思っている」ことを使えることができます。

  • 「我が子がオリンピックに出場するなんて鼻高々だ」
  • 「全国1位の成績を取れて、僕は鼻高々だ」

「鼻が高い」の例文

  • 「仲間の研究結果が評価されて鼻が高い」
  • 「彼女が美女コンテストで優勝して鼻が高い」
  • 「ハンサムな父を褒められることは、娘の私としては鼻が高い」
  • 「我が子が人前で堂々と話している姿は、鼻が高くなった」
  • 「息子さんが有名大学に合格するなんて、親御さんとしても鼻が高いでしょう」

「鼻が高い」の類語は?

類語は「鼻にかける」「小鼻をうごめかす」

「鼻が高い」の類語には、同じ“鼻”を用いた「鼻にかける」と「小鼻をうごめかす」の2つを紹介します。

「鼻にかける」は、「自慢する」「得意がる」という意味をもつ言葉です。「自慢顔をする」といった意味合いもあるため、「鼻が高い」のような褒め言葉としてよりも否定的に使われることが多いです。

「小鼻をうごめかす」は、「得意そうな表情をする」という意味をもつ言葉です。「鼻が高い」の“誇らしく思っているという感情”よりも、“誇らしく思っている表情”を強く表している言葉です。

「天狗になる」は似た言葉だが印象が悪い

「得意になる」という意味をもつ「天狗になる」も似た意味をもつ言葉です。しかしこちらの場合、「うぬぼれる」や「いい気になって自慢する」といった意味もあるため、「鼻が高い」のように良い意味で使われることはほとんどありません。「あの人は天狗なっている」など否定的なニュアンスの強い類語です。

「鼻が高い」の英語表現は?

英語表現は「be proud of」

「鼻が高い」を英語にする場合は、“誇らしい”や“自慢する”という意味をもつ「proud」を使って「be proud of」と表現します。”of“の後には、誇らしく思っている人や対象物を入れて使います。

「be proud of(鼻が高い)」の例文

  • “I’m proud of her honesty.”

→「正直者の彼女なので鼻が高い」

  • “I’m proud of your success.”

→「私は君が成功して鼻が高い」

  • “Her parents must be proud of her.”

→「彼女のご両親もさぞ鼻が高いだろう」

まとめ

「鼻が高い」は「誇らしい」や「得意なさま」を表現することわざで、日常的に使われている言葉でもあります。容姿を説明する「鼻が高い」とは用法が違うので混同して使わないように。また基本的に褒め言葉や肯定的な意味合いで使いますが、鼻が高い人をよく思わない立場から否定的に使われることもあります。間違った解釈をしないよう、どちらの意味も頭に入れておきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パーティーコーディネーターとして勤務後、10カ国以上で様々な文化を体験。帰国してからはライターに転職し、ライフスタイルからビジネスまで幅広く執筆しています。趣味は1人旅。好きな国はニュージーランドです。