「むせび泣く」の意味と使い方とは?類語・すすり泣くや英語表現も

日常生活において、深い悲しみや喜びに満ちた嬉しい出来事に遭遇した経験があると思います。またそのような感情をおさえ切れずに、思わず「むせび泣き」をしてしまったこともあるのではないでしょうか。ここでは「むせび泣く」の意味と使い方、例文や類語を紹介していきます。

「むせび泣く」の意味とは

「むせび泣く」の意味は「声を殺して泣くこと」

「むせび泣く」の意味は、「息を詰まらせて激しく泣くこと」となります。

「むせび泣く」は悲しみに声を詰まらせて激しく泣くといった表現以外に、喜びに息を詰まらせて泣くような状態でも用いられる言葉でもあります。

「むせび泣く」は漢字で「咽び泣く」

「むせぶ」とは漢字で「咽ぶ」と書き、食べ物や煙などで息が詰まり咳が出る、という意味で使用されることが多い言葉です。

また感情表現として、深い悲しみに胸がつかえるという場合や、うれしさのあまり咳が出る程に涙を流す場合にも使用されています。

「泣く」という言葉は悲しみや喜びに涙を流す意味で使用されますが、つらい思いや経験などの気持ちを表す意味にも使用される言葉です。

「むせび泣く」の使い方と例文

「むせび泣く」はこみ上げる感情を表現

「むせび泣く」は声を殺して泣くという意味ですが、感情がこみあげ激しく泣いている場合に使用されます。

言葉にならないような深い悲しみを受けた時や、あまりのうれしさに思わず涙がこみあげてきますが、声を出して激しく泣くのではなく必死に声を殺して泣く表現です。

けっして大声をあげて激しく泣くこととは意味が全く違ってきますので、使い方を間違わないように注意しましょう。例文を挙げてみました。

「むせび泣く」を使った例文

・襖の向こうで母がむせび泣いていた
・彼女は悔しさに肩をふるわせてむせび泣いた
・彼はこみあげる思いにむせび泣いた

「むせび泣く」の類語とは

「むせび泣く」の類語は「すすり泣く」「嗚咽」

「むせび泣く」の類語には「すすり泣く」「嗚咽」などがあります。

「すすり泣く」とは深い悲しみに声を殺して泣くという意味で、「鼻をすするように泣く」という意味で使われる言葉です。

「嗚咽」とは「おえつ」と読み、同じように「感情がこみあげ声を殺して泣く」という意味に使用されます。「おえつ」から「おえっ」となる状態と間違って解釈されがちですが、「声を詰まらせて泣く」表現に使用されることが適切ですので、間違った使い方をしないように注意しましょう。

「むせび泣く」の類語「嗚咽」はネット用語としても使われる

「嗚咽」は「声を詰まらせて泣く」意味になりますが、ネットの2chには別の意味が存在します。

2chでの「嗚咽」の意味は「二号さん」のことを言い、男性が奥さん以外の好きな女性を表現する場合に使用されている言葉です。

「声を殺して泣く」という意味の「嗚咽」とは全く共通した意味が無いように感じられますが、「嗚咽するくらいにその女性が好きである」という例えから来ている説が有力と言われています。

「むせび泣く」と混同しやすい言葉とは

「むせび泣く」の関連語は「しのび泣く」

「むせび泣く」の関連語は「しのび泣く」になります。どちらも「声を殺して泣く」という意味に使用されますが、ニュアンスは少し異なります。

「むせび泣く」は「声を詰まらせながら激しく泣く」という感情表現になるのに対して、「しのび泣く」は「声を殺してひそかに泣く」という感情を表す言葉です。

人に知られないように声を殺してひそかに泣く表現には、「しのび泣く」を使用した方がよいでしょう。

「むせび泣く」と「慟哭」の違い

「むせび泣く」の関連語に「慟哭」という言葉もあります。

「むせび泣く」も「慟哭」も「激しく泣く」という意味に使用されますが、「むせび泣く」は「声を詰まらせながら泣く」に対して「慟哭」は「声をあげて泣く」場合に使用される言葉です。

また「むせび泣く」は悲しさだけを表現する言葉ではなく、うれしさのあまり声を詰まらせて泣く場合でも使用される言葉ですが、「慟哭」は悲しみのあまりに大声をあげて泣く場合にのみ使用されるという点に違いがあります。

「むせび泣く」の英語表現とは

「むせび泣く」は英語で「sob」

「むせび泣く」の英語での一般的な表現は「sob」になります。

英語例文を挙げると、be shaken by sobs(肩を震わせてむせび泣く)や、I suppress a voice and sob(声を殺してむせび泣く)などの表現になるでしょう。

まとめ

「むせび泣く」は声を詰まらせて激しく泣く場合の表現に用いられる言葉です。「むせぶ」には涙や飲食物などで喉に詰まらせる、煙を吸って咳き込むなどの意味があります。

「むせび泣く」には悲しみにこらえきれない感情を表現する場合と、うれしさのあまり嗚咽する表現にも使用される言葉です。私達は日常生活において涙を流すことがあると思いますが、うれしさのあまり「むせび泣き」したいものですね。