「お願いできますでしょうか」は間違い?正しい敬語の使い方

「お願いできますでしょうか」はビジネスの現場などでは頻繁に耳にする言葉ですが、厳密には日本語として間違った表現です。今回はこの「お願いできますでしょうか」について、何が間違っているのか、また、どうすれば正しい使い方になるのかを重点的に解説していきます。



「お願いできますでしょうか」は文法的には間違った表現

二重敬語になる

「お願いできますでしょうか」は多くの方にとって自然な日本語に聞こえるでしょうが、実は、「お願いできます」の「ます」と「でしょうか」の「です」という二つの丁寧語が混じった言葉であり、二重敬語と呼ばれる重複表現です。したがって、文法上は厳密には誤った表現ということになります。

最近は使用が認められることも多い

このように厳密には誤りとなる「お願いできますでしょうか」ですが、実社会ではかなり多くの人に使用されているため、最近ではその使用が容認される傾向にあります。敬語の使い方を解説しているインターネットのサイトでも「お願いできますでしょうか」の使用を推奨しているところもあり、人前で使ったとしても大きな恥をかくことはあまりないでしょう。

「お願いできますでしょうか」を正しく表現するには?

たしかに「お願いできますでしょうか」は使用可能な表現ではありますが、文法的にも正しい正規の表現についても知っておく必要があります。そこで、ここでは「お願いできますでしょうか」正しい言い換え表現について解説いたします。

同僚や部下に使う場合

同僚や部下など目上の人以外に用いる場合は、シンプルに「お願いできますか」と表現することができます。また、さらにシンプルに表現したい場合は、「お願いします」とすることもできますが、これは命令口調にも聞こえるため注意が必要です。より丁寧に表現するには謙譲語の「いたします」を用いて「お願いいたします」とすることもできます。

上司など目上の人に使う場合

目上の人に対して「お願いできますか」を使うとややぞんざいな感じになります。そのような場合には、より丁寧に、「お願いできればと思います」「お願いできればと存じます」「お願いしてもよろしいでしょうか」などと表現することをお勧めします。

ビジネスメールなどの書き言葉で使う場合

ビジネスメールやビジネス文書などの書き言葉では「お願い申しあげます」と表現することもできます。「お願い申しあげます」は大変丁寧な表現なので上司や取引先の相手など、目上に人に対しても用いることができます。

「お願いできますでしょうか」の意義

ビジネスの現場では、家族や友人同士のコミュニケーションと違い、さまざまな立場の人と接する機会があります。中には、上司や取引先の上役など自分よりもはるかに上の立場の人に何かをお願いしなければならない場面もあるでしょう。そのようなときにぞんざいな頼み方をしていたのでは、相手の機嫌を損ねたり、自分の評価を下げるたりするばかりではなく、会社の信用まで失墜してしまう恐れもあります。

こうした事態を避けるためにも、相手にお願いをする時には常に敬意や礼儀を払う必要があり、そのための手段として「お願いできますでしょうか」などの畏まった表現があるのです。「お願いできますでしょうか」を用いる場合は、言葉の持つ意味や使い方だけでなく、なぜこうした表現が必要なのかという意義や背景も併せて考えてみるとよいでしょう。

「お願いできますでしょうか」の例文と英語表現

ここでは「お願いできますでしょうか」を使った状況別の例文や英語表現をいくつかご紹介いたします。

電話での使用例

  • 恐れ入りますが、折り返しのお電話をお願いできますでしょうか。
  • ○○課の△△様へのお取次ぎをお願いできますでしょうか。
  • 先日送付した資料について、内容のご確認をお願いできますでしょうか。

メールでの使用例

  • 本メールを読まれましたらご返信をお願いできますでしょうか。
  • 内容をご確認のうえ、来週までに企画書を作成していただけるようお願いできますでしょうか。
  • 御多忙の中、大変恐縮ですが、資料を送っていただくようお願いできますでしょうか。

英語表現

「~をお願いできますでしょうか」を英語で表現する場合は、Could you~?やWould you~?を用いれば良いでしょう。CouldやWouldのように助動詞の過去形を用いることで、Can you~?やWill you~?よりも丁寧な表現になり、「お願いできますでしょうか」のニュアンスが伝わります。また、さらに丁寧に表現したい場合は語尾にpleaseを加える方法もあるので、併せて覚えておきましょう。

以下にいくつか例文をご紹介します。

  • Would you check this data ?(このデータの確認をお願いできますでしょうか。)
  • Could you help me with this work ?(この仕事について協力をお願いできますでしょうか。)
  • Could you make the estimate, please ?(見積もりをお願いできますでしょうか。)

まとめ

「お願いできますでしょうか」は厳密な文法上は誤った表現ですが、実際には大変良く使われるものです。よほどのフォーマルな場面を除けば使用しても差障りはないので、ビジネスの現場などでも適宜お使いいただいても良いでしょう。