「機会損失」の意味や具体例とは?「機会費用」など類語との違いも

「機会損失」とは「儲け損ない」とも言われ、最大の利益を得る決定をしなかったために得られなかった損失のことです。経済用語としてよく使われる言葉なので、今回は、「機会損失」の意味を具体例と併せて紹介します。また「機会費用」などの類語や英語表現も解説します。



「機会損失」の意味とは?

「機会損失」とは「儲け損なった利益」のこと

「機会損失」とは、ある取引きにおいて、もっとも儲けの出る選択をしなかったために、得ることのできなかった利益、つまり「儲けそこなった利益」のことを指します。「機会」とは利益の得られる機会を意味し、それを失ったという意味で「損失」という言葉が連結して「機会損失」という言葉が成り立ちました。

「機会損失」の意味を、取引によって出た損失のように間違って理解がされていることがありますので注意しましょう。

「機会損失」の具体例とは?

販売側の事情により受けた損失

予定していた販売数が、販売側の都合により販売数が減ってしまったといった状況が「機会損失」です。本来儲けられるはずの利益が出なかった分を損失とみなしています。「チャンスロス」や「儲け損ない」とも言われます。

売り切れや在庫切れ

在庫がなかったために売ることができなかったという状況も「機会損失」です。「売り切れ」は在庫分を売り切った状態、また「在庫切れ」とは商品が、商品の在庫がない状態のことです。売ることができる機会がありながら、在庫がなくなったために商品を売ることができず、得られるはずの利益が出ずに損失になったことから、売り切れや在庫切れは機会損失の一例といえます。

すぐに契約を結ばなかったために顧客を逃がした

契約をすぐに結べばよかったものの、諸事情でクライアントを待たせたためにクライアントを逃してしまったといった状況も機会損失の一例です。

クレジットカード決済ができない

支払い方法には現金や電子マネーなどさまざまな手段がありますが、支払い時にクレジットカード決済ができずに顧客を逃がしてしまったという事例があります。クレジットカード決済ができなかったため商品を売ることができずに損失が出れば、これも機会喪失の一例です。

「機会損失」の類語とその意味

「機会費用」とは「ほかの選択肢を選べば得られた利益」のこと

「機会費用」とは、他の選択肢を選べば得られたはずの利益という意味なのに対して、「機会損失」は選択肢を間違えたたため、得られるはずの利益を得られなかった分を損失とみなします。

「機会費用」と「機会損失」の両方とも状況は同じでも視点が違います。それぞれ別の概念を持つ言葉ですので、区別しておきましょう。

「逸失利益」とは「不法行為により得られなくなった利益」のこと

「逸失利益」(いっしつりえき)とは、不法行為や事故などの偶発的な理由によって、将来得られるはずだった利益や収入のことです。

「機会損失」は選択を誤ったために得られなかった損益のことを指すのに対して、「逸失利益」とは損益ではなく利益のことを指し、またそれは不法行為などの理由があって将来得られなくなった利益のことを意味します。

「機会原価」は選択しなかった代価案で得られた最大利益

「機会原価」とは代価案を選んだために、他の選ばなかった代価案なら得られたはずの利益のうち最大のものを指します。

例えば、A案で得られる利益が5万円で、B案の場合3万円、C案の場合は2万円だったとします。もしもA案を選べば、この場合の機会原価は残りのB案とC案のうち利益の多い3万円です。B案を選んだ場合は、残りのA案とC案を比べて利益の高い5万円が機会原価になります。

「機会損失」による損害賠償の可能性は?

機会損失により損害賠償の訴訟を起こすことはできる

機会損失で損害を受けたため、損害賠償の訴訟を起こすことはできますが、訴訟に勝つためには損益を実証できるかどうかがカギとなります。

損益分を実証できて契約が不履行となった場合には、当事者同時の交渉が行われます。交渉が決裂すれば、訴訟裁判になります。一方、損益分を実証できない場合には損害賠償の請求は難しいのが現状です。

 「機会損失」の英語表現

「機会損失」は英語で「opportunity cost」

「機会損失」は英語では「opportunity cost」と表現します。「opportunity」は「機会」の意味で、「cost」の意味は「価格」です。ビジネスプランニングにおいて活用されている言葉で、同義で「opportunity loss」も使われています。

例文:
“The amount of an opportunity cost is large.”
「機会損失が大きい」
“Our mission is to prevent an opportunity cost.”
「私たちのミッションは機会損失を防ぐこと」

まとめ

「機会損失」とは最大の利益を出る決定をしなかったために得られなかった損益のことです。経済用語として使われて、「機会費用」や「機会原価」など類語も多いので、それぞれの意味を整理しておきましょう。