「愉悦」の意味や使い方は?類語・対義語とあわせて英語も解説

喜びにあふれ、心が沸き立つことを表す言葉に「愉悦」があります。それぞれの漢字からも連想できるように「楽しい」ということに深く関係がある言葉ですが、正しい意味や使い方に戸惑いはありませんか?

今回は「愉悦」の意味と使い方をはじめ、類語や対義語、英語フレーズについてまとめています。例文を取り入れながら解説していきましょう。



「愉悦」の意味は?

「愉悦」の意味から見ていきます。

「愉悦」とは「心から喜び楽しむこと」

「愉悦」とはズバリ「心から喜び楽しむこと」です。「愉悦」は「何となく嬉しい気分がする」「楽しい気がする」というような微かな喜びを指すのではなく、本当に愉快に思って、心から満悦することを意味しています。

「愉悦」を構成する「愉」と「悦」のそれぞれ意味は、「愉」が「心が晴れ晴れとし楽しい気分になること」、「悦」は「心が満足すること」です。この二つの漢字が組み合わさって「心から嬉しく思い、気持ちが満たされること」、つまり「心から喜び楽しむこと」という意味となります。

「愉悦」は強い喜びを表す言葉

「愉悦」は「楽しみ」や「喜び」といった表現の域を超え、存分の満足感と湧き上がるような強い喜びを表す表現となります。ものごとや出来事に対し、心から喜びや感激で深く満ち足りることことそが「愉悦」なのです。

「愉悦」の使い方と例文

それでは、「愉悦」の意味を把握したところで、「愉悦」の使い方やよく使われる慣用表現、また「愉悦」の例文を挙げていきましょう。

「愉悦」は欲しいものを手に入れた時に使う

「愉悦」は自分が欲しいものを手に入れた時に使うことが多い言葉です。人によって自分が欲しいものや求めるものはことなりますが、たとえば、ものごとに対して成功を収めたり、勝利を獲得した時など、満足感で気持ちがいっぱになり、心から快楽を得る時などに使います。

日常にあるほんの些細なことでも、自分にとっては心底から喜べる瞬間があるでしょう。「愉悦」はどのような状況でも、自分が嬉しい体験をした時に心が満たされ、楽しく愉快な気持ちでいっぱいになる時に使うのがベストです。

愉悦を味わう

「愉悦を味わう」は基本的に「心から満悦していることを楽しむ」となります。「味わう」という表現を後ろにつけることで「じっくりと楽しむ」というニュアンスがプラスされるため、「自分が得た喜びをじっくり存分に時間をかけて楽しむ」というような意味で使われています。

  • チームを優勝に導くことができ、今季は愉悦を存分に味わうことができた。
  • 温泉旅行で愉悦を味わいながら、旧友と夜通しで語りった。

愉悦に浸る

「愉悦に浸る」は「心から満足し、嬉しい気持ちに入りきる」という意味です。「浸る」には「ある状態に入りきる」「何かの境地につかりきる」という意味があるため、「愉悦に浸る」で「満悦しているという境地に入りきる」というニュアンスで使われます。もっとも、「愉悦」という領域なら、誰しも出ていきたくはないと感じることでしょう。

  • 私は豪華フランス料理の愉悦に浸りながら、窓から望む夜景も楽しんだ。
  • 絵画展で見事に優勝し、トップの座に輝いたという愉悦にしばらく浸っていた。

「愉悦」の類語と対義語は?

「愉悦」と言い換えのできる言葉と「愉悦」と反対の意味を持つ言葉について紹介します。

「愉悦」の類語は「喜悦」や「雀躍」など

基本的に「愉悦」の類語は「嬉しさ」や「楽しさ」を表す言葉となります。しかし、幸福を強く感じ、心から満悦するという意味に絞れば、大きな喜びを指す「喜悦(きえつ)」や、飛び上がるように深く喜ぶことを指す「雀躍(じゃくやく)」などが最も意味の近い類語になります。

  • 愉悦と言わんばかりのご満悦ようだ。
  • 喜悦と言わんばかりのご満悦ようだ。
  • 雀躍と言わんばかりのご満悦ようだ。

上記の例文では、どの類語も文脈にフィットしますが、内容や事柄によっては類語が文脈に合わないこともあります。

「愉悦」の対義語は「懊悩」

「愉悦」の対義語は「懊悩(おうのう)」です。「懊悩」とは悩みもだえることを指し、間違っても心から喜び、歓喜に満ちることを表す言葉ではありません。

また、「惨痛(さんつう)」「悩乱(のうらん)」「責苦(せめく)」なども類語の仲間です。どれも、心の苦しみや痛みなどを抱える状態を指す言葉となりますが、中でも「責苦」は責めさいなまれる、酷い心の苦しみを指します。

「愉悦」を英語で表すと?

それでは「愉悦」の英語表現についてみていきます。

「愉悦」は英語で「joy」

「愉悦」の英語は純粋に「joy」を使いましょう。「joy」は「楽しこと」「嬉しいこと」「愉快なこと」を総称できる便利な表現です。また「愉悦」を表す語句でフランス語が語源の「volupte(ヴォルプティー)」がありますが、主に快楽や肉楽を表現する言葉となるため、使い方が狭くなります。

「愉悦」を使った英語例文

  • It’s amazing to feel a joy having great food.
    美味しいものを食べて、愉悦に浸るのも素晴らしい。
  • I have been staring at the winning trophy with such joy.
    愉悦を感じながら、優勝トロフィーを眺めた。

まとめ

「愉悦」とは「心から大きく喜ぶこと」「心が満足するくらい楽しむこと」を意味する言葉です。人生において「愉悦」を感じる瞬間は多くありますが、出来ることならずっと浸っていたい気持ちではないでしょうか?

「愉悦」は「愉悦を味わう」「愉悦に浸る」などの慣用表現で使われることもありますが、逆に「愉悦に浸っている場合じゃない」と、自分に気合を入れる時にも使うことができます。快楽や歓喜を表す時に使う「愉悦」。ぜひ、ご自身のボキャブラリーに追加してみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。