「刹那的」の意味は?生き方を表す言葉の使い方や類語・対義語も

「刹那的」は将来的な展望を見ずに、一時的な享楽を求めることを表す言葉です。よく「刹那的な生き方」と言ったりしますが、何となくはかなさや憂いを連想する人も多いのではないでしょうか?

今回は「刹那的」の言葉の意味と使い方、類語・対義語、英語表現についてまとめています。わかりやすい例文と併せて「刹那的」を解説していきましょう。

「刹那的」の意味は?

それでは「刹那的」の意味と語源から紹介します。

「刹那的」の意味は3つある

  1. 時間がとても短い様子
  2. 将来を考えず、瞬間だけを充実させて生きること
  3. 一時的な快楽を求めること

「刹那的」にはこれら3つの意味があります。

もともと「刹那」には「とても短い時間」「瞬間」「一瞬」など、時間的に極めて短いという意味があります。加えて、はかなく短い時間の中で、行く先々のことを顧みず、一瞬の享楽を求めて生きていくというニュアンスが強い言葉でもあるでしょう。

「刹那的」は一つの短い快楽が終われば、また次の快楽へと、時間的にも極端に短いスタンスで進むことを表す言葉となります。

「刹那的」は悪い意味?

「刹那的」には仏教の教訓で示されるように「一瞬一瞬、その時を大切にして生きていく」という良い意味が基本的にはあります。しかし、逆に言えば「目先にある享楽だけを求め、その一瞬だけを求めて生きていく」という意味にも解釈できます。

将来の夢や自分の未来に対して必死に努力することではなく、その瞬間だけの快楽を追及する方に重きを置いているため、言葉の捉え方によっては、あまり良い意味ではないとも言えるでしょう。

「刹那的」は、短い時間での自己欲求だけを求めるさまを表しますが、「快楽主義(エピキュリアン)」に通じる考え方として混同されてしまうこともあるようです。もっとも「快楽主義」のイメージは必ずし良いとは言い難く、生き様を象徴する言葉の一つとしては賛否両論と言えるでしょう。

「刹那的」の使い方と例文

続いて「刹那的」の使い方と例文をご紹介します。

「刹那的」は「悲しく寂しく生きること」ではない

「刹那的」という言葉が使われる状況は、世間一般的にもどことなく「悲しい」「寂しい」「はかない」といったものが多いようです。そのため「刹那的」を「虚しく生きること」という誤った使い方をする場合があります。

たしかに、「刹那的」に生きるということは、短い時間で得た享楽のあとに、空虚が胸を埋め尽くしてしまうかもしれません。

しかし、「刹那的」とは、将来を考えず一瞬一瞬の快楽や満足感を得るはかない生き方となります。結果的には「虚しい生き方」と感じる場合もあるかもしれませんが、「刹那的」が持つ本来の意味に沿った正しい使い方ではないと言えるでしょう。

「刹那的」を使った例文

  • 一週間しか生きることができないセミは、実に刹那的である。
  • 刹那的な考えでは、ゴールに達するための要素が足りなすぎる。
  • 彼女は昔から刹那的に生きる人だ。
  • 刹那的な人生を続けていては、婚期が遅れるばかりではないか?

「刹那的」の類語と対義語は?

「刹那的」の類語と対義語にはどのようなものがあるのでしょうか?

「刹那的」の類語は「瞬間的」「即物的」「快楽主義的」

「刹那的」と同じような意味を持つ言葉は、短い時間を表す「瞬間的」や「即物的」などがあります。時間的に極めて短いことを意味し、一瞬一瞬を表す言葉です。

また、瞬時の享楽を求める生き方に似た言葉には「快楽主義的」や「エピキュリアン」があります。代表的なエピキュリアンは美食家やブランド志向派などですが、瞬時の享楽というよりは、長期的な趣向や動向を軸にした言葉となります。

「刹那的」の対義語・反対語は「永劫的」「禁欲的」

一方「刹那的」の対義語は、時間的にとても長い年月のことである「永劫的(えいごうてき)」や、瞬間的に起こる欲を抑えることを意味する「禁欲的」が挙げられます。「永劫的」は「永遠に存在する状態」や「来世」を意味する仏教用語で、「禁欲的」も欲のない世界に身を置くことを意味しています。

「刹那的」を英語で表現すると?

最後に「刹那的」を英語でどのように表現するか紹介しましょう。

「刹那的」は「ephemeral」

「刹那的」や「刹那に」という意味の英語は「ephemeral(エフェメラル)」です。「つかの間の」「はかない」「一時の」という意味を持ち合わせ、加えて、動物や植物などが一日しか生きられない(短命の)という意味でも使われています。

  • Does love will last for eternity or is it just ephemeral?
    愛は永遠に続くものなのか、はたまた、刹那的なものなのか?

「刹那的に生きる」は「live for a moment」

「刹那的に生きる」は英語で「live for a moment」となります。この表現は、その場しのぎで短絡的に生きるというニュアンスが強くなるため、英語圏ではあまり良い意味では使われません。どちらかと言えば、物事の本質を深く考えず、適当な答えを見つけて結論付けてしまうような意味合いがあります。

「live for a moment」は直訳すると「その瞬間のために生きる」となりますが、一瞬の時を大切にして生きる、という意味とは全くかけ離れた表現となります。

しかし、病に伏した時など、一瞬一瞬を大切にしたいと心から願う場合は別です。このような場合は「瞬間を迎えることに感謝しながら生きている」というようなニュアンスに変化しますので、状況に合わせて使い方を確認するようにして下さい。

  • Who cares? I just live for a moment.
    誰が気にするかって?ただ刹那的に生きるだけさ。

まとめ

「刹那的」とは「時間的にとても短いこと」「将来を見据えず瞬間だけを充実させて生きること」「一時的な快楽を求めること」の3つの意味を持つ言葉です。最も多い使い方は「刹那的に生きる」で、一瞬だけを充実させ満足する生き方、という意味で使われています。

刹那的に生きることは決して悪いことではありません。しかし、「私は刹那的な生き方をするのが好き」と周囲に語れば、「将来のことを考えていない人」と不本意な解釈を受けてしまうことがあります。

言うまでもなく、人の生き方はそれぞれです。刹那的に生きることを美学とする人もいますので、言葉を使う時は相手や状況を確認してからにしましょう。