「楽観的」の意味とは?「楽天的」との使い分けや類語・対義語も

人の性格や考え方を表す言葉に「楽観的」があります。小さなことに気を取られず、明るい気持ちを表す言葉ですが、履歴書に記載する際に「楽観的」は長所になるのか、短所になるのか迷ってしまうことはありませんか?

今回は「楽観的」の意味と言葉の使い方をはじめ、類語、対義語として「悲観的」を解説します。ちなみに、英語ではカタカナ語でも知られる、あの言葉を使います。



「楽観的」の意味は?

最初に、「楽観的」の意味から見ていきましょう。

「楽観的」は「行き先を明るく考えるさま」

「楽観的」とは、ものごとの成り行きや行き先に対し明るく考え、くよくよとしないさまを表す言葉です。周囲や環境に流されることなく、気持ちを明るく持ち、心配をしないで「ものごとが上手くいく」と良い方向へ考えることを意味しています。

「楽観的」の「楽」は「快い」「苦しみがなくゆったりしている」「たやすいこと」を表し、「観」は「ものの見方や考え方」を表す言葉です。これら二つの言葉に性質を表す「的」が付いて「快く、苦しみがないゆったりとしたものの見方や考え方であること」、つまり「明るく心配なく考えるさま」という意味になります。

「楽観的」は長所?それとも短所?

「楽観的」は長所でしょうか?それとも短所なのでしょうか?おそらく「どちらにも当てはまる」というのが、妥当な答えと言えます。

たとえば、一般的に楽観的とは長所として挙げられますが、「楽観的」な要素を「ものごとを熟考しない」「危機感が足りない」などの短所として考えることもできるでしょう。

就職試験の履歴書欄に「長所と短所」を下記示す欄がありますが、自分が「楽観的」だという人は、長所に「気持ちが明かるく前向きである」、短所には「ものごとに対する危機感に欠ける」などと記すことも可能なのです。

「楽観的」の使い方と例文

続いて「楽観的」の使い方と例文について紹介します。

「楽観的」は態度・考え方・生き方などに対して使う

「楽観的」は「楽観的な態度」「楽観的な考え方」「楽観的な生き方」、また「楽観的な返事「楽観的な文章」」など、あらゆるシーンで、さまざまな名詞を形容する言葉として使われます。

「楽観的」と「楽天的」の使い分けに気を付ける

「楽観的」に似た言葉に「楽天的」という言葉がありますが、意味に対象の違いがあるため、使い分けが必要です。

「楽観的」は「ものごとが上手くいくと明るく考えるさま」という意味を持ちますが、「楽天的」は、どちらかというと「ものごとに動じない、のんきなさま」を表す言葉となります。

「楽天的」はすでに起きてしまっていることに対し、楽観視するというニュアンスが強く、「楽観的」はまだ起きていないことに対してむやみに心配せず、気にしないという意味で使われます。つまり「楽天的」は現在あるネガティブな状況にも左右されることなく、逆境を乗り越えていくようなイメージです。

「楽観的」を使った例文

  • 顧客からのクレームにへこんだが、楽観的な性格なのであまり気にしないことにした。
  • 楽観的な人生を送ったほうが、世の中が明るく見える。
  • 私の母は楽観的な考えの持ち主であるため、ものごとが全て上手くいくと思っている。
  • 上司に悩みを聞いてもらったが、何とも楽観的な返事が帰ってきた。

「楽観的」の類語と対義語は?

次に「楽観的」の言い換えとして使える類語と、反対の意味をもつ対義語についてみていきます。

「楽観的」の類語は「希望的」や「屈託のない」

「楽観的」の類語には、ものごとの成り行きや結果に対し前向きに希望をもつ「希望的」や、心配や悩みがなく生き生きとする「屈託のない」などがあります。また、広い意味では「陽気」や「のんき」なども類語の仲間に入るでしょう。

「屈託のない」は心配事がなくさっぱりとした様子、また「のんき」はペース的にゆったりとした周囲に流されない様子を表す時にピッタリの言葉です。

類語を使って言い換え例文を挙げてみます。

  • 楽観的な性格なので、誰からも好かれる。
  • 屈託のない性格なので、誰からも好かれる。
  • 陽気な性格なので、誰からも好かれる。

「楽観的」の対義語は「悲観的」

「楽観的」がものごとが上手くいくと明るく考えることなら、反対の意味で、ものごとの成り行きや先行きに対して不安を持ち、心配ばかりすることを「悲観的」と言います。悲観的な気持ちなると心や思考が暗くなり、悪い方向へと考える傾向が強まってくるのが特徴と言えるでしょう。

「悲観的にものを考える」「悲観的な人」などのように使われますが、必ずしも人を褒めるような表現ではないため、使う相手や状況には気を付けるようにして下さい。

「楽観的」の英語フレーズは?

最後に「楽観的」の英語フレーズについて解説します。

「楽観的」は英語で「optimistic」

「楽観的」は英語で「optimistic(オプティミスティック)」です。明るく心配のないスッキリとした性格や考え方を表す言葉で、カタカナ語としても、同じ意味ですでに使われている言葉でもあります。

「optimistic」は常に思考が前向きで悩みがないことを指すため、英語圏では褒め言葉の類となります。取引先や職場で楽観的な人がいたり、また楽観的な考えや思考を素晴らしい褒める時は、ぜひ「optimistic」を使って表現しましょう。

「楽観的」を使った英語例文

  • 前向きな態度が素晴らしい。君はとても楽観的なんだね。
    I like your positive attitude. You are very optimistic.
  • 困難にぶつかった時こそ、楽観的になるべきだ。
    Be optimistic when you are confronting the difficulties.

まとめ

「楽観的」は「ものごとの成り行きや先行きを心配せず、上手くいくと考えるさま」を意味し、形容動詞として「楽観的な人」や「楽観的な性格」などのように使われます。また、対義語はものごとをマイナス思考で捉え、暗く悲しい気持ちになるさまを指す「悲観的」となります。

世の中で成功を収めたある著名人が「楽観的」に生きることは成功すること、と豪語しています。それなら、仕事やプライベートで成功をするためにも、ぜひ「楽観的」になるべきなのではないでしょうか?今回はたくさんのメリットを秘める「楽観的」をご紹介しました。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。