「突貫」の3つの意味とは?使い方や類語・英語表現も解説

「突貫工事」や「突貫作業」などで使われる「突貫」という言葉。ビルや道路などで見かけることがありますが「突貫」とはどのような意味があるのでしょうか?

今回は複数の意味を持つ「突貫」について、意味と使い方を中心に、類語、英語表現についてまとめています。「吶喊(とっかん)」との関連性についても着目してみましょう。



「突貫」の3つの意味は?

まず最初に「突貫」が持つ3つの意味から解説します。

「突貫」は「突きとおすこと」や「貫き通すこと」

「突貫」の一つ目の意味は「突きとおすこと」や「貫き通すこと」です。ものを突きとおす、考えを貫き通す、また人が突き進むことなどを表します。

「突貫」は「一気に仕上げること」

「突貫」の二つ目の意味は「一気に仕上げること」です。全力を上げて作業や仕事に取組み、一気に短期で何とか終わらせることを意味します。多く使われる慣用句は「突貫工事」や「突貫作業」などです。

たとえば「突貫工事」や「突貫作業」は、十分な時間がないまま短時間でササっと仕上げるため、出来上がりが雑だったり、欠陥があったりすることが多いと言われています。そのため、「突貫だから仕方がない」というように、完ぺきではない出来栄えをからかうこともあるほどです。

「突貫」は「声を上げて敵地に攻め入ること=吶喊」

「突貫」の3つ目の意味は「声を上げて敵地に攻め入ること」です。「吶喊(とっかん)」と同じような意味を持ち、相手の陣地へ大声を出して突撃することを指します。つまり「突撃だ!行くぞ!」と猛烈に声を張り上げて気勢を示すことを言いますが、指揮官の号令と供に声が上がることから、「突貫」は開戦の合図ともなります。

「突貫」の使い方の特徴と例文

続いて「突貫」の使い方の特徴と例文について解説しましょう。

「突貫する」や「突貫して」という動詞的な使い方が多い

「突貫」は、言葉の意味や性質から、どちらかと言えば使用頻度が多いという言葉ではありません。しかし、「突貫」という単体で使うより、「突貫する」や「突貫して」という動詞的な使い方が多いのが特徴です。実際、時代劇や昔を語る小説に「突貫する」「突貫して」は多く登場します。

「突貫」を使った例文

<突き通すの意味>

  • 電車に乗り遅れそうだったので、人ごみの中を突貫した。
  • 町中を突貫しても良いが、なりふり構わず猛ダッシュをかけるのは周囲に迷惑だ。

<短期で仕上げるの意味>

  • 突貫工事では一夜で仕上げることを条件に承諾をした。
  • 塗装の仕上がりに満足ではないのは、突貫で雑に仕上げてしまったためだろう。

<声を上げて敵地に突撃するの意味>

  • 戦いの火蓋が突貫の掛け声と同時に切られた。
  • 敵軍に向かって勇ましく突貫する姿に、サムライの魂を見た。

「突貫」の類語と言い換えでの注意点

それでは「突貫」の類語と対義語を、3つの意味別に挙げてみましょう。

「突貫」の類語について

  • 突き通す・貫き通すの意:打ち抜く、貫通、ぶっ通す、ぶち抜く
  • 短期で仕上げるの意:一夜漬け、にわか仕込み、付け焼刃
  • 声を上げて突撃するの意:突進、襲撃、進撃

「突貫」の言い換えでの注意点

「突貫」を他の類語に言いかえる際に、最も気を付けたいのが「短期で仕上げるの意味」の時です。

「突貫」は「時間をかけず何とか完成させる」というニュアンスが強いため、「その場しのぎ」「間に合わせの」という意味も含む言葉となります。言い換えをする時は、突貫が持つ、ややネガティブな意味合いも考えながら適語を選ぶようにしましょう。

「突貫」の英語表現は?

最後に「突貫」の英語表現について見ていきましょう。

「突貫」の英熟語について

  • 突き通す・貫き通す:pierce, run through, go through, stick with
  • 短期で仕上げる:hasty cramming, last minute cramming, one night job
  • 声を上げて敵地に突撃する:charge at, make a swoop at, rush at

「突貫」をつかった英語例文

  • He run through event venue and head towards the way out.
    彼はイベント会場を突貫し、出口へと向かった。
  • It would be trouble, if there is so much defect after one night plumbing job.
    突貫で配管工事をしても、欠陥だらけじゃ困るよ。
  • We roared to intimidate to the opponent.
    相手側に威嚇するように突貫した。

まとめ

今回は「突貫」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?「突貫」には「突き通す・貫き通す」「短期で何とか仕上げる」「声を張り上げて敵側に突撃する」という3つの意味があります。

文章や会話の中で「突貫」が登場したら、3つある意味のどれにあたるのかを慎重に文脈から判断することが大切です。「突貫」は日常的な言葉ではありませんが、社会人になったら意味や使い方を押さえておきたい言葉の一つです。ぜひ、この機会に「突貫」への理解を深めましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。