「否めない」の意味は?使い方の例文と敬語表現を解説!類語も紹介

「否めない」とは「否定することができない」の意味を持つ、ビジネスにおいて使うこともある言葉です。「否めない」と聞くと「好き嫌いは否めない」と言う歌詞をまず思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。今回は「否めない」の意味を解説し、使い方の例文と敬語での表現について紹介。類語と英語表現もお伝えします。



「否めない」の意味とは?

否めないとは「否定することができない」の意味

「否めない」という言葉は、2つの意味を持っています。1つは「否定することができない」の意味。もう1つの意味は、「断れない」です。

「否めない」と言う言葉は、「否める」(いなめる・否メル)に、「ない」が組み合わさった言葉です。「否める」は、「否定する」「断る」を意味する「否む」に、可能を表す「る」「れる」がついた可能動詞。「否めない」は、「否める」(いなめる)の未然形に打ち消しの「ない」がついた言葉となります。

「否めない」の読み方は「いなめない」

「否めない」の読み方は、「いなめない」です。「否める」の元となる「否む」と言う言葉は「いなむ」の他に「いやむ」と読む場合もあります。「いやむ」と読む場合は、「憎む」「嫌う」などの意味となります。

また、送り仮名を「め」から「ま」に変えた「否まない」(いなまない)という言葉は、一般的には使われていないため、「否めない」を使うのがよいでしょう。

「否めない」の使い方

「否めない」は使い方でニュアンスが異なる

「否めない」は、「否定することができない」の意味を持つ言葉。しかし、前後の文脈により、「なぜ否定できないのか」のニュアンスが異なると言えます。

例えば「この作品は稚拙であることは否めない」と言う文章は、「作品が稚拙であることを否定できない」の意味となります。これは直接的に「稚拙である」と言うのを避け、やんわりと「稚拙である」ことを伝える表現となります。

一方、「かもしれない」と言った、「否定しきれない」「否定すると言い切れず」ニュアンスを持つ場合もあります。例えば、「その可能性は否めない」と言う言葉は、「その可能性がないとは言い切れない」の意味となり、つまり「可能性があるかもしれない」ことを指しています。

「否めない」はビジネスの場や歌詞などに使われている

「否めない」という言葉は、日常的な会話の中で使われるよりは、ビジネスの場面において使うことが多い言葉と言えます。会議における発言や、口頭での報告を始め、報告書の記載にも使われる言葉です。また、「○○は否めない」など歌詞の中で使われている場合も見受けられることがあります。

「否めない」は断言したくないときに便利

「否めない」は遠回しな表現であるため、はっきりと言い切ることができず、曖昧さを残しておきたい場合には、便利な言葉です。また、断言するのが失礼となる相手や憚られる相手に対して「否めない」を使うことで、円満にコミュニケーションをとることもできます。

「否めない」は敬語としても使える

「否めない」という言葉は、丁寧語では「否めません」となります。しかし、「否めません」と言い切るのではなく、「否めないと考えます」「否めないと思われます」と使う方が、より丁寧な柔らかい印象の表現となるでしょう。

「否めない」の例文・短文

「否めない」を使った例文と短文

  • 大学生時代どれほど優秀であったとしても、実務経験が足りず、まだまだ使えるレベルではないことは否めない。
  • 例えどんな理由があったとしても、彼が規則を破って情報を持ち出したことは否めない事実だ。
  • 違和感を覚える表現ではあるが、文法的に正しい可能性は否めないので正解とします。
  • 再三にわたる依頼を否めず、今回嫌々ながら受諾することとなった。
  • このご時世では、急な打ち切りとなる可能性も否めない。

「○○感が否めない」を使った例文と短文

  • 個人的にはこの決定には違和感が否めないが、意義を唱えている暇もないしその気力もない。
  • 彼が卑屈になる気持ちはわからないでもない。親や兄弟のみならず親戚までもが一流大学卒のエリートばかりの中では、劣等感が否めないだろう。
  • 昨日彼が謝ってきたが、今更感が否めない。

「否めない」の類語

「無いとも言えない」の意味は「無いとは言い切れない」

「無いとも言えない」は、「無いとは言い切れない」を意味する言葉です。あるとも言えず「無いことを否定しきれない」の意味から、「否めない」の類語となります。例えば、「可能性は否めない」と「可能性は無いとも言えない」は、どちらも同じ意味合いを持ちます。

「あるやもしれない」は「あるかもしれない」の意味

「あるやもしれない」は「あるかもしれない」を意味する言葉です。可能性の程度は「否めない」と大きく違いはありませんが、「否めない」が否定の言葉であるのに対して、「あるやもしれない」は「肯定」の言葉となる点が異なります。

「否めない」の英語表現

「否めない」の英語は「cannot deny」

「否定できない」の英語訳は、役すると、「cannot deny」となります。「deny」とは「否定する」「拒む」の意味を持つ動詞で、「否む」と同じ意味を持つ言葉となります。

「undeniable」も「否めない」の意味

「undeniable」は、「否めない」の意味で使うことのできる英語表現です。「deniable」は「deny」に「可能」を意味する「able」をつけた言葉。「deniable」に、更に打ち消しの「un」がついたのが「undeniable」となります。「undeniable」は、「undeniable ○○」「○○be undeniable」などと使います。

まとめ

「否めない」は、「否定できない」と「断れない」の2つの意味を持つ言葉です。「否定は仕切れないが、肯定まではできない」と言った場合に使うことができる、曖昧さを持った表現です。

ABOUTこの記事をかいた人

miiryon

SE・WEB制作を経て、メーカーのオウンドサイトのウェブマスターとフリーライターを兼業中。料理もアクセサリーも自分自身の「手」でつくりだすことに喜びを感じます。チョコレートとコーヒーが欠かせない食いしん坊。