「前兆」の意味と使い方とは?予兆との違いや類語・対義語も解説

「前兆」は”何かが訪れる前触れ”のようなニュアンスで使われることが多い言葉ですが、今回の記事では、正しく言葉を使うために、「前兆」の意味や語源、使い方をはじめ、類語・対義語も解説します。また、「予兆」の違いについても紹介するので、言葉の意味を比較しながら使い方を確認してみましょう。

「前兆」の意味と使い方の例文

「前兆」の意味は「何かが起こる前触れのこと」

「前兆」とは、「何かが起こる前触れのこと」です。未来に起こりうるものごとや状況に対し「そのようになる」「あるものが現れる」という「兆し」が見えることを意味します。

「兆」は古代の占いで「亀の甲を焼いてできた裂け目のこと」

「前兆」の意味を把握する上で、ポイントとなるのが「兆」の文字です。もともと「兆」は古代の占いで使われていた象形文字で、「亀の甲を焼いたときに入る裂け目」を表しています。「兆」は同じ形が左右対称に収まっていますが、これが「甲の裂け目」を表現しているのです。

古代の占いでは、甲の割れた形によって未来を占うということで、転じて「物事が起こる兆し」「何かが現れる記し」という意味を持つようになりました。これは「前兆」の語源とも考えられます。

「前兆」を使った例文

  • 新商品に対する問い合わせが殺到したが、これは好売上を記録する前兆か?
  • 彼が会社を辞めるという前兆はあった。会社を休みがちになったことだ。
  • 二人が結婚するという前兆は、複数のデート目撃者がいたことである程度見えていた。

「前兆」と「予兆」の違いとは

「前兆」に似た言葉「予兆」は「自然現象」に対して使われる

「前兆」と似た言葉に「予兆」があります。双方とも似たような意味を持ちますが、日常的に使う限りでは、どちらも同じニュアンスで使われていることが多いでしょう。

しかし、あえて違いを見るなら、「予兆」は未来の事象、とくに天体や天候、動物や植物において「自然現象」に対して使うことが多いことが挙げられます。以下で例文をみてみましょう。

「予兆」を使った例文

  • 雲行きが怪しくなった。嵐の予兆である。
  • 我が家の愛犬タローは、妊娠の予兆が2か月前からあった。

このように、自然現象を要因とする文章では、「予兆」を使ったほうが文章的には綺麗にまとまります(「前兆」を使っても間違いではありません)。

「前兆」の類語・対義語表現とは

「前兆」の類語は「兆候」「気配」「合図」など多数

「前兆」の類語は文脈や内容によって、さまざまな言葉に言い換えることができます。

最もフレキシブルに置き換えができるのが「前兆」の意味合いに最も近い「兆候」「気配」「合図」「サイン」などです。その他、「兆し」「予兆」「表徴」「前触れ」また、「表れ」や「先触れ」なども類語として解釈できるでしょう。

また、文章に抑揚や違ったエッセンスを加えるなら「お告げ」を使ってもよいかもしれません。以下で言い換えの例を挙げてみましょう。

「前兆」の類語を使った例文

  • 足が痛いのは、筋肉痛の前兆である。
  • 足が痛いのは、筋肉痛の予兆である。
  • 足が痛いので、筋肉痛になる気配がする。
  • 足が痛いのは、筋肉痛になるというお告げかもしれない。

「前兆」の対義語は「突然」

「前兆」の対義語は「突然」です。何かの前触れや兆しがなく、予告や通知なしにものごとや事態が起こること、または表れることを意味しています。

例文
  • 突然、事態は急変した。
  • 転勤命令は、突然のことだった。

「突然」は何の予告も連絡もなく、突如として舞い降りた状況を表現しています。このことからも「前兆」とは真逆の状態を意味していることが理解できるでしょう。

「前兆」の英語表現とは

「前兆」は英語で「omen」「symptom」

「前兆」は英語で「omen(発音はオウメン)」です。日本でも「前兆」を意味するカタカナ語として「オーメン」がありますが、「オーメン」は日本独特の和製英語ではなく、英語の「前兆」そのものです。

加えて、状況によっては「兆候」という意味の「symptom」を使うこともできます。通常「symptom」は動向や変化など目に見えることに対して使うことが多い単語です。こちらも併せて覚えておきましょう。

また、英語でも「omen」の対義語は「suddenly(突然)」という認識があります。

「前兆」を使った英語の例文

  • When my boss suddenly being quiet, it is omen before he gets angry.
    部長が起こる前兆は、黙りこくることだ。
  • My heart beat gone crazy. It maybe symptom before falling in love with someone.
    心臓がバクバクするのは、恋に落ちる前兆かもしれない。

まとめ

「前兆」は「何かが起こる前触れのこと」や「未来に対してものごとが現れる兆し」などの意味を持ちます。似たような言葉に「予兆」がありますが、天候や動物などの自然現象に対して使われることが多いため、「前兆」との使い分けを意識することが大切です。

また、「前兆」は類語の数も多く、中でも「オーメン」も日本でカタカナ語として同じ意味で使われ始めています。ぜひ、この機会に意味や使い方をマスターして、表現の幅を広げていきましょう。