「過日」の意味や期間とは?「先日」との違いや類語・対義語も解説

「過日」という言葉を聞いたことがあるという人や、普段から使っているという人は意外と少ないかと思います。文字のまま意味を取ると「過ぎた日」と読みますが、過去を表す言葉には「先日」「先般」「昨日」などもあり、使い分けが難しく感じられるでしょう。この記事では「過日」の意味を解説し、使い方や類語・対義語も紹介します。

「過日」の意味とは?

「過日」の意味は「過ぎた日」

「過日(かじつ)」という言葉には、「過ぎた日」という意味があります。一般的な使い方としては、あくまで「過ぎ去った日」のことを指す言葉になっており、ニュアンス的には「昨日」や「一昨日」などの、つい最近のことを指す言葉としてはあまり使われません。

ちなみに、同じように「過ぎた日」という意味を持つ言葉には「先日」もありますが、「先日」は「過日」の中に含まれる「過去」を指す言葉という関係です。「過日」と類語の意味の違いについては、詳しく後述します。

「過日」が指す期間は広く、過去のことであれば上限はない

「過日」が「過去」のことを指す言葉だというのはわかりました。それでは、実際にはどのくらいの期間のことを指すのでしょうか。実際には「過日」がどのくらいの期間のことを指しているという明確な期間はありません。

ある程度過去のことであれば、「過日」という言葉が指す期間はかなり広いと言えます。過去のことであれば、その期間に上限はないと言っても過言ではありません。

「過日」の使い方とは?

「過日は~~」とメールや手紙・年賀状の挨拶で使う

ビジネスシーンのなかで「過日」という言葉を会話のなかで使うことはあまりありません。どちらかというとメールや手紙などの文面で使われることが多い言葉になっています。

例えば「過日は、誠にお忙しい中ご対応いただきありがとうございました。」のように、メールや手紙でお礼やお詫びの言葉を伝える際に、使用されることが多くなっています。

また、最近会っていない人に年賀状を出す際の挨拶に「過日は大変お世話になりました。」などと使うこともできます。

「過日」を使った例文

「過日」を使った例文には以下のようなものがあります。

  • 過日は、わざわざお越しいただきありがとうございました。
  • 過日よりご連絡しておりました件に関してですが~
  • 過日の人事異動により、~支店に着任することになりました。
  • 過日は、貴重なご意見を拝借することができ、とても参考になりました。

基本的には上記のように過去のことを指していれば、さまざまな状況で使用することができる便利な言葉になっています。

「過日」の類語

「先日」は「近い過去の日」「この間」

「過日」と同じように「過去」のことを指す「先日」という言葉。「先日」という言葉には、「近い過去の日」や「このあいだ」などの意味があります。

そのため、明確な期間は決まっていませんが、「昨日」や「一昨日」、または「一週間前」「一ヶ月前」程度の過去の日を指す場合は「先日」、それよりも過去の日を指す場合は「過日」という使い分けをするのが一般的です。

「先般」はかしこまった表現で「近い過去の出来事」

そのほかにもビジネスシーンのなかでよく耳にする言葉に「先般」という言葉があります。「先般」という言葉にも、「先日」と同じように「近い過去の日」や「このあいだ」などの意味があります。

「先般」と「先日」の違いは、単純に説明すると「先般」はかしこまった表現の仕方、「先日」はくだけた表現の仕方だと言えます。また、「先日」は主に「過去の日時」のことを指し、「先般」は主に「過去の出来事」のことを指しているという違いもあります。

「昔日」「過去」「以前」「かつて」も類語

「過日」には「過ぎた日」などの意味がありますので、「昔日」や「過去」、「以前」、「かつて」なども類語になります。このように「過日」という言葉には、日常生活でよく使う言葉に言い換えることができ、意味もほとんど同じ言葉が多いため、わざわざ過日という言葉を使わないとも言えるでしょう。

「過日」の対義語

「過日」の対義語は「今・現在」「未来・後日」

「過去」のことを指す「過日」の対義語は、大きく2つに分かれます。ひとつは「現在」のことを指す「今」や「現在」「ついさっき」です。さらには「未来」のことを指す、「未来」や「後日」「以後」なども対義語になります。

「過日」と「後日」の違いは「過去と未来」

対義語の中でも、「過日」と「後日」は意味を混同しやすいでしょう。いずれも語感が似ており、文字だけで見ると「後のこと」を指していると認識してしまうかもしれませんが、意味は異なります。例文で比べてみましょう。

  • 「過日は大変お世話になりました」 ※過去の話
  • 「後日にまたお会いしましょう」 ※未来の話

時間軸で比較すると「過日=過去」、「後日=未来」と別物ですので、間違って使わないようにご注意ください。

「過日」の英語表現とは?

英語では「some days ago」「the other day」

「過日」という言葉を英語で表現すると、「some days ago(何日か前に)」や「the other day(ほかの日)」といった言葉を使って表現することになります。

まとめ

「過日」という言葉は、「過去」のことを表現する言葉のなかでも、一週間前や一ヶ月前などだけでなく、何十年も前のことでも表現できる、大変幅ひろい意味をもつ言葉になっています。

そのため、その意味をきちんと理解し上手に使うことができれば、大変便利な言葉のひとつになりますので、ぜひビジネスシーンのなかで活用してみてはいかがでしょうか。