「貴殿」の意味や使い方は?類語との使い分けも徹底解説

ビジネスシーンで二人称を使う時に困ったことはありませんか?相手の名前を忘れてしまったり、または相手が特定されていない場合など、普段の会話であれば「あなた」と言えばいいですが、ビジネスシーンでは失礼になってしまうことも。そんな時に使えるのが「貴殿」という言葉です。ここでは「貴殿」の使い方について徹底解説していきます。

「貴殿」の意味は?


「貴殿」は目上、または同等の男性に対する二人称の代名詞、つまり「あなた」を丁寧に言い換えた言葉です。もともとは目上の相手への敬称として使われていましたが、最近では親愛の気持ちを込めて友人や同僚に対して使われることもあります。

「貴殿」の使い方


「貴殿」の基本的な使い方のルールは次の2点です。

目上の相手に対して

「貴殿」は目上、または同等の相手に対して使う言葉です。部下や後輩など自分よりも下の立場の相手には使いません。

正式なメールや文書で

「貴殿 」は書き言葉であり、話し言葉として通常の会話の中で使うことはめったにありません。また、普段のメールで使われることもほとんどないでしょう。手紙の前文、または結びの挨拶や正式な文書の中で用いられるのが一般的です。以下に例を示します。

貴殿におかれましては、益々ご清栄のことと、お喜び申し上げます
この度正式に貴殿を採用することが決定しましたのでご連絡いたします

女性や複数の相手にはどう使う?


相手が女性や複数名の場合にも「貴殿」は使えるのでしょうか?

女性には「貴女」

「「貴殿」の意味は?」でもご説明したとおり、本来「貴殿」は男性に対して使われる言葉です。近年では男女を平等に扱うことが求められるため、例えば女性に対しても「殿」と使用することもあり、「貴殿」を使うのもあながち間違いではないと言えます。とはいえ本来の意味を考えれば「貴殿」ではなく「貴女」とするのが適切でしょう。

複数の相手には「皆々様」

相手が複数の場合は「貴殿」ではなく「皆々様」や「各位」などを用います。稀に「貴殿ら」という使い方を目にすることがありますが、「ら」という言葉に失礼なニュアンスを感じる方もいるためこの使い方は避けた方がいいでしょう。

「貴殿」の対義語・反対語


「貴殿」は敬意をもって相手を呼ぶときの言葉ですが、反対に自分のことをへりくだって呼ぶ場合の言葉にはどのようなものがあるでしょうか。

「拙者」「小生」「小職」で自分をへりくだって表現

自分をへりくだって表現する言葉には「拙者」「小生」「小職」などがあります。「拙者」はお侍さんのような雰囲気があり、最近ではめったに使われることはありません。また「小職」は自分の役職を指す言葉なので、基本的には管理職であったり、または国家公務員などお役人さんが使う表現です。「小生」は自分をへりくだっていう表現であるものの、実は自分と同等か目下の人に対して使う言葉であり、目上の相手に使うと失礼になってしまいます。さらに「小生」は男子が用いる言葉であり、女性は使うことができません。

ここでご紹介した言葉はどれも主に年配の方が用いる表現であり、若い方が使うと「ムリをしている」「背伸びをしている」「生意気」といった印象を持たれる可能性もあります。ビジネスシーンでの一人称は、「私(わたくし)」を用いるのが適切でしょう。

「貴殿」の類語と使い分け


「貴殿」のように相手を丁寧に呼ぶ言葉はたくさんあります。それぞれに意味やニュアンスが異なるため、相手に応じて適切に使い分けましょう。

より敬意が高まる「貴台」

「貴台」は「貴殿」よりもさらに敬意を高めた言葉です。また「貴殿」が基本的には男性に使う言葉なのに対し、「貴台」は男女どちらでも使うことができます。

会社に対しては「貴社」

相手が個人ではなく会社の場合は「貴社」を用います。なお、話し言葉で「貴社」というと「記者」や「帰社」など別の言葉と間違われる可能性があるため、話し言葉では「御社」を用います。

親しい同僚や先輩には「貴兄」

「貴兄」はより身近な先輩や同僚に対して使う言葉です。目上の相手に対して使わないよう注意しましょう。

同僚や目下の相手には「貴公」

「貴公」は自分と同等、または目下の相手を、親しみを持って呼ぶ言葉です。「貴」が付いているからと言って目上の相手に使わないよう注意しましょう。

「貴方」は失礼になるので注意

「貴」が付いているので敬意を込めた言葉と勘違いしがちですが、これは「あなた」と呼びます。ビジネスメールで使うのには相応しくないので注意しましょう。

まとめ

「貴殿」の使い方について、ここまで解説してきたことをまとめます。

1. 貴殿は目上の相手に対して使う言葉
2. 貴殿は正式なメールや文書などで使う言葉
3. 相手が女性や複数の場合には別の言葉に言い換える
4. 類語と区別して使い分ける

立派なビジネスマンとして、ぜひ「貴殿」の使い方をマスターしてください。