「僻み」の意味と「妬み」との違い!僻みやすい人の心理も分析

「僻み」という字を見てどうやって読むのと思われた方も少なくないでしょう。「ひがみ」と読みます。

私たちの周りにときどき僻みっぽい人がいませんか。今回は「僻み」の意味をはじめとして、「僻み」の類語や英語表現を紹介します。また、僻みやすい人とはどういう人のなのか、その心理を分析します。

「僻み」の意味と読み方

「僻み」は「ひがみ」と読みます。その意味は、素直にはなれなくて、ひねくれて物事を受け取って考えたりすること、またはその気持ちのことです。

僻みの類語表現

「僻み」の類語は「妬み」「卑屈さ」「偏屈さ」

相手の長所を素直に受け入れられないという意味から、僻みの類義語には、「妬み」「卑屈さ」「偏屈さ」が挙げられます。もう少し説明的な表現を使うのなら、「曲がった根性」や「捻じ曲がった根性」なども挙げられます。

「僻み」と「妬み」の違い

「僻み」と「妬み(ねたみ)」のどちらも他人の幸福や長所を受け入れられずに、その人を憎んだり怒ったりする感情を意味しています。しかし二つの語には違いもあります。

「妬み」は他人のほうが優れているから悔しいという気持ちですが、「僻み」は妬む気持ちがさらに発展して自分が不当に扱われていると思い、すねたりして素直にはなれなくなった心理状態です。

ちなみに「ねたみ」を「妬み」と書くことがありますが、「妬み」が相手へ向けられる悔しい感情に対して、「嫉み」はそうした感情が自分に向けられるときに使われます。

僻みの英語表現

「僻み」を英語では、jealousyが挙げられるでしょう。日本語でも使われるjealousyには、英語でも人や人の成功などに嫉妬する意味です。

僻みを使った英文例

  • I have a jealousy for his looking.
    彼の見た目に嫉妬する。
  • He showed great jealousy of his co-woker’s success.
    彼は同僚の成功に僻んだ。
  • Sie regards her friend with jealousy.
    彼女は嫉妬心を込めて友人を見た

 

僻みっぽい人の心理とは?

「あの人って、僻みっぽいよね」などと使われる「僻み」ですが、僻みっぽい人とは具体的にはどんな人のことを指すのでしょうか。その特徴は、自信がなさの裏返しが「僻み」として現れているようです。

自尊心が低い

自分は他人よりも劣っている、レベルが低いなどと自分に自信が持てない感情を常に抱えている自尊心の低い人は、僻みっぽい人の特徴です。他人と自分を比べて、自己評価を下げると同時に、相手をうらやましく思うあまり悔しさなどのネガティブな感情が表に出てしまうのです。

つまり自己評価が低いために、僻みっぽい人にさせています。

他人の成果を受け入れられない

自分と比較して他人が優秀だと知ると受け入れられずに、怒りや憎しみに変わってしまう人です。

こうした性格の持ち主は、他人を褒めることも難しいはずです。自分よりも他人が優秀だと知れば相手をけなす気持ちのほうが生まれてくるので、相手を褒めることがうまくできません。

また、そうした人は他人が褒められるのも見るのも嫌なものです。相手が自分よりもできると思った瞬間に嫉妬心が高まり、相手を受け入れることはもちろんのこと、その人が誰かに褒められているのを見ていてもイライラしてきます。

他人の悪口を言う

嫉妬心が強いと特定の人物をけなしたくなって、悪口を言ってしまうのは当然の行動なのかもしれません。寡黙に自分の他人への嫉妬心をおさえられるなら、僻みっぽい傾向はまだ強くありません。しかし悪口のような相手に悪態をつくようになれば、その人の僻みがちな性格の持ち主です。

またその悪口も本人のいないところで言うのであれば、僻んでいる証です。相手がいなければ自分の独壇場になれて、相手に攻撃されることなく悪口を言えて自尊心も保たれるので優越感に浸れます。

現実離れした欲求

本来の自分の姿を直視することができずに、ああなりたい、こうしたいなど理想ばかりを言って、実際の行動が伴わない人も僻みっぽい人と言えるでしょう。常に何かをほしいという欲求ががかりで、それに見合う行動を起こさないので欲求が満たされないまま見えを張っています。

このような人は他人と自分を比べたがり、相手の長所は受け入れられないので、負け惜しむ気持ちが僻みとなって現れます。

計算高く見える行動

僻みっぽい人の特徴には、計算高いことも上げられます。

僻みっぽい人というのは、他人と比べて自分の評価が高いことを 望む傾向があります。そのため自分だけが得をしたいという気持ちがあるので、相手の都合に合わせていい子になったり弱気になったりと調子を合わせて、自分が他人から好まれるように振舞います。こうした行動は端から見ると、計算高く見えます。

僻みっぽい人に性別は関係ある?

男性よりも女性のほうが僻みっぽいと思われることもあるかもしれませんが、その理由は、自尊心が低く、自分と他人を比較してしまうように見える女性が多いからでしょうか。

ですが、必ずしも女性だから僻みっぽいわけではありません。他人と自分を比べて不満を漏らす女性もいることは確かですが、一方、男性にも僻みっぽい人はいて、男性の場合は、特に仕事の話になると僻みやすくなる傾向もあるようです。

僻みっぽいのに性別は関係ありません。あくまでもその人のタイプ次第です。

僻みやすい性格を治す方法

僻みっぽい自分を受け入れる

僻みっぽくなる人は、自分への自信のなさが現われています。そこで、そういう人はいっそのこと、僻みっぽい自分を受け入れてしまいましょう。そうすれば無意識のうちに他人と比較してしまう性格や、他人と比べて自己評価を落としている自分も、そういう自分だからと諦められます。

自分を受け入れられれば、他人のことばかりを意識していたことに気付くはずです。意識を他人に向けるのではなくて、自分へ向けるべきだったということがわかれば、他人への嫉妬心や僻みっぽい気持ちがおさえられます。

自分の長所を見つける

自分に意識を向けることができたのなら、次に自分の長所を見つけてみましょう。短所ではなくて長所に意識を向けることで自己評価が上がります。

他人は他人と思えること

自分と他人が違うのは当たり前のことで、それぞれに長所があり短所があります。それぞれの長所を生かし、同時に短所を補う合うことで友情やチームワークが生まれ、私たちの社会も成り立っています。他人との距離を取るように心がけましょう。

まとめ

「僻み」は人の幸せや成功を喜んであげられないネガティブな感情です。その原因は自分自身の自信のなさの裏返しだと言えるでしょう。

もし自分が誰かを僻んでいることに気づいたら、自分が弱っている証拠です。そんな時はリフレッシュして、自信が取り戻せるように自分自身をいたわってあげてください。