「陰ながら」の意味とは?目上へ人の使い方や類語表現も解説

「陰ながら応援しています」「陰ながら見守っています」というように、「陰ながら」という言葉を使うことがあります。しかし漢字表記をする時に「陰ながら」なのか、「影ながら」なのか迷ってしまうことはありませんか?

ここでは「陰ながら」の意味と使い方を例文と一緒に解説し、類語・対義語、英語表現についても説明します。



「陰ながら」とは?

「陰ながら」の意味は「ひそかに」「よそながら」

「陰ながら」は「ひそかに」や「よそながら」、また「人知れず」という意味を持ちます。つまり「人目に触れず、隠れてこっそりと」という意味です。

そもそも「陰、」とは「光の当たらない部分」「隠れたところ」「人知れず目立たないこと」を意味し、また「ながら」は「そのままで」という意味があります。そして「陰ながら」で「隠れたところで、そのまま~する」という意味となります。

「陰ながら」は、人目につき表立った行動はできないが、同じように相手をひっそりと支える時などに使われます。

「影ながら」は基本的に間違い

「陰ながら」なのか、「影ながら」なのか、迷う人も多いでしょう。どちらも同じ「かげ」なので、どちらでも間違いではないと思いがちですが、正しい表記は「陰ながら」となります。

そもそも「影」は「モノが光を遮断してできる黒い場所」のことを指します。実際的に「影」は光が差さない部分でありながら、目に見える範囲を示しており、「影を落とす」「影待ち」「影も形もない」などのように使われます。「陰ながら」は「目に見えない場所で隠れて」という意味を持ちますので、光によってものの後にできる、目に見える「影」を使うのは、やはり言葉の意に反していると言えます。

このように「陰ながら」が正しい表記で、「影ながら」は基本的には間違いとなりますので、文章の漢字変換では気を付けるようにしましょう。

「陰ながら」の使い方と注意点

目上の人には「陰ながら応援させていただきます」

目上の人に対して、相手の活躍や貢献を祈る時には、「陰ながら応援させていただきます」または「陰ながらご活躍をお祈りしております」を使うのがベストです。目上の人に最大限の丁寧語を用い、敬意を表すことを忘れないようにしましょう。

知り合いや目上の人以外には「陰ながら応援しています」

距離の近い友達や家族以外で、会社の同僚やちょっとした知り合いなどには、「陰ながら応援しています(応援しております)」「陰ながら検討を祈っています(祈っております)」などの表現を使いましょう。

ごく普通の知り合いに対しては、失礼にならない程度の一般的な丁寧語を使う方が自然です。目上の人に使うべき「陰ながら応援させていただきます」という表現ほど堅苦しくもありません。表立って応援する立場や状況ではないけれど、見えないところで応援しています、という気持ちを「陰ながら応援しています」「陰ながら検討を祈っています」という言葉で伝えてみましょう。

「陰ながら」は身近な人や家族に使うとぎこちなくなる

「陰ながら」を使った表現は、身近な人や家族の間で使うと、ぎこちない雰囲気になることがあります。距離の近い関係でありながら「あえて距離をおいている?」という誤った印象を与えてしまうため、適切な使い方ではないと言えます。身近な人や家族には純粋に「応援しているよ」「検討を祈るよ」とストレートに思いをぶつけてみましょう。

総じて、正しく「陰ながら」を使うためにも、「陰ながら」を使う時は、距離が近い存在なのか、相手との関係性を確認することが大切です。

「陰ながら」の類語と対義語

「陰ながら」の類語は「そっと」「ひっそり」「うちうちで」

「陰ながら」の類語は「そっと」「ひっそり」「うちうちで」などがあります。目立たない様子を表し、こっそりと隠れていることを示す言葉が類語にあたります。

「そっと」や「ひっそり」は「こっそりと静かに」というニュアンスが強いですが、一方で「うちうちに」はごく限られた仲間内で「隠れて、誰にも知られずに」といったニュアンスが台頭する表現です。言い換えの例を意味と一緒にみてみましょう。

  • 陰ながら応援しています。
  • そっと応援しています。(意味:静かに応援しています)
  • ひっそりと応援しています。(意味:目立たいように応援しています)
  • うちうちで応援しています。(意味:外に出ませんが、仲間内で応援しています)

「陰ながら」の対義語は「表立って」「目立って」「際立って」

「陰ながら」と反対の意味を持つ言葉、対義語には「表立って」「目立って」「際立って」などがあります。「陰ながら」が「人知れず」「こっそり」「隠れて」という意味があるため、その逆で人目に触れる意味を持つ言葉が対義語となります。

「陰ながら」を英語で表現するには?

「陰ながら」は英語で表現できない?

「陰ながら」は日本独特の言い回しです。そのため、自分の行動や意見、気持などをオープンに表現する英語圏ではなかなか直訳が難しい表現となります。

また、むやみに、「隠れて」という意味で「secretly」「in privacy」「cryptically」などの単語を使ってしまうと「表に出ることはできないけど、こっそりと隠れて…」という独特の美しいニュアンスが消えてしまいます。むしろ、これらの単語は「陰ながら」というフレーズに限っては使わないほうが無難です。

「陰ながら」を使った英語例文

「陰ながら応援しています」「陰ながら検討を祈ります」「陰ながら祈りを捧げます」などを英語で表現する時は、やや意訳となりますが「I am always on your side」「I am always thinking about you no matter what」が良いです。

また、相手を思い全力で「応援している」という様子を表すなら「You can do it!」「Go for it」「Cross my fingers for you」などのフレーズを使いましょう。

まとめ

「陰ながら」は「こっそりと、ひそかに、人目に触れず」という意味があります。また「影ながら」と表記するのは基本的に間違いとなりますので語句を返還する時は気をつけましょう。

「陰ながら」は目上の人に使う分には問題ありませんが「陰ながら応援させていただきます」「陰ながら検討をお祈り申し上げます」のように、尊敬の念が伝わるような文章で気持ちを伝えることが大切です。身近な人や家族に使ってしまうと、「距離を置こうとしている」と勘違いをされてしまうことがあります。

「陰ながら」は、言葉を放つ相手との距離感を確認し、目上の人や知り合いなどに丁寧な表現を用いて使うようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。