「制作」と「製作」意味の違いとは?具体例とともに使い方も解説

「制作」と「製作」は類語ですが、使い分けの基準があります。とはいえ、意味の違いを深く考えずに、なんとなく使っている人も多いのではないでしょうか?この記事では、制作と製作のそれぞれの意味と使い方の違いについて、具体例とともに解説します。英語表現も紹介します。

あわせて、似ている言葉「作成」と「作製」についても、「制作」と「製作」との関係とからめて解説しています。



「制作」と「製作」それぞれの意味とは?

「制作」とは「絵画などの芸術作品を作りあげること」

「制作」とは、絵画や彫刻などの芸術作品を個人が作りあげたり、映画やアニメ、放送番組などを複数人で共同して作りあげることを言います。「創作」することが「制作」だと言えます。

「制」には複数の意味がありますが、「制作」における「制」には、「つくりあげる」という意味があります。

絵画制作、アニメ制作、番組制作、動画制作、制作プロダクション、卒業制作などに制作の字が使われます。

「製作」とは「実用的な物を作ること」「道具を使って物や設備を作ること」

「製作」とは、道具や機械などを使って、実用的な物や設備を大規模に作ることを言います。医療機器、工作機器、地図、本などが製作されたものです。

製品を作るための道具や機械を作る会社は「〇〇製作所」という社名をつけたりします。原料を加工して製品を作る仕事は「製造業」と呼ばれ、「〇〇製造所」となります。

また、幼稚園で子どもの遊びを「製作あそび」と呼ぶのは、芸術作品をつくるのではなく、道具を使って物をつくるという意味から「製作」が使われます。

「制作」と「製作」の使い分けの具体例とは?

「絵画などの芸術作品を作りあげること」が「制作」で、「実用的なものを大量に作ること」「道具を使って物や設備を作ること」が「製作」であることを説明しました。両者の違いについて、よりわかりやすくするために、具体例を挙げて両者の使い分け方を紹介します。

「制作」の具体例は「ホームページ」や「チラシ」

「制作」の字は、芸術作品の他にもクリエイティブな創作物についても使われます。例えばホームページやチラシ、ロゴなどです。

また、チラシなどの紙媒体は、あとで説明する「作成」が使われることもあります。

「製作」する物の具体例は「本」や「服」

製作された物は「製品」と呼ばれます。製品の具体例を挙げてみましょう。例えば、本を作ることを「製本」と言いますが、同様に「製図」「製氷」「縫製」などの言葉があります。これらは、道具を使って大量に作られる物です。

「製作」の字をあてることができるかどうかは、「製」の字がつく物かどうかを思い浮かべてみるとわかりやすいでしょう。

なお、「製鉄」「製菓」「製麺」など、原料を加工して作られるものは「製造」の字があてられます。

同じ対象に「制作」「製作」どちらも使われることがある

アニメの作画は「アニメ制作」、商品としてのアニメをつくるのは「アニメ製作」

「製作」には「クリエイティブな制作」の意味が含まれることもあるため、例えばアニメについてはアニメ制作、アニメ製作と状況に応じてどちらも使われます。

具体的には、アニメを作画することがアニメ制作で、商品としてのアニメ作品を作るのがアニメ製作です。テレビや映画についても同様です。

なお、アニメ製作委員会とは、アニメをつくるために必要な資金を出資した企業や個人の集まりのことを言います。

「ハンドメイド」や「衣服」は「制作」、商品化されると「製品」

手作りの小物などを作る「ハンドメイド」もアニメと同じ考え方です。ハンドメイドの物を作ることは「制作」ですが、それが商品化されると「ハンドメイド製品」となります。

同様に、衣服などを作ることは「衣服の制作」と書きますが、大量生産する工場での過程は「縫製」と「製」の字が使われます。

「制作」と「製作」の英語表現

「制作」は英語で「produce」

「制作」の英語表現は「produce」です。創作するという意味では「create」を使います。例えば、「映画を制作する」は「produce a movie.」、「芸術品を制作する」は「create a work of art.」です。

「製作」は英語で「manufacture」

「製作」は英語で「manufacture」と言い、機械を使って大規模(大量)に製造するという意味があります。「医療機器を製作する」は「manufacture medical instruments.」と表現します。「金型を制作する」は「manufacture metal molds.」です。

なお、「produce」は「制作」とともに「生産」の意味もあるため、「manufacture」が使われるような場面でも「produce」が用いられることがあります。

「作成」「作製」との使い分け方

「作成」とは「書類や文章などをつくること」

報告書を作成する、と言うように、作成とは「書類や文章などをつくること」という意味です。例えば、指針の作成、法案の作成などです。

書類や文章ではないため、絵画を作成する、アニメを作成する、などとは使いません。前述した「チラシ」は、文章でもあることから、チラシを制作する、チラシを作成する、のどちらも使われます。

「作製」は「製作」とほぼ同じ意味

物や道具など、実用的なものをつくることを「作製」と呼びます。「製作」とほぼ同じ意味で使われます。
ただし、「製作」の方が「作製」よりも大規模に作るというニュアンスが入ります。例えば「標本を作製する職人」、「標本を製作する会社」などの使い分け方です。

まとめ

芸術作品などの創造的な作品をつくることを「制作」、実用的な物や、道具を使って大規模に物をつくることを「製作」と書きます。

アニメについては、作画などの作業部分は「制作」、商業的な商品をつくりあげる作業については「製作」を使います。

書類や文章をつくることは「作成」です。そして物や道具をつくることは「作製」とも言い、「製作」とほぼ同じ意味として使われます。

なお、「製作」された物は「製品」になりますが、原料を加工して作る物については「製造」の字が使われます。

記事の中で具体例を挙げてそれぞれの使い方を紹介していますので、商品や物を思い浮かべながら、使い分け方について整理してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

趣味は読書とヨーロッパ旅行です。ドイツには5年余り滞在経験があります。某大学の人間科学部とデザイン学部を卒業。人生が豊かになる知識の探索を人生の糧にしています。