「ご確認のほど」の意味とは?敬語での使い方やメールの例文を紹介

「ご確認のほど」(ご確認の程)とは、ビジネスシーンにおいて理解しておくべき言葉のひとつ。「ご確認のほどよろしくお願いいたします」などメールで使われることが一般的です。今回は「ご確認のほど」の意味を解説し、上司への使い方やメールの例文を紹介します。また、言い換えの言葉と英語での表現もお伝えします。



「ご確認のほど」(ご確認の程)の意味とは?

「ご確認のほど」は「確認」を意味する間接的な表現

「ご確認のほど」(ご確認の程)とは、「確認」を意味する敬語表現で使う言葉です。丁寧語である「ご確認」をやんわりと表現する言葉で、相手とのコミュニケーションを円滑にするために使います。

「ご確認」は、「確認」の丁寧表現で、尊敬を意味する接頭語の「ご」がついています。「ほど」とは、間接的にやんわりした表現とするために「○○のほど」と使う言葉です。

「ほど」の言葉は「物事の程度」「距離」など複数の意味を持ちますが、「○○のほど」においては、「○○の状態であること」を間接的に表す意味合いとして使います。なお、「○○のほど」を漢字で「○○の程」と書く場合もあります。

「ご確認のほど」の使い方とメールでの例文

「ご確認のほど」と言う言葉は、「ご確認のほど」だけでなく、「お願いします」や「お願いいたします」などの言葉を合わせて使うことが一般的です。また、会話よりはメールや文章において使うことが多い言葉です。確認を依頼する場合・確認を促す場合など場合別の使い方と、メールの例文をご紹介します。

確認を依頼する場合の使い方と例文

相手に対して確認を依頼する場合は、「ご確認のほどお願いします」「ご確認のほどお願いいたします」を使います。「ご確認」ではなく「ご確認のほど」を使うことで、「ご確認お願いします」や「ご確認ください」に比べ、相手方が受ける印象を和らげることができます。

  • 作業が完了しました。ご確認のほどお願いします
  • 別途資料を郵送いたしましたので、届きましたらご覧ください。ご確認のほどよろしくお願いいたします
  • 構成案をお送りしますので、ご確認の程宜しくお願い致します

確認結果の返信を促す場合の使い方と例文

「ご確認のほどいかがでしょうか」は、確認を依頼している相手からの返信が滞っている場合などに、確認を促すために使われる表現です。「確認していますか」と言った直接的な表現でなく、現在の「確認状況はいかがでしょうか」と尋ねる間接的な表現として、社内の相手に対してだけでなく、取引先の相手に対しても使うことが多い表現です。

やんわりとした表現ではありますが、催促のニュアンスが含まれています。「ご確認のほどいかがでしょうか」とメールを受け取った場合には、速やかな対応を心がけることが必要です。

  • ○月○日に提出したバナー案について、ご確認のほどいかがでしょうか
  • 提案の内容についてご確認のほどいかがでしょうか。ご確認の上、わからないなど不明な点がございましたらお気軽にご質問ください

確認を再度依頼する場合の使い方と例文

相手の指示による修正を行った場合など、再度確認を依頼する場合には、「今一度ご確認のほどお願いします」を使います。また、相手からの指摘が間違いである可能性がある場合に対して、確認を依頼する場合にも使われる言葉です。

  • ご指摘箇所の修正を行いましたので、今一度ご確認のほどお願いいたします
  • ご指摘いただいた箇所について確認しましたが、○○は△△であることから修正の必要がないと思われます。今一度ご確認のほどお願い申し上げます

「ご確認のほど」の敬語表現

「ご確認のほどお願いします」は丁寧語

「確認」を丁寧で間接的な表現にした「ご確認のほど」と言う言葉は、敬語に使うことができます。相手に対して確認を依頼する場合に使う「ご確認のほどお願いします」と言うフレーズは、丁寧表現となります。

上司や目上の人には「ご確認のほどよろしくお願いいたします」

上司や取引先など目上の人に対しては、「お願いします」を丁寧な表現に置き換えて使います。「ご確認のほどよろしくお願いいたします」や「ご確認のほどお願い致します」、「ご確認のほどお願い申し上げます」などです。また、「お手数をおかけしますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします」などと一言を添えると、より丁寧な印象となります。

更に丁寧な表現は「ご確認くださいますよう」へ言い換える

「ご確認のほど」は目上の人に使うことができる敬語表現です。しかし、「ご確認のほど」という言葉を、尊敬語を含む「ご確認くださいますよう」に言い換えることで、更に丁寧な表現となります。

「ご確認のほど」の類語・言い換え表現

「ご確認くださいますよう」は「ご確認のほど」と同じ意味

「ご確認くださいますよう」は「ご確認のほど」と同じ意味を持つ言い換え表現となります。「くださいますよう」は、尊敬語である「くださる」の命令形の「ください」に、丁寧語の「ます」をつけた言葉。「ご確認のほど」に比べると、より丁寧な言い換えの言葉となります。

「ご査収のほど」の意味は「調べて受け取る」

「ご査収のほど」(ごさしゅうのほど)は、「ご確認のほど」同様にビジネスメールにおいて使われることが多い言葉です。「査収」とは、「よく調べて受け取る」の意味を持ち、相手に対して何かを渡す場合に使います。

「確認」は「確かめる・認める」の意味を持ち、幅広い意味合いとして使うことができます。したがって「書類についてご査収のほどお願いします」を「書類についてご確認のほどお願いします」と置き換えても意味が通じます。しかし「メールの内容についてご確認のほどお願いします」を「メールの内容についてご査収のほどお願いします」と置き換えると、意味が通じなくなります。

「ご確認のほど」の英語表現

「ご確認のほどよろしくお願い致します」は「please confirm」

「ご確認のほどよろしくお願い致します」を英訳すると、「Please confirm.」となります。「confirm」とは「確認する」の意味を持つ動詞です。また「どうぞご確認ください」の意味となる「Please kindly confirm it.」を使うこともできます。

まとめ

「ご確認のほど」とは、「確認」を丁寧にやんわりと表現した言葉。「ご確認のほどお願いします」と使うことが一般的で、間接的な表現をすることで相手が命令の印象を受けることを和らげる効果を持ちます。また「ご確認のほどいかがでしょう」など、確認の状況を確認する場合の言葉としても使うことがあります。

ABOUTこの記事をかいた人

miiryon

SE・WEB制作を経て、メーカーのオウンドサイトのウェブマスターとフリーライターを兼業中。料理もアクセサリーも自分自身の「手」でつくりだすことに喜びを感じます。チョコレートとコーヒーが欠かせない食いしん坊。