「ご厚意」の意味とは?使い方の例文と類語「ご好意」との違い

「ご厚意」とは「思いやりの心」を意味する言葉で、「ご厚意に感謝します」や「せっかくのご厚意」などの使い方をします。「ご厚意の意味を知りたい」「ご好意との違いは?」という方に向けて、「ご厚意」の使い方や例文、類語「ご好意」との違いを解説します。



「ご厚意」の意味とは?

「ご厚意」の読み方は「ごこうい」

「ご厚意」の読み方は「ごこうい」です。「厚」は訓読みで「あつ(い)」とも読むため、「ごあつい」と読み間違えないよう注意しましょう。

「ご厚意」の意味は「思いやりの心」

「ご厚意」の意味は「思いやりの心」です。接頭語の「御(ご)」を加えた丁寧な表現であるため、上司や取引先など目上の人へも使用できます。自分から相手に対する「思いやり」ではなく、相手から自分に対する「思いやり」に「ご厚意」を使用しましょう。

「ご厚意」単体で使用されることはなく、「ご厚意」に対して感謝したり、「ご厚意」を断ったりと状況によって後に続く言葉は変わってきます。

「ご厚意」の使い方

「ご厚意」はビジネスシーンやメールに使える

「ご厚意」は丁寧な表現であるため、ビジネスなどかしこまったシーンやメールで使用できます。とくにメールなど書き言葉として使用する場合、表情や声色が伝わらない分、話し言葉よりもさらに丁寧になるよう心掛けましょう。

「ご厚意に感謝します」は「厚意への感謝・お礼する状況」で使用

「ご厚意」の使い方の1つが「ご厚意に感謝します」です。相手からもらった厚意に対して、感謝しお礼を言うシーンで使用できます。例えば、「皆様からのご厚意に、深く感謝します」のように使用します。

メールで感謝をする場合、「感謝します」よりも「感謝いたします」や「感謝申し上げます」の方が丁寧であるため、言い換えてみましょう。

「ご厚意に甘えて」は「厚意を受け取る状況」で使用

「ご厚意に甘えて」は「厚意を受け取る状況」で使用できます。「甘える」とは、「人からの親切を受け取ること」を意味するため、「厚意」を遠慮なく受け取ることを表すのです。

例えば、

  • ご厚意に甘えさせていただきます
  • ○○様からのご厚意に甘えて、頂戴いたします

などの使い方ができます。

「せっかくのご厚意」は「厚意を断る状況」で使用

「せっかくのご厚意」は、「厚意を断る状況」で使用されます。「せっかく」はビジネスシーンでお断り・お詫びのシーンで使用される言葉で、相手の思いやりに敬意を払いつつ断ることができるのです。

例えば、

  • せっかくのご厚意ですが、お応えできず申し訳ございません
  • せっかくのご厚意を無駄にしてしまうこと、お詫び申し上げます

などの使い方ができます。断りのシーンで使用できる「せっかくのご厚意」ですが、上記のように「厚意を断るときの謝罪文」としても使用できます。

「ご厚意」が「お金」を表すこともある

「ご厚意」は「お金」を意味する言葉としても使用されます。「お金」という直接的な表現を使わずに、「ご厚意」と表すことで露骨な表現を避けているのです。「ご厚意」を使って「お金」を表す場合、主に「寄付金」や「援助金」を指します。

例えば、

  • ○○様からのご厚意により、このような会場を貸し切ることができました
  • 皆様からのご厚意のおかげで、○○市に市営プールを建設することができました

などの使い方ができます。

「ご厚意」を使った例文

  • 多大なご厚意に賜りましたこと、感謝申し上げます
  • せっかくのご厚意を踏みにじることとなってしまい、誠に申し訳ございません
  • あなたの行動は、○○様からのご厚意を無下にすることになる
  • 皆様からの数多くのご厚意痛み入ります

「ご厚意」と類語「ご好意」との違い

「ご厚意」と「ご好意」の違いは「思いやりの行き先」にある

「ご厚意」の類語には「ご好意」が当てはまります。「ご好意」とは「親切な気持ち」を意味する「好意」に、接頭語の「御(ご)」を加えた丁寧な表現です。「思いやる心」を表す「ご厚意」と似た意味をもつ「ご好意」ですが、2つには違いがあります。

「ご厚意」は他人から自分に対する優しさを表し、自分から相手への優しさは「厚意」とは言いません。対して、「ご好意」は他人から自分、自分から他人への優しさを表します。誰から誰への優しさなのかによって、使い分ける必要があります。

「お心遣い」「ご配慮」も類語

「ご厚意」の類語には「お心遣い」や「ご配慮」も当てはまります。「お心遣い」とは「その人のために色々と気を使うこと」を意味しており、「ご配慮」は「よい結果になるよう、心を配ること」を意味します。

「お心遣い」「ご配慮」も、接頭語が加えられた丁寧な表現であるため、目上の相手に対して使用可能です。

「ご厚意」の英語表現

「ご厚意」は英語で「Kindness」

「ご厚意」は英語で「Kindness」と表します。「Kindness」は「親切」「優しさ」を意味する言葉で、使い方によって「親切な行為」という意味もあります。例えば、「Thank you for kindness」という例文。

例文の場合、「あなたのご厚意に感謝します」という意味になります。

まとめ

「ご厚意」とは「思いやりの心」を意味する言葉で、「ご厚意に感謝します」や「せっかくのご厚意」などの使い方をします。相手の厚意へ感謝するシーンや厚意を断るシーンで使用され、状況によっては「ご厚意」が「お金」を意味することもあります。

類語には「ご好意」が当てはまりますが、「誰から誰に向けた思いやりか」によって「ご厚意」と「ご好意」を使い分けましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。