「客観的」の意味とは?対義語「主観的」との違いと類語を解説

「客観的」とは「第三者の立場での考え」を意味する言葉で、「客観的に考える」や「客観的事実」などの使い方をします。「対義語を知りたい」「類語の俯瞰的とは?」という方に向けて、「客観的」の使い方や例文、対義語「主観的」との違いを解説します。



「客観的」の意味とは?

「客観的」の意味は「第三者の考え」

「客観的」とは、特定の立場からモノを見たり考えたりするのではなく、「第三者としてモノを見たり考えたりすること」を意味します。「自分の思い」を直接意見に取り入れるのではなく、具体的な数字や前例などから、物事を考えることを「客観的」と言います。

「客観的」と「主観的」の違い

対義語「主観的」は「自分視点で考えること」

「客観的」と反対の意味をもつ「主観的」という言葉。「主観的」とは「自分視点でモノを見たり考えたりすること」を意味する言葉で、「客観的」の対義語に当てはまります。飲食店の売り上げを例に、「客観的」と「主観的」の違いを説明してみましょう。

  • Aさん「15日間で30万も売り上げたのか。多いな」
  • Bさん「15日間でたったの30万か。少ないな」

上記2人の意見は、どれも自分視点の考えであり主観的です。主観的な意見であるため、同じ環境に立たされているにも関わらず、意見が異なってきます。

  • Cさん「毎月の売り上げは100万を超える。半月が経過している時点で30万は少ない」

Cさんの意見は、AさんBさんと違い客観的です。Cさんの意見は、「毎月の売り上げが100万」という前例や具体的な数字を挙げて比較しており、自分視点の考えを直接意見に取り入れているわけではありません。

上記のように、「主観的」とは「自分視点で自分にのみ当てはまる考え」を意味し、「客観的」は「前例や数字を用いた、幅広い人に当てはまる考え」を意味するという違いがあります。

「客観的」の使い方と例文

「客観的に見る」「客観的に考える」のように使う

「客観的」は「客観的に見る」や「客観的に考える」のような使い方をします。具体的な数字や前例をもとに、第三者の立場からモノを見たり考えたりする状況で使用しましょう。

例文
  • わたしは物事を客観的に考えることを得意とする
  • 客観的に見なければ真実は見えてこない

「客観的事実」とは「第三者からみた事実」を表す

「客観的」を使った言葉に「客観的事実」があります。「客観的事実」とは「第三者からみた事実」を意味する言葉で、周りに知れ渡っている事実や、具体的な数字を用いて事実だと示せる状況で使用されます。

例えば、難関大学に合格したいAさんがいたとしましょう。担任の先生は大学の合格ラインやAさんの現状を見たうえで、90%合格するとAさんに告げます。これが「客観的事実」です。しかし、Aさんは先生の言っていることを信用できず、難関大学であることから「受かるはずがない」と思い込んでいます。

「90%合格する」という先生の意見が「客観的事実」であるのに対し、Aさんの意見は「主観的事実」と言い、第三者からみた事実を無視した自分視点の事実を表しています。

「客観的情報」は医療で使う

「客観的情報」とは「第三者から見た情報」を意味し、医療の現場で使用される言葉です。血圧や脈拍、検査結果など、看護師が客観的に患者を見たときに分かる情報を「客観的情報」といいます。反対に患者本人が訴える痛みなどを、「主観的情報」と呼びます。

「客観的証拠」とは「供述以外の証拠」を表す

「客観的証拠」とは「供述以外の証拠」を意味する言葉です。「供述以外の証拠」には、写真や動画、人以外の形ある証拠(物的証拠)が当てはまります。また、「客観的証拠」は「供述以外の証拠」であると説明しましたが、専門家による現場検証などは「客観的証拠」とみなされる場合があります。

「客観的」を使った例文

  • 今必要としているのは個人の意見ではなく、客観的な意見だ
  • 客観的に自分を見つめなおす、いい機会だ
  • 自分の行動を客観的に見てみると、だめなところが分かってきた

「客観的」の類語

「客観的」の類語は「俯瞰的」

「客観的」の類語に当てはまるのが「俯瞰的」です。読み方は「ふかんてき」で、「広い視野で物事の全体像をとらえること」を意味します。「客観的」と似た意味をもつ「俯瞰的」ですが、2つには違いがあり使い分けることが重要です。

「客観的」は「第三者の立場から物事を見たり考えたりすること」を意味しますが、「俯瞰的」は第三者の立場ではなく、「客観的」よりもさらに広く全体を見たり考えたりすることを意味しています。誰の立場にもとらわれずに、全体をみる状況では「普遍的」が適しているため、使い分けましょう。

「客観的」の英語表現

「客観的」は英語で「Objective」

「客観的」の英語表現は「Objective」が当てはまります。「客観的に考える」や「客観的に見る」など、「客観的に○○」という表現を使う場合は「Objectively」が適しています。例えば、「Think objectively」という例文。上記の文章だと、「客観的に考える」という意味になります。

まとめ

「客観的」とは「第三者の立場で、物事を見たり考えたりすること」を意味します。「客観的に考える」や「客観的に見る」などの使いかをし、「主観的」とは対義語の関係にあります。

類語には「俯瞰的」が当てはまりますが、「第三者の立場で考える」という意味はないため、「客観的」よりもさらに広く全体をとらえたい状況で言い換えてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。