出向すると給与やボーナスは減る?メリットや派遣との違いを解説

ドラマなどでも聞くことがある「出向」。左遷されるような、ネガティブなイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実は出世につながる出向もあります。今回は出向の意味や、給与について解説します。出向することで得られるメリットや、よく混同される「派遣」との違いなども紹介していますので、参考にしてください。



「出向」の意味とは?

「出向」の意味は別の会社へ「出向く」こと

出向とは、漢字の通り、「出向く」という意味の言葉です。基本的には、会社員が、自分の働いている会社から、別の会社へ長期間出向き、仕事することを言います。

数日間、別の会社で手伝いをするという場合に使うことはあまりなく、多くの場合、1年以上の長期や、期限を決めずに別の会社で働く場合に使います。

今働いている会社のことを出向元、出向した先の会社のことを出向先と呼びます。

出向には「在籍出向」と「転籍出向」がある

出向には「在籍出向」と「転籍出向」があります。「在籍出向」とは、今の会社に雇用されながら別の会社で働くことをいいます。在籍出向の場合は、出向元との雇用契約はそのままで、出向先とも契約を結び、仕事をすることになります。

「転籍出向」は、籍を新しい会社へ移す場合に使います。今の会社での雇用契約は一度終了し、新しい会社で新しく雇用契約を結ぶことになります。転籍出向の場合は、在籍出向と違い、元の会社の社員ではなくなります。

出向が左遷とは限らず、出世することもある

「出向」と聞いて抱くネガティブなイメージの例としては、大企業で失敗をした人が、子会社に出向させられるような場面があります。「左遷」という降格処分と似た意味に捉えられることもあります。

しかし、実際には子会社から親会社へ行く場面もありますし、若手が関係会社へ出向して学びを得たり、出世するためには関係会社への出向が必須になっていることもあります。実際に出向することになったときには、どういった意図での出向なのかを把握しておくと良いでしょう。

「出向」すると給与やボーナスは減る?

給与やボーナスは出向先に合わせるのが基本

出向すると、出向先で、出向先に合わせた仕事をすることになります。同一労働同一賃金という考え方では、仕事に合わせて出向先の給与やボーナスをもらうことになるでしょう。税法上も、出向している社員に給与を支払うのは、「出向先」ですので、出向先の状況に合わせた取り扱いになります。

ただし、出向の目的や、出向元と出向先での話し合いでも、給与やボーナスは変わってきます。出向元から出向先へ金銭の支払いがある場合もありますし、社会保険などの手続きを出向元で行う場合もあります。状況によって人それぞれですので、出向の際には必ず給与やボーナスについても確認しましょう。

「出向」のメリットや目的は?

違う会社で働くことによる「人材育成」の効果

出向のメリットの1つに、人材育成があります。自分の会社だけで仕事をし続けると、自分の会社の視点でしか物事が見れなくなり、視野が狭くなりがちです。違う会社で働くことで、視野を広げ、多くの情報を得て成長できます。出向元に帰ってきたときに活躍できるようにという意図で出向します。

出向というと、勤続年数がある程度長い管理職がするイメージもありますが、人材育成を目的として、若手が出向することもあります。

企業側には情報交換や業績UPのメリットもある

出向する社員がいる企業にとっては、情報交換ができるというメリットもあります。別の会社で働くことで、初めて知ることや学ぶことが、少なからずあります。出向元から出向先へ行くときだけでなく、出向元へ戻るときにも、出向社員が得たスキルや経験を持ち込みますので、企業にとっての利益となります。

スキルや経験、新しい情報を多く得ることは、イノベーションの可能性も高まります。企業の業績UPにつながるメリットです。

雇用調整のための出向もある

雇用調整のための出向は、自社で雇用するのが難しくなった場合などに使われます。例えば、何らかの事情があって解雇しようか迷う状態のときに、別の会社へ出向させたり、長期間働いているので役職につけたいが、社内には空いている役職がないので子会社に出向して役職をつけるなど、社内での調整のために出向します。

「出向」と「派遣」の違いとは?

出向と派遣は「雇用契約」が違う

「出向」と似ているものに「派遣」があります。出向と派遣の大きな違いは、出向先や派遣先である仕事をする会社と「雇用契約があるかどうか」です。

在籍出向の場合は、自分の会社と雇用契約を結びつつ、出向先の会社とも雇用契約を結びます。2つの契約が存在しているのが在籍出向です。転籍出向は、出向先の会社とのみ雇用契約を結びます。

派遣の場合は、自分の会社である派遣会社としか雇用契約は結びません。派遣先の会社とは雇用契約は結んでおらず、あくまでも指揮命令をする権利だけが派遣先の会社にあります。

まとめ

「出向」とは、自分の会社から別の会社へ出向いて仕事をすることをいいます。出向は、人材育成や情報交換など、その時々で目的が異なり、給与やボーナスなども、出向の目的によって異なります。

また出向と同じく、自分の会社から別の会社に行って仕事をする「派遣」との大きな違いは、出向先の会社と雇用契約を結ぶ点です。派遣は派遣先の会社とは雇用契約を結びません。別の会社で働くことになった場合には、契約する相手や、給与などをしっかりと確認しましょう。