「バジェット」の意味とは?ビジネスでの使い方や英語表現も解説

ビジネスで使われるカタカナ語のひとつである「バジェット」は、聞いたことはあっても使い慣れない言葉です。そこで「バジェット」の意味とビジネスにおける「バジェット」の使い方を紹介します。また英語で「バジェット」をどのように使うのかも文例を使って解説します。

「バジェット」の意味とは

名詞としての「バジェット」の意味は「予算」

「バジェット」の意味は、名詞として使われた時の意味で、「予算」や「経費」です。一定期間の入出金の見積もりのことを指します。「バジェット」は政府などの「予算案」のような大きな算出計画のことから、企業の小さなプロジェクトの「予算」、または家庭の「家計」や「生活費」を言い表すときにも使われます。

動詞として使われるときも同じく「予算を編成する」や「資金計画を立てる」の意味になります。

形容詞としての「バジェット」の意味は「低予算の」

名詞の意味である「予算」から派生して、「バジェット」が形容詞として使われると「予算以内で許されること」という意味に転じます。そこから「低予算の」や「安い」「割安の」になりました。

「バジェット」の英語表記は「budget」

「バジェット」は英語で「budget」とつづります。最初の「バ」の音が強調されて、それに「ジェット」が続きます。「ジェ」の音を「dge」と表記されるので、「d」を書き落とさないように気をつけましょう。

ビジネス用語としての「バジェット」の使い方(例文つき)

ビジネスシーンで「バジェット」が使われるときは、名詞の「予算」の意味で使われることが多いです。しかし文脈によっては形容詞の意味である「低予算の」が使われていることもありますから、文脈に応じて「バジェット」の意味をとらえるようにしましょう。

ここでビジネスでは、どのように「バジェット」が使われているのか見ていきましょう。

「ビッグバジェット」の意味

よく映画業界などの芸能ビジネスで使われる「ビッグバジェット」は「大きい予算」という意味です。大規模な予算が組まれたスケールの大きな映画制作の説明の際に耳にすることがあるでしょう。

「ローバジェット」の意味

「ビッグバジェット」の反義語で、少ない予算を意味します。

「バジェット不足」の意味と例文

  • 「バジェット不足のため、今回のプロジェクトはあきらめるしかない」
  • 「バジェット不足ではあったが、新規のスポンサーがついてなんとかオープニングには間に合った」

あるプロジェクトを始めるにも予算が足りなくては大変です。そんなときに「予算が足りない」という意味の「バジェット不足」が使われます。

「バジェット次第」の意味と例文

  • 「バジェット次第で何とかなる」
  • 「このプロジェクトが遂行できるかどうかはバジェット次第」

いくらプロジェクトの内容がよくても予算が足りなくては、そのプロジェクトを始めることはできません。そんな状況のときに、「バジェット次第」つまり「予算次第」という表現が使われます。

「バジェット」を使った色々な分野の用語

「バジェット」の低価格という意味を使って、ビジネスではこの言葉がいろんなところで使われています。

「バジェットトラベル」で格安の旅行をしよう

低予算で旅行することを「バジェットトラベル」と呼びます。またそうした旅行者のことを「バジェットトラベラー」とも言い、予算が少ないなかでも上手に旅行をしようというニュアンスが含まれています。

「バジェットエアライン」なら安心価格でフライト

サービスを簡素化して低価格のフライト料金を実現したのが、「バジェットエアライン」です。座席指定なし、機内食をなくす代わりに機内で販売をするなど、顧客へのサービスを減らしてフライト価格も下げることに成功しました。バジェットトラベラーには人気があり、別称「格安航空会社」です。

企業名にも!「バジェットレンタカー」

「バジェットレンタカー」は格安のレンタカーという意味で、それをそのまま企業名としても使っているレンタカー業者もあります。

またレンタルされる車の中でも小さめの普通車で燃費のいいコンパクトカーを「バジェットレンタカー」と呼ぶこともあります。

「バジェットホテル」は低価格帯のホテル

「バジェットホテル」は低価格のホテルのことです。コスパがいいホテルというわけではなく、あくまでも安いという意味ですから、バジェットホテルを選ぶときはその内容もしっかりチェックしましょう。

「バジェット」を使った英語表現

ビジネスシーンで英語で「バジェット」を使う場合は、「予算」の意味で使われることが多いです。目的の応じた「予算」、プロジェクトに必要な「予算」などよく使われますので、注意して聞き取り、また使ってみてください。

  • Our company allocated the enough budgets for our project.
    会社は私たちのプロジェクトのためにじゅうぶんな予算を割り当てた。
  • Because of our limited budget we must consider to change our plan.
    この限られた予算からプラン変更を考慮すべきだ。
  • What is the budget for your new project?
    新しいプロジェクトにはどれくらいの予算が必要か?
  • We need to increase a budget more by 10 % in order to complete our project. Is it possible to do that?
    プロジェクトを完遂するためにはあと10%の予算が必要ですが、できますか。

まとめ

「予算」の意味だったり「安い」という意味にもなる「バジェット」は、どの意味で使われているのかを判断するには、文脈のなかで「バジェット」をとらえることが大切です。このように書くと難しそうですが、必要なことは相手が何を言おうとしているのかをよく聞き取ることです。そうすれば自然と、どの意味でバジェットを使っているのかわかるはずです。