「心苦しい」の意味と使い方とは?ビジネスでの例文と類語も解説

「心苦しい」とは「申し訳ない気持ち」を意味する言葉で、「心苦しいのですが」「心苦しい限りです」のような使い方をします。「ビジネスでの使い方を知りたい」「類語を知りたい」という方に向けて、「心苦しい」の意味や類語、ビジネスでの使い方を例文とあわせて解説します。



「心苦しい」の意味とは?

「心苦しい」の意味は「申し訳ない気持ち」

「心苦しい」とは「申し訳ないと思う気持ち」を意味する言葉です。たとえば、「質問ばかりで心苦しいのですが」という使い方の場合、質問ばかりすることに対して「申し訳ない」と感じていることを表します。

また、「申し訳ないと思う気持ち」の他に、「心が痛む様子」という意味も含まれています。たとえば、「我が子が苦労している姿を見るのは、大変心苦しい」という例文。上記の例文の場合、他人を思いやることで自分の心が痛む様子を表しています。

古語では「心配」を意味する

「心苦しい」は古語で「心配」を意味し、他人を気遣う状況で使われていました。有名な書物では、清少納言の「枕草子」や平安時代の初期に成立されたとされる「竹取物語」にも、「心苦しい」が使われています。

現代では「相手を思うばかりに自分の心が痛い様子」を表す「心苦しい」ですが、古語として使用する場合は、素直に「心が痛むこと」を表すことが多く、時代が流れるにつれて「他者を思うばかりに心を痛める様子」を表すようになりました。

「心苦しい」のビジネスでの使い方

「心苦しい」はお詫び・お願いのシーンで使う

ビジネスシーンではお詫び、お願いのシーンで「心苦しい」が使用されます。相手へ何かを依頼する場合、「心苦しいのですが、よろしくお願いします」と伝えることで、相手を配慮していることを表せるのです。

また、お詫びのシーンで「心苦しい」を使う場合、「○○様を裏切ることとなり、心苦しく感じております」のような使い方をします。上記の例文は、相手からのクレームや自分側のミスに対して詫びている状況で使用できます。

ただ、「心苦しい」そのものに謝罪の意味はありません。「大変申し訳ございません」など、1度しっかりと謝罪したあとに「心苦しい」と感じていることを伝えましょう。

「心苦しいのですが」はお断りシーンで使える

「心苦しい」の使い方に「心苦しいのですが」があります。「心苦しいのですが」は相手の要望を断るシーンで使用できます。たとえば、「心苦しいのですが、ご要望にお応えすることはできません」という例文。

単に「ご要望にお応えすることはできません」と言うよりも、「心苦しいのですが」を加えることで「申し訳ない気持ち」を表すことができます。

「心苦しいところではありますが」はメールで使用

「心苦しい」はビジネスメールでも使用できます。メールで使用する場合、声色や表情がわからない分、話し言葉よりも丁寧な表現が求められます。「心苦しいところではありますが」はとても丁寧な表現であるため、メールでお詫びや依頼をする状況で使用してみましょう。

また、「心苦しいところではございますが」や「大変心苦しいのですが」も、丁寧な表現であるためメールに適しています。

「心苦しい限りです」は「この上ない様子」を表す

「心苦しい」の使い方の1つが「心苦しい限りです」です。「○○限り」とは「限度いっぱい」を意味しているため、「心苦しい限り」は「心苦しい気持ちでいっぱい」を意味することになります。

例文

ご要望にお応えできず、こちらとしても心苦しい限りです

いただいた恩を返すことができず、心苦しい限りです

「心苦しい」を使った例文

「心苦しい気持ちでいっぱい」を使った例文

  • 社員一同、心苦しい気持ちでいっぱいです
  • せっかくのお誘いを断ることになり、心苦しい気持ちでいっぱいだ

「心苦しいですが」を使った例文

  • わたしも心苦しいですが、社長の判断に従うしかないのです
  • 誠に心苦しいですが、本日を持ちまして閉店とさせていただきます

「心苦しい」の類語表現

「心苦しい」の類語「申し訳ない」

「心苦しい」の類語に当てはまるのが「申し訳ない」です。「申し訳ない」とは、謝罪の意味をもつ言葉で、自身のミスを認めてお詫びをする状況で使用されます。たとえば、「心苦しいのですが、今回の件はなかったことに」という例文。

上記を「申し訳ない」で言い換えると「申し訳ないのですが、今回はなかったことに」となります。

「心苦しい限り」は「恐縮至極」に言い換える

「この上なく心苦しい様子」を表している、「心苦しい限り」という言葉。「心苦しい限り」の類語表現には、「恐縮至極」が当てはまります。読み方は「きょうしゅくしごく」で、「至極」と「恐縮」を入れ替えて「至極恐縮」とも言います。

「恐縮至極」とは、「この上なく恐れ入ること」を意味する言葉です。お礼や謝罪、依頼のシーンで使用される言葉であるため、使用される状況が「心苦しい」と類似しています。また、ただの「恐縮」ではなく「至極」を加えることで、「この上ない様子」を表しているのです。

「心苦しい」の英語表現

「心苦しい」は英語で「Feel sorry for」

「心苦しい」の英語表現は「Feel sorry for」が適しています。「Feel sorry for」とは「心苦しく思う」「申し訳なく思う」ことを表しています。たとえば、「I feel sorry for asking mother to do this kind of thing.」という例文。

上記の文章は、「このようなことを母親に言うなんて心苦しい」という意味になります。

まとめ

「心苦しい」とは「申し訳ない気持ち」や「心が痛む様子」を意味する言葉で、古語としては「心配」を表します。「心苦しいのですが」や「心苦しい限りです」などの使い方をされ、主に謝罪や依頼、お断りのシーンで使用されます。

類語には「申し訳ない」や「恐縮至極」が当てはまりますが、「恐縮至極」はかたくるしい表現であるため、使用するシーンに注意しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。