「信念」の意味とは?使い方の例文や「理念」との違いも解説

「信念を貫く」のように自分の信じる気持ちという意味で使われる「信念」には、神仏を信じる信仰という意味もあることをご存知ですか。

今回は「信念」の意味と使い方、「理念」「確信」「信条」などの類語の意味と違いのほかに英語表現も併せて解説します。



「信念」の2つの意味

「信念」とは「正しいと信じて疑わない気持ち」のこと

「信念」とは、「物事を正しいと信じて疑わない自分の気持ち」いう意味です。正しいと信じる気持ちはとても強く簡単に揺らぐことはありません。

また信念を貫く行動は、信じる気持ちを伴う行動で一貫性があるため、相手を寄せ付けないような強さが感じられます。

「信念」には「信仰」の意味もある

「信念」のもう一つの意味として、「神仏を固く信じること」という意味もあります。信仰心のことで、ある宗教を信じて、その教えを自分にとってのよりどころとすることです。

信仰心があることを「信念がある」や「信念を持つ」のように表現します。信仰があることを「信仰が厚い」と表現しますが、信念を使い「信念が厚い」とは言いません。

「信念」の使い方

正しいと信じているときに使われる

「信念」は自分が正しいと信じて疑わないような気持ちを表現するときに使われます。その正しいと思う気持ちは固く、他人から反論や批判などされても曲げられないほどの強い意志がある場合です。

「信念」を使った例文

  • 「彼はなかなか信念を曲げない」
  • 「必ず夢を実現するという固い信念を持って、彼は社会人になった」
  • 「彼女は信念が強い気丈な性格と言える」
  • 「自分の信念を貫くために、何が起こっても立ち向かおうと思った」
  • 「彼女の会社への抗議は信念があり、誰も反対できない」
  • 「信念を強く持って行動した結果、相手に自分の気持ちが伝わった」

「信念」の類語の意味と違い

「理念」とは「物事のあるべき状態についての基本的な考え」

「理念」とは「ある物事のあるべき状態についての基本的な考え」という意味です。企業の経営理念と言えば、その企業が事業を運営するための基本的な方針や考え方のことです。ある事柄がある目的を持った時にどのような方向性で進めるのかをまとめた指針となる考え方ことです。

「信念」の信じる思いは感情的であるため他の人と共有するものではないのに対して、「理念」はある行動を行う上での根本的な考えのことなので、人と共有するができます。

また哲学的な解釈では「理念」は哲学者プラトンの基本概念であるイデアに由来して、ドイツ哲学で発展した経験に基づく理性的な考えのことです。

例文
  • 「わが社の理念はお客様の立場に立ちサービスをすることです」
  • 「経営理念に基づいて行動する」

「確信」とは「固く信じて疑わないこと」という意味

「確信」とは「固く信じて疑わないこと」という意味です。「信念」が正しいと信じる気持ちという意味ですが、「確信」は物事を正しいかどうかという点に重点を置いているのではなく、信じて疑わないという点に重点が置かれている点が違います。

「信念」の方が主観的であるのに対して、「確信」の方は主観的であるのと同時に客観的に考えても信じる気持ちが変わらないという意味合いが含まれています。

例文
  • 「探偵は、あの男が犯人だと確信する」

「信条」とは「信じている事柄」の意味

「信条」とは「固く信じて守っている事柄」のことです。「信念」は「信じている気持ち」ですが、「信条」は「信じている事柄」のことを指します。

普段から自分が行っていることの動機とは何かを問われるときなどに、「信条」という言葉が使われます。

例文
  • 「信条を守る」
  • 「私の信条は、人の話をしっかりと聞くことです」

「信用」とは「信じて受け入れること」という意味

「信用」は「確かなことと信じて受け入れること」という意味です。「信念」は自ら信じるという能動的な感情であるのに対して、「信用」は感情とは関係なく、信じられる事柄を受け入れるという受け身的な姿勢で信じることを指します。

例文
  • 「信用できる相手だと思ったから、本当のことを話した」
  • 「○○さんを信用してお金を貸した」

「信念」の英語表現

「信念」は英語で「belief」や「faith」

「信念」は英語で「belief」や「faith」が使われます。「belief」は「信じる」という意味の動詞「believe」の名詞形で、正しいと信じる自分の強い気持ちを表す言葉です。

一方「faith」は「信念」の意味があると同時に、宗教的に強く信じる「信仰」や、人や物への「信頼」といった意味もあり、信じるという気持ちを基に多義的に使われる言葉です。

「信念」の英語表現

  • “I respect his enthusiastic belief in what he is doing.”
    「私は彼が行動するときの情熱的な信念を尊敬する」
  • “He kept his faith, when his father rejected his demand.”
    「父親が彼の要求を拒絶したときも、彼の信念は揺るがなかった」

まとめ

「信念」とは、「正しいと信じて疑わない気持ち」と同時に「信仰」の意味もあります。信じる気持ちはとても強く、その気持ちが簡単に折れることはないでしょう。