「先日」とはいつまで?意味をはじめ類語・正しい使い方を解説

ビジネスシーンでよく使われる「先日」という言葉ですが、正しく使えていますか?「先日」とはいつからいつまでの期間を表す言葉なのか、使い方と「先日」の代わりに使える類語を紹介するので参考にしてください。

先日とはいつからいつまで?意味と共に紹介

「先日」の意味は「この間」

「先日」は「この間」や「少し前」という意味の言葉です。目上目下関係なく、近い過去の日を指す際に「先日」が使えます。例えば「先日行った会議では~」という文章だと、「この間行った会議では~」「少し前に行った会議では~」という意味になります。

「先日とは何日前」という正確な範囲は定められていない

「先日」は「この間」という意味があるということを説明しましたが、「この間」というのがいつからいつまでなのかという正確な範囲は定められていません。いつからいつまでが「先日」か定められていないものの、ビジネスシーンでは一般的に1カ月以内の日を指す際に使われます。

例えば3日前の日を指す際にも「先日」が使え、3週間前の日を指す際も同じく「先日」が使えます。ただ、正確な範囲が定められていないということは、個々の捉え方や感覚によって「先日」が指す範囲が変わる可能性があるため注意が必要です。

ビジネスシーンでの「先日」の使い方

近い過去の日を指す際は「つい先日」

「先日」の使い方として「つい先日」という言葉があります。「ほんの少し」という意味の「つい」を頭に付けた「つい先日」は、近い過去の日を指す言葉となります。どこまでが近い過去なのかというのは個々の感覚によるため、考えて使ってください。

「先日」は出来事が起こった日を指している

「先日」は「この間」という意味があるということを説明しましたが、「先日」は字の通り日そのものを指す言葉となります。そのため、「先日」だけでは相手にスムーズに伝わりにくい場合は「先日」の何について話しているのか具体的に表す方が丁寧と言えるでしょう。

例えば「先日はありがとうございました」という文章だけだと、近い過去の何に対し感謝しているのか相手に伝わらない恐れがあります。「先日の○○についての会議では、お世話になりありがとうございました」と具体的に述べることで相手に伝わりやすい丁寧な文章となります。

特にメールや手紙などの書き言葉は表情や声色が見えないため、スムーズに話を進めるためにも話し言葉以上に丁寧かつ具体的に表現してください。

「先日」を使う際の注意点

「昨日」は「先日」に当てはまらない

「先日」が使えるのは一般的には1カ月以内の日であることを説明しましたが、1日前を意味する「昨日」は「先日」に含まれません。確かに「昨日」のことを「先日はありがとうございました」と言うには違和感があるのではないでしょうか?1日前は「昨日」それ以降は「先日」、更に過去の日を指す際は「過日」と使い分けてください。

具体的な日にちが分かる際は「先日」を使わない

10日前や2週間前など、具体的な数字が分かる際は「先日」を使わずに表現しましょう。ビジネスシーンでの会話をスムーズに進めるだけでなく、具体的な数字を使うことで相手に丁寧な印象を与えることができます。例えば「先日」が10日前の日を指す場合は「10日前の○○では大変お世話になりありがとうございました」とすると、丁寧で伝わりやすい文章となります。

ビジネスで使える「先日」の3つの類語

先日の類語① 畏まった表現の「先般」

「先日」よりも畏まった言い回しに「先般(せんぱん)」という言葉があります。「この間」という意味が含まれており「先日」と同じく、いつからいつまでという範囲は定められていません。同じ意味を持つ「先般」ですが、「先日」が「過去の日」を指す言葉であるのに対し「先般」は「過去の出来事」を指す言葉です。

例えば「先日はお世話になりました」という文章だと、お世話になったその日に重点が置かれることになります。しかし「先般はお世話になりました」という文章だと、お世話になった出来事に重点が置かれていることとなります。目上の相手など畏まった言い回しをしたい際や、出来事に重点を置いて会話をしたい際は「先般」が適しているといえるでしょう。

先日の類語② 先日より前の過去を指す「過日」

「先日」の類語である「過日(かじつ)」は「先日」よりも過去の日を指す際に使われます。話し言葉としてではなく、主にメールや手紙などの書き言葉として使われている畏まった言葉です。「過日」にもいつからいつまでという正確な範囲は定められていないものの、一般的には1週間前から1年前の日を指します。1カ月以内の日を指す際は「先日」と「過日」が両方つかえるため、相手や状況によって使い分けてください。

先日の類語③ 先日と同じ意味を持つ「先頃」

「先頃(さきごろ)」も「先日」の類語に該当します。意味としては「先日」と同じく「この間」という意味で正確な範囲は定められていませんが、近い過去を指す言葉です。状況や相手に合わせて類語を使って言い換えてください。

まとめ

「先月」とは「この間」を意味する言葉で、一般的には1カ月以内の日を指す際に使われます。「先日」が指す期間は、個々の捉え方や感覚によって左右されるため注意してください。「先般」や「過日」など類語を使ってスムーズに会話を進めましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。