「繊細」の意味や使い方の例文は?類語や対義語・英語訳なども解説

「繊細」は、ある物の美しさや人の感情などを表すときに用いられる日常的な言葉です。使い方によって良い意味にも悪い意味にもとらえられるため、慎重に使う必要があります。今回はこの「繊細」の意味や使い方の例文、また類語や対義語、英語表現までをわかりやすく解説していきます。「繊細な人」の特徴についてもあわせて紹介します。



「繊細」の意味とは?

「繊細」とは「細く美しい」「感情などが細やか」

「繊細」には、大きく分けて以下のような2つの意味があります。

  1. 「細く美しいさま」「ほっそりと優美なこと」
  2. 「感情などが細やかであるさま」「微妙なこと」

基本的に1つ目の意味は“外見的なこと”を、2つ目の意味は“内面的なこと”を表すために使われます。

「繊細」の使い方や例文は?

「繊細」は形容詞的に使うことが多い

「繊細」は、「繊細な〇〇」と形容詞的に使うことが多いです。「〇〇」の部分には繊細である、またはそう思う対象物の名詞・固有名詞を入れて使います。もちろん「〇〇は繊細である」や「繊細さ」と名詞的に使うケースもあります。文脈に合わせた表現方法を選び使いましょう。

「繊細」の例文

  • 「彼女の繊細な手に惚れ惚れしている」
  • 「私は繊細な性格だと自覚している」
  • 「繊細なことが彼女の長所でもある」
  • 「繊細な感受性ゆえに傷つきやすい」
  • 「繊細すぎる人だと占いで診断された」
  • 「あなたは繊細な心の持ち主だと思う」
  • 「僕は繊細さのあるこの作品に心が惹かれている」
  • 「この絵はとても繊細だ。こんなに細部まで描かれている」

「繊細」の類語は?

「繊細」と日本語の「ナイーブ」は類語

日本語の「ナイーブ」は、「繊細」と似た意味を持つ言葉です。

  • 「繊細」・・・細く美しいさま、”感情などが細やかであるさま”
  • 「ナイーブ」・・・”純粋で傷つきやすいさま”、(人の性格などが)生まれたままで素直なさま、単純で未熟なさま

英語の「naive(ナイーブ)」の場合は、「世間知らず」や「単純」と異なる意味を持つため「繊細」の類語とは言えません。しかし日本語の「ナイーブ」の場合は、「感受性が強く他人の感情に敏感であるさま」というニュアンスがあるため「繊細」の類語と言えます。

「華奢」「デリケート」も似た意味を持つ言葉

  • 「華奢(きゃしゃ)」

意味は「姿・形がほっそりとしていて上品に感じられるさま」「弱々しく感じるさま」です。「華奢」は、「繊細」の「細く美しいさま」と似た意味合いを持っています。基本的に「華奢」には「感情などが細やか」といった意味は含まれていません。

  • 「デリケート」

意味は「感受性が強いさま」です。「デリケート」は、「繊細」の「感情などが細やかであるさま」と似た意味合いを持っています。基本的に「デリケート」には、「細く美しい」といった意味は含まれていません。

「繊細」の対義語は?

「粗雑(そざつ)」は細やかさがないことを表す

意味は「荒っぽくいい加減なさま」「細かい部分まで注意が行き届かないさま」です。「繊細」とは真逆である、細やかさがないことを表しています。

「大雑把(おおざっぱ)」は粗雑と意味が似ている

意味は「大体」「細かい部分まで注意が行き届かないさま」です。「大雑把」には「粗雑」という意味もあります。そのことから、同じ理由で対義語と言えます。

「繊細な人」の3つの特徴

1. 人の表情や態度に敏感

「繊細な人」は感情や感覚が細やかであるゆえに、他人の表情や口調、態度のちょっとした変化にとても敏感である人が多いです。細かいところまで気がついてしまうので、嫌みのようなネガティブなニュアンスも感じとってしまいます。

2. 落ち込みやすく傷つきやすい

「繊細な人」は細かいことまで感じとってしまう性質があるため、他人と比べたり、またそのことで落ち込んでしまう人が多いです。人より気づく部分が多いにも関わらず、上手に受け流すことも苦手なため、自分を責めがちな一面もあります。

3. 静かな場所を好む

「繊細な人」は大きな音などにも敏感なため、騒音がうるさい場所や賑やかな場所にいることを苦痛と感じてしまうことがあります。そのため、静かで穏やかな雰囲気の場所に自分の居場所を作りがちです。

「繊細な人」は、このようなネガティブな性質を持っている方が多いです。

「繊細」の英語表現は?

「繊細」の“細く美しいさま”を表すなら「slender」

「繊細」が持つ“細く美しいさま”の意味を英語で表現するなら、“細い”や“ほっそりした”という意味を持つ「slender」が適切です。「slender」には“すらっとした”のような褒め言葉のニュアンスがあり、日本語の「繊細」が持つ“美しい様子”と似た意味を表現できます。

  • 「slender」・・・細い、ほっそりした、すらっとした

“感情などが細やかなさま”を表すなら「delicate」

「繊細」が持つ“感情などが細やかなさま”の意味を表現するなら、“繊細な”という意味を持つ「delicate」を使いましょう。英語の「delicate」には、日本語の「デリート」にはないポジティブさがあります。

  • 「delicate」・・・繊細な、優美な、上品で微妙な、ほのかな

まとめ

「繊細」は、日常生活の中でよく登場する使用頻度の高い言葉です。意味は「細く美しいさま」や「感情などが細やかであるさま」と、外見的・内面的な物事の両方を表現します。

ポジティブな意味で使われることが多いですが、人によって、また使い方次第では嫌みのようにネガティブな意味合いで相手に伝わってしまうことがあります。十分注意して使うようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パーティーコーディネーターとして勤務後、10カ国以上で様々な文化を体験。帰国してからはライターに転職し、ライフスタイルからビジネスまで幅広く執筆しています。趣味は1人旅。好きな国はニュージーランドです。