「皆無」の意味とは?使い方の例文や類語・英語表現なども解説

「皆無」は「〇〇が皆無」といったように、何かがないことを表すときに使う言葉です。日本の人気ロックバンドが曲名に使ったことで、若い世代にも知られるようになりました。今回はそんな「皆無」の意味や使い方の例文、類語や英語表現などを解説していきます。「絶無」との違いもあわせて紹介します。



「皆無」の意味とは?

「皆無」とは「全く存在しないこと」

「皆無」の読み方は「かいむ」です。「全く存在しないこと」「全然ないさま」という意味を表しています。「単にない」ということを表しているわけではないので注意しましょう。

「皆無」は、名詞・形容詞的以外にも副詞的な使い方があります。その場合の意味は、「全く」や「さっぱり」、そして「残らず」や「全部」と表現されます。

「皆無」の意味

  • 名詞・形容詞的用法の場合・・・全く存在しないこと、全然ないさま
  • 副詞的用法の場合・・・全く、さっぱり、残らず、全部

「皆無」と「絶無」の違い

「絶無(ぜつむ)」は「皆無」と似た意味を持つ言葉です。

  • 「皆無」・・・全く存在しないこと、全然ないさま
  • 「絶無」・・・全くないこと、少しもないこと、皆無

「絶無」の意味に「皆無」とあるように、この2つの言葉は同義語と言えます。しかし、それぞれを構成する漢字の意味を見ると、少しニュアンスの違いがあることがわかります。

「絶無」の『絶』には「絶える」や「途切れる」という意味があるため、「後にも先にも全くない」というニュアンスが含まれています。しかし、「皆無」の『皆』には「全部」や「すっかり」という意味しかないため、「絶無」のようなニュアンスはありません。内容に合わせ使い分けることで、より相手に詳しい情報が伝わります。

「皆無」の使い方と例文は?

「皆無」は対象となる物事が少しもない時に使う

「皆無」は意味の通り、話の対象となる物事が少しもない時に使います。名詞・形容詞・副詞的な使い方で意味の表現が異なります。もし、“今後もずっとない”といったニュアンスを伝えたい場合は「絶無」の方が適切です。

「全く皆無である」は誤用

「全く皆無である」という表現をよく見かけますが、こちらは誤用です。なぜなら、すでに「皆無」自体には「全く」という意味が含まれているからです、二重否定になるので気をつけましょう。

「皆無」の例文

  • 「語彙力が皆無すぎる弟の将来が不安だ」
  • 「私ができることはもう皆無に等しい」
  • 「料理のセンスは皆無だと言われ、ショックを受けている」
  • 「残念なことに、彼には何かを達成しようと思う心が皆無だ」
  • 「夏バテのせいか何もしたくない。まさにやる気が皆無である」

「皆無」の類語は?

「零」はまったく無いという意味

意味は「ゼロ」「ものが全くないことを表す数字」です。「零」は、「皆無」のように“何かが全く存在しないこと”や”全然ないさま”を数字として表しています。

「無し」は何かがないことを表す類語

意味は「(存在・能力・経験などが)ないこと」「物や人などが存在しない」です。「無し」は、「皆無」と同じく“何かがないこと”を表しています。しかし、「全くない」といったニュアンスはありません。

「皆無」の対義語は?

「充溢(じゅういつ)」は何かが存在し満ち溢れていることを表す

意味は「満ち溢れること」です。「充溢」は「皆無」の“全く存在しないこと”に対して、“充分過ぎるほど存在し溢れている様子”を表しています。

「豊富(ほうふ)」は十分あることを表す

意味は「ふんだんにあること」「豊かであること」です。「豊富」も「皆無」の意味とは真逆で、“ふんだんに何かがある様子”を表しています。

「ある」は何かが存在していることを意味する

意味は「(存在・能力・経験などが)あること」「物や人などが存在している」です。「ある」は「皆無」の真逆の意味は持っていませんが、「ない」に対して単純に「ある」ということを表しています。使用頻度が非常に高い言葉です。

「皆無」の英語表現は?

「皆無」の英語表現は「nothing at all」「be zero to none」

「皆無」を英語にする場合は、“何も〜ない”を意味する「nothing」を使って「nothing at all」と表現します。また“ゼロ”を意味する「zero」と、“何も〜ない”を意味する「none」を組み合わせて「be zero to none」とも表現できます。

  • 「nothing at all」・・・皆無、さっぱり、何にも
  • 「be zero to none」・・・(可能性などが)皆無である、完全にゼロである

「皆無に等しい」なら「almost nonexistent」

「皆無に等しい」を英語にしたいなら、“存在しない”を意味する「nonexistent」を使って「almost nonexistent」と表現します。「皆無に等しい〇〇」の場合は、「「almost nonexistent 〇〇」と後に続くように単語入れましょう。

  • 「almost nonexistent」・・・皆無に等しい、ないに等しい

まとめ

「皆無」は「全く存在しないこと」や「さっぱり」、「全部」を表す言葉です。「絶無」とは同義語ですが、厳密にはニュアンスに違いがあるため、伝えたい内容に合わせ使い分けることをおすすめします。

二重否定の表現「全く皆無だ」は誤用です。すでに「皆無」には“全く”と言う意味が含まれているので、間違えて使わないよう注意しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パーティーコーディネーターとして勤務後、10カ国以上で様々な文化を体験。帰国してからはライターに転職し、ライフスタイルからビジネスまで幅広く執筆しています。趣味は1人旅。好きな国はニュージーランドです。