「胸先三寸」の意味や使い方の例文は?「胸三寸」との関係も解説

「胸先三寸」は、表には出さない感情や考えなどを表現するときに使う四字熟語です。実は「胸先三寸」は「胸三寸」の言葉から派生し、現代使われるようになったと言われてます。今回はこの「胸三寸」との関係も含め、「胸先三寸」の意味や使い方の例文を解説していきます。類語や英語表現もあわせて紹介します。



「胸先三寸」の意味とは?

「胸先三寸」とは「心の中」「胸の中」

「胸先三寸」の読み方は「むなさきさんずん」です。

「胸先三寸」は、“胸の先から三寸の距離にある”と示していることから「心の中」や「胸の中」を意味します。また使い方によって、「表に出していない内に秘めた考えや気持ち」という意味を表すこともあります。「胸先三寸」を構成する漢字それぞれの意味は以下の通りです。

「胸先三寸」を構成する漢字それぞれの意味
【胸】・・・胸、胸部、心、気持ち、思い
【先】・・・先端、はし
【三寸】・・・約9センチ、一寸の三倍

本来の言い方は「胸三寸」

「胸先三寸」のもともとの言い方は「胸三寸(むなさんずん)」です。「胸三寸(むなさんずん)」と「舌先三寸(したさきさんずん)」の2つの言葉が混ざり合い、いつしか現在使われている「胸先三寸」という形に変わったと言われています。

混同して生まれた言葉が間違ったまま世の中に広まり、そのまま多用されるようになりました。そのため、現在では「胸先三寸」と使うことは完全な間違いとはされていません。現代語のように、すでに多くの方に浸透している言葉となっています。

  • 「胸三寸」・・・胸の中、胸の中にある考え
  • 「舌先三寸」・・・口先だけで相手を上手にあしらうこと

「胸先三寸」の使い方と例文は?

「胸先三寸に納める」と慣用句的に使うことが多い

「胸先三寸」は、「胸先三寸に納める」と慣用句的に使われることが多いです。この場合、「内(心の中)に秘めている考えや気持ち」といった意味で表現されます。もちろん「心の中」や「胸の中」など、名詞的な使われ方もするので文脈にあわせて使い分けましょう。

「胸先三寸」の例文

  • 「今回起こった問題は、私たちの胸先三寸に納めるように」
  • 「誰に投票するかは、皆さんの胸先三寸に納めておいてください」
  • 「この件は、〇〇氏の胸先三寸次第で左右されると噂で聞いた」
  • 「事件の真相は、まだ犯人の胸先三寸で明らかになっていない」
  • 「彼の人生がどうなるかは裁判官の胸先三寸、最後の判決まで誰もわからない」
  • 「このプロジェクトが実行に移せるかどうかは、社長の胸先三寸にかかっている」

「胸先三寸」の類語は?

「胸先三寸」の類語1:「胸中(きょうちゅう)」

意味は「胸のうち」「心のうちで思っていること」です。「胸中」は「胸先三寸」とほぼ同じ意味を表す言葉です。“内に秘めている”のようなニュアンスも含まれているため、「胸先三寸」の言い換え表現としても使えます。

「胸先三寸」の類語2:「心中(しんちゅう)」

意味は「心の中」「表に出さない気持ち」です。「心中」も「胸中」と同じ理由から、「胸先三寸」の言い換え表現として使えます。注意する点は、「しんじゅう」と読むことで別の意味を表すということです。「しんじゅう」は以下のように全く異なる意味なので、間違えないよう十分気をつけましょう。

「心中(しんじゅう)」・・・情死、複数の者が一緒に死ぬこと、ある物事と運命を共にすること

日常的なシーンでも使えるカジュアルな類似表現は?

カジュアルな類似表現1:「心の中(こころのなか)」

意味はそのまま「心の中」です。「胸先三寸」を子供にもわかるような表現にした言葉で、日常的なシーンでよく使われています。

カジュアルな類似表現2:「内心(ないしん)」

意味は「表に出さない気持ち」「心のうち」です。「内心」も「胸先三寸」のカジュアルな表現で、日常的なシーンはもちろんビジネスシーンなどでも使われています。

「胸先三寸」の英語表現は?

「胸先三寸」の英語表現は「inner feelings」

「胸先三寸」を英語にしたい場合は、“(人の)内面的な”という意味を持つ「inner」を使って「inner feelings」と表現します。実際に使う時は、“誰の”という部分を付け加え「one’s inner feelings」と表現しましょう。

  • 「inner feelings」・・・胸先三寸、心の声、心に潜む感情など

例文:「my inner feelings(訳:私の胸先三寸)」、「his inner feelings(訳:彼の胸先三寸)」

「bosom」でも表現できる

「胸先三寸」は、類語で紹介した「胸中」という意味を持つ「bosom」でも表現できます。この「bosom」には、「脳裏(のうり)」という意味も含まれています。

  • 「bosom」・・・胸中、脳裏、内部、胸部

「脳裏」・・・頭の中、心の中

まとめ

「胸先三寸」は言葉だけ見ると難しそうですが、意味は「心の中」や「内に秘めた考えや気持ち」ととてもシンプルです。正しい表現は同じ意味として使われる「胸三寸」ですが、現在では間違って世の中に広まった「胸先三寸」も現代語のように扱われています。

「胸先三寸」は少しかしこまっている表現なので、日常会話などで使いたい場合は類語で紹介した「心の中」や「内心」がおすすめです。シーンにあわせて上手に使い分けましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

パーティーコーディネーターとして勤務後、10カ国以上で様々な文化を体験。帰国してからはライターに転職し、ライフスタイルからビジネスまで幅広く執筆しています。趣味は1人旅。好きな国はニュージーランドです。