「お知らせください」の意味と敬語を解説!類語や英語表現も

日常的にもよく使われる「お知らせください」というフレーズは、ビジネスにも頻繁に使われます。この短いフレーズは丁寧な表現ですが、敬語としても使えるのでしょうか。ここで「お知らせください」の意味と敬語表現として正しいのかを解説、また類似表現や英文例も紹介します。

「お知らせください」の意味は?

「お知らせください」の「知らせる」には、「通知」や「連絡」という意味があります。そこから「教えてください」と「連絡ください」の二つの意味があります。

「連絡ください」の丁寧な表現

「お知らせください」の意味は「連絡ください」と同じ意味で丁寧な表現です。「知らせる」の通知などの意味どおりの使われ方です。

「教えてください」の意味でもある

「お知らせください」の「知らせる」の「通知」や「連絡」という意味から派生して「教える」という意味が含まれることがあります。特に「お知らせください」を使ってなにかを頼む場合、その「教える」という意味が際立ってきます。

そのため「知らせてください」というフレーズが、「教えてください」という意味で使われることがあります。

「ください」は漢字よりもかな使い

「お知らせください」の「ください」をかな表記ではなくて、「下さい」と漢字で書くこともできます。どちらも丁寧な表現なのですが、敬意を表したいのなら「ください」とかな表記にしたほうがいいでしょう。

漢字で書く「下さい」は「くれ」の丁寧語であり尊敬語で、一方かな表記の「ください」は何かをお願いするときは敬意を表す場合には好まれる書き方です。よってビジネスでは、「ください」としたほうが無難です。

「お知らせください」の敬語表現

「お知らせください」は敬語だが使い方に注意

尊敬の意味を表す接頭語の「お」に、文末には「ください」がつくことで敬語表現になっています。つまり「お知らせください」は敬語表現として間違っていないので、目上の人や上司にも使うことができます。

しかしこの接頭語の「お」と「ください」という文末表現を使って作られる尊敬表現を、尊敬語として認めない傾向があることも事実です。この表現が一般化しているので、「お知らせください」と言われても目上の人や上司が敬意を表されていると感じないことがあります。そのため「お知らせください」をビジネスシーンで、しかも上司などに使う場合は注意が必要です。

メールにおける「お知らせください」の使い方

「お知らせください」は尊敬表現なのですが、尊敬表現ではないと考える方もいます。上から目線で書かれていて、命令口調に感じられるのです。そのため目上の人や顧客などに宛てたメールには「お知らせください」を使うのは気をつけたほうがいいでしょう。

  • 「お知らせくださいますよう、お願い申し上げます」
  • 「お知らせいただきますと、幸いに思います」

ビジネスではこの例文のような「お知らせください」をさらに丁寧な言い回しを活用することをおすすめします。

「お知らせください」の類似表現

「お知らせください」にはいろいろな類似表現がありますのでご紹介します。

「ご連絡ください」との違い

「ご連絡ください」は「お知らせください」の類似表現ですが、相手が一個人の場合に好まれて使われるフレーズです。それに対して「お知らせください」は複数人に宛てても使うことができます。

「知らせてください」はぶっきらぼうな印象に

接頭語の「お」がなくなるだけで、表現としては少し雑に聞こえます。特にビジネスシーンでは「お知らせください」と丁寧な言い方をしたほうがいいでしょう。

文末を言い換えた類似表現は硬い表現になる

  • 「お知らせくださいませ」
  • 「お知らせ願います」
  • 「お知らせ願えますでしょうか」
  • 「お知らせいただきますようお願いいたします」
  • 「お知らせくださいますようお願いいたします」

どの例文も「お知らせください」の文末を言い換えた表現ですが、全体的な印象として堅苦しい表現になります。より丁寧にはなりますが、時にはくどくも聞こえますので、書面一枚につき1フレーズだけを使うようにします。

「お知らせください」の英語表現と例文

「お知らせください」は「Please let me know」

日本語をそのまま英語に置き換えても通じないことがありますが、「お知らせください」は英語に直訳して「Please let me know」で問題なく使えます。何かをお願いしたいときなど便利に使える表現です。

「Please let me know」を使った例文

  • Please let me know when you’ve arrived at the airport.
    空港に到着しましたら、お知らせください。
  • If there are any difficulties, please let me know.
    何が不都合がありましたら、お知らせください。
  • Please let me know what we should prepare for it.
    準備すべきことがありましたら、お知らせください。

まとめ

「お知らせください」は日常的にもビジネスでもよく使われるフレーズで、目上の人にも使える丁寧な表現です。しかし命令的に聞こえることもありますから、「お知らせください」を使うときは慎重になるべきです。また「ください」とかな表記にしたほうが丁寧ですので、ビジネスメールなどにはかな文字で書くのがおすすめです。