「ジャストアイデア」の意味とは?使い方と類語・対義語を解説

「ジャストアイデア」と言う言葉は、知っておくべきビジネス用語のひとつ。会議や打ち合わせの場において「ジャストアイデアですが」などと使われます。今回は「ジャストアイデア」の意味を詳しく解説し、使い方と例文を紹介します。また「フラッシュアイデア」などの類語と対義語に加えて、英語での表現もお伝えします。



「ジャストアイデア」の意味とは?

「ジャストアイデア」の意味は「思いつき」

「ジャストアイデア」とは、「思いつき(思い付き)」や「頭に浮かんだこと」を意味する言葉です。事前に十分に検討して考えられたアイデアではなく、会議や打合せなどその場において出てきた「思いついただけのアイデア」であることを表しています。

「ジャストアイデア」とは和製英語

「ジャストアイデア」とは、カタカナの和製英語です。正しい英語表現ではないため、英語の会話において「just idea」と使うと意味が伝わらない場合があります。「ジャストアイデア」の正しい英語表現については、後ほどご紹介します。

「ジャストアイデア」の使い方と例文

「ジャストアイデア」は会話の中で使う

「ジャストアイデア」とは、その場における「思いつきの考え」です。そのため、「ジャストアイデア」の言葉は、会話の中においてのみ使います。相手が後から読むメールや文章においては、「ジャストアイデア」は使うのに適さない言葉です。

「ジャストアイデア」は前置きとして使う場合が多い

「ジャストアイデア」と言う言葉は、意見や提案について発言をする前置きとして使われることが一般的です。「ジャストアイデアなのですが」「ジャストアイデアに過ぎませんが」などと使います。その場におけるアイデアであるため、事前の検討ができていないことや、矛盾や不備を持ち合わせている可能性もあることを、あらかじめ断っておきたい場合に使う言葉です。

言い訳の前置きと見なされる可能性がある

「ジャストアイデア」と言う言葉を使った場合は、根拠のない意見や自信のない意見の言い訳と見なされる可能性があります。「自分の意見は思いつきのために十分でなくても勘弁してほしい」と言った、前置きであると見なされてしまうかもしれないためです。

会議や打合せなど発言の場においては、「ジャストアイデア」の使いすぎには注意が必要です。根拠が十分とは言えない場合や自信を持って言えない場合には、別の表現を使うのが

よいでしょう。「まだ検討が不十分な段階なのですが」「根拠が十分とは言えないのですが自分の考えをお話しさせていただきます」など、はっきり自分の意見として伝えることがおすすめです。

「ジャストアイデア」が解決の糸口となる場合もある

「ジャストアイデア」は、先にご紹介した通り言い訳とみなされる可能性もあり、どちらかと言えばネガティブな言葉となるでしょう。しかし「ジャストアイデア」が、議論の発展や課題を解決する糸口となる場合もあります。

たとえば、打合せでクライアントが予定にない課題を出したとき、「ジャストアイデア」と前置きをした上で話が進むこともあります。検証が不十分であっても、まずは経験に基づく意見として「ジャストアイデア」があることで、次回の打ち合わせにつながるより具体的な要望を聞き出すことが可能です。また、議論が膠着して停滞している場合にも、アイデアベースの意見であっても、議論を続け、別のアイデアにつながる可能性があります。

「ジャストアイデア」を使った例文

  • ジャストアイデアではありますが、今回の企画のメインターゲットが子供であれば、アプリを使うと言う方法もあるのではないでしょうか。
  • 彼女の意見は単なるジャストアイデアの段階だが、より突き詰めていけば他にはない素晴らしい企画に化ける可能性が大いにある。
  • クライアントの質問は想定していた内容だけにとどまらなかったが、彼はジャストアイデアに留まらない意見を次々と返しており、さすが経験豊富であると感心させられた。
  • 打合せ中シソーラスから見つけた言葉をタイトルとして提案したら、ジャストアイデアのつもりが正式に採用されることになった。

「ジャストアイデア」の類語(類義語)と対義語

「フラッシュアイデア」は「ジャストアイデア」の言い換え表現

「フラッシュアイデア」とは、「アイデアが思い浮かぶ」ことを意味する「ジャストアイデア」と言い換え可能な表現です。「ジャスト」とは「ただの」「〜なだけ」を、「フラッシュ」とは「ひらめき」や「瞬間」の意味をそれぞれ持つ言葉です。

「ジャストアイデア」の類語は「一案」

「一案」(いちあん)とは、「1つの案」であること。検討し尽くした最終案ではなく、多くの中で可能性のある考え方や案であることを表す場合に使います。「その場の思いつき」と言うニュアンスまでは含みませんが、ビジネスシーンにおいては「ジャストアイデア」同様使われることも多い言葉です。

「ジャストアイデア」の対義語は「考察」

「考察(こうさつ)」とは、「よく考えて調べる」の意味を持つ言葉です。したがって、その場における「ジャストアイデア」と、反対の意味合いを持つ言葉と言えます。

「ジャストアイデア」の英語表現

英語でジャストアイデアは「just an idea」

「ジャストアイデア」の英語における表記は、「just an idea」です。「just」と「idea」の間には、「an」が入るのが正式な英語表現となるため、入れ忘れないように注意しましょう。

まとめ

「ジャストアイデア」とは、「思いつき」を意味する和製英語です。英語で「ジャストアイデア」を表現する場合は、「just idea」や「just ideas」では意味が通じない場合があります。「just an idea」と間に「an」を入れた正式な表現を使うことが必要です。

「ジャストアイデア」は「その場の思いつき」を意味するため、検証が不十分であることや自信がないことの言い訳と見なされる場合もあります。ネガティブな意味合いとして使われるだけではなく、「ジャストアイデアですが」から始まる意見が、膠着した議論や解決策が見当たらない議論を打破することもあります。

ABOUTこの記事をかいた人

miiryon

SE・WEB制作を経て、メーカーのオウンドサイトのウェブマスターとフリーライターを兼業中。料理もアクセサリーも自分自身の「手」でつくりだすことに喜びを感じます。チョコレートとコーヒーが欠かせない食いしん坊。