「毎々」の意味とは?ビジネスでの使い方と類語「常々」を解説

「毎々(まいまい)」とは「いつも」を意味する言葉で、ビジネスでは「毎々お世話になっております」「毎々格別のお引き立て」などの使い方をします。「毎々の使い方とは?」「類語を知りたい」という方に向けて、「毎々」の使い方や例文、類語を紹介します。

「毎々」の意味と読み方とは?

「毎々」の意味は「いつも」

「毎々」の意味は「いつも」です。日常会話で使用されることは少なく、主にビジネスシーンで使用されます。たとえば、「毎々なんらかの問題がおきている」という例文。

上記の例文だと「いつも何らからの問題がおきている」という意味になります。1度きりの出来事に使うのではなく、何度も繰り返していることに対して使用しましょう。

「毎々」の読み方は「つねづね」ではなく「まいまい」

「毎々」の読み方は「まいまい」です。「毎」は訓読みで「つね」とも読まれることから、「毎々」の読み方は「つねづね」だという意見もあります。しかし、辞書には「まいまい」という読み方のみ記載されていることから、「つねづね」ではなく「まいまい」が正しい読み方となります。

「毎々」のビジネスでの使い方と例文

ビジネスでは主にメールで使う

「毎々」は主にビジネスシーンで使用される言葉ですが、とくにビジネスメールで使用されます。日常会話や話し言葉としても使用できますが、意味が伝わらなかったり仰々しい印象を与えたりする可能性があるため、注意しましょう。

「毎々お世話になっております」は挨拶の1つ

「毎々」の使い方の1つが「毎々お世話になっております」です。ビジネスメールでの冒頭部分に「毎々お世話になっております」を加えることで、相手に「いつもお世話になっております」と丁寧に挨拶することができます。

「毎々格別のお引き立て」は感謝するシーンで使う

「毎々格別のお引き立て」も、「毎々」の使い方の1つです。「格別」とは「普通とは異なり、段違いなこと」を意味し、「お引き立て」は「相手から目をかけてもらうこと」をそれぞれ意味します。

上記の意味から、「毎々格別のお引き立て」は「いつも特別に目をかけてもらう」を意味する言葉で、相手に感謝を伝える状況で使用されます。たとえば、「毎々格別のお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます」という例文。

上記のように、「厚く御礼申し上げます」や「感謝申し上げます」などのお礼の言葉とあわせて使用しましょう。

「毎々」を使った例文

  • 毎々お世話になりましてありがとうございます
  • 毎々格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます

「毎々」の使い方の注意点

「毎々お世話さまです」は使わない方がいい

「毎々」を使った「毎々お世話さまです」という言葉は、ビジネスシーンや目上の人へは使わないようにしましょう。「お世話さまです」は感謝をつたえる状況で使われますが、「ご苦労様」と相手をねぎらう言葉でもあります。

ビジネスシーンで使用するには丁寧さに欠ける表現であり、目上への相手からすると失礼と捉えられる場合があります。普段からお世話になっていることを表したいときは、「毎々お世話さまです」ではなく、「毎々お世話になっております」を使用しましょう。

「毎々」の類語表現

毎々の類語「常々」の意味は「いつも」

「毎々」の類語に当てはまるのが「常々」です。読み方は「つねづね」で、「いつも」「普段」を意味します。ただ、「常々」は「毎々」の類語ではあるものの、ビジネスメールの冒頭挨拶として使用されることは少なく、主に会話中に使用されます。

たとえば、「○○様のご活躍は常々拝見しております」という例文。上記の例文だと「○○様の活躍はいつも見ています」という意味になります。

毎々の類語「度々」の意味は「何度も」

「毎々」の類語には「度々」も当てはまります。読み方は「たびたび」で、「何度も」を意味します。何度も同じことが繰り返されるシーンで使用しましょう。たとえば、「度々ご連絡いたしまして申し訳ございません」という例文。

上記の例文は、何度も連絡することに対する謝罪の文章となります。

「毎々」の英語表現

「毎々」は英語で「Always」

「毎々」の英語表現には「Always」が適しています。「Always」は「常に」を意味する単語です。ただ、日本語のようにビジネスメールの冒頭挨拶として、「Always」を使用することはできません。英語のビジネスメールでは「毎々お世話になっております」などの冒頭挨拶は、基本的に使用されないのです。

たとえば「He always make mistakes(彼は毎々ミスをしている)」のように、挨拶ではなく会話として「Always」が使用しましょう。

まとめ

「毎々」とは「いつも」を意味する言葉で、「毎々お世話になっております」「毎々格別のお引き立てを」などの使い方をします。よくある読み間違いとして「つねづね」がありますが、正しくは「まいまい」であるため、読み方に注意しましょう。

類語には「常々」「度々」が当てはまりますが、「常々」はメールの冒頭挨拶としては使用されない傾向にあるため、使い分ける必要があります。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。