「より一層」の意味とは?使い方の例文と類語「益々」を解説

「より一層」とは「さらに」を意味する言葉で、「より一層のご活躍」「より一層精進して参ります」などの使い方をします。「敬語表現での使い方とは?」「類語を知りたい」という方に向けて、「より一層」のビジネスでの使い方や例文、類語「益々」を解説します。

「より一層」の意味とは?

「より一層」の意味は「さらに」

「より一層」とは「さらに」「もっと」を意味する言葉です。「より」は「より一層」を意味し、「一層」は「前回よりも程度が増していること」を意味しています。「より」のみで「より一層」を意味するため、「より一層」は意味が重複している「重ね言葉」に当てはまります。

重ね言葉は意味が重複していることから、「日本語として正しくない」という捉え方もありますが、「より一層」は慣用句として定着しているため、ビジネスシーンでも使用可能です。

ビジネスでは敬語とあわせて目上に使える

「より一層」は日常会話だけでなく、ビジネスシーンでも使用できます。「より一層」という言葉自体は敬語表現ではないため、目上の相手に使用するときは敬語とあわせて使いましょう。

たとえば、「より一層の注意を払う」を目上に使う場合、「より一層の注意を払います」や「より一層の注意を払う所存でございます」になります。

ビジネスでの「より一層」の使い方

「より一層のご活躍」は「さらなる活躍」を表す

「より一層」の使い方の1つが「より一層のご活躍」です。「より一層のご活躍」とは「さらなる活躍」を意味しており、接頭語がくわえられた丁寧な表現であるため、目上へ使用できます。

目上の相手がさらに活躍することを願う状況で使用され、「○○様のより一層のご活躍をお祈りいたしております」のような使い方をします。

「より一層精進して参ります」は「さらなる努力」を表す

「より一層精進して参ります」は「さらに一生懸命、努力します」という意味になります。今の段階よりも「さらに努力する」ことを、相手に伝える状況で使用できます。たとえば、「○○様のご期待に添えるよう、より一層精進して参ります」という例文。

上記の例文だと、「期待に添えるようさらに一生懸命、努力します」という意味になります。

「より一層頑張る」は「さらに頑張る」を表す

「より一層頑張る」とは「さらに頑張る」を意味する言葉です。今よりも頑張ることを相手に伝える状況で使用しましょう。ただ、「頑張る」という表現は、目上の相手へ使うには敬意が足りず適していません。

ビジネスシーンで目上の相手に「より一層頑張る」を使う場合は、丁寧な「尽力いたします」を使った「より一層尽力いたします」へと言い換えてみましょう。

「より一層気を引き締めて」は気合を入れることを表す

「より一層」の使い方の1つが「より一層気を引き締めて」です。「より一層気を引き締めて」とは「さらに気を引き締めて」を意味し、今よりも気を引き締めることを相手に伝える状況で使用されます。

たとえば、「より一層気を引き締めて、業務に励む所存でございます」という例文。上記の例文だと「さらに気を引き締めて、業務に精をだします」という意味になります。

「より一層」を使った例文

  • 同じ失敗を繰り返さないようより一層気をつける
  • いただい恩をお返しできるよう、より一層努力して参ります
  • 今後もより一層尽力いたしますので、よろしくお願いいたします
  • 品質管理をより一層徹底して、品質向上をはかる

「より一層」の類語表現

「より一層」の類語「益々」

「より一層」の類語に当てはまるのが「益々」です。「ますます」と読み、「以前の状況と比べて、程度が増していく様子」を意味します。たとえば、「より一層のご活躍をお祈り申し上げます」という例文を、類語で言い換えると「益々のご活躍をお祈り申し上げます」になります。

堅苦しくない状況で使える類語「もっと」

「より一層」の類語には「もっと」や「さらに」も当てはまります。「益々」と比べて、「もっと」「さらに」は口語で使える柔らかい表現であるため、日常会話などビジネス以外でも使用できます。

ビジネスシーンで使用すると、敬意が感じられず失礼と捉えられることもあるため、注意しましょう。

「より一層」の英語表現

「より一層」は英語で「Further」

「より一層」の英語表現は「Further」が適しています。「Further」とは「さらに」を意味する単語で、「より一層」に変わる言葉として使用できます。たとえば、「We will make  further efforts」という例文。

上記の例文だと「さらに尽力します」という意味になり、「より一層尽力いたします」の英語表現として使用できます。

まとめ

「より一層」とは「さらに」を意味する言葉で、「より一層のご活躍」や「より一層精進して参ります」などの使い方をします。ビジネスシーンでは敬語とあわせて使用することで、目上の相手に適した表現となります。

類語には「益々」が当てはまり、「より一層」の代わりに使用できます。また、「益々」以外にも「もっと」や「さらに」が「より一層」の類語となり、日常会話など堅苦しくない状況で使用してみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。