「ミッションステートメント」とは?意味や役割・個人での作り方

「ミッションステートメント」は企業がその存在意義を表明する言葉として使われていますが、個人で作る「ミッションステートメント」にも注目が集まっています。

今回は「ミッションステートメント」の意味と、企業における「ミッションステートメント」の意味や役割、そして個人による書き方と英語表現も紹介します。



「ミッションステートメント」の一般的な意味

「ミッションステートメント」とは「明文化された会社の価値観」のこと

「ミッションステートメント」とは、「企業とその社員が共有する価値観や行動を示す指針や方針を明文化したもの」のことです。

「企業理念」や「社訓」、「行動指針」、「事業目的」などと似ていて、企業の存在理由や社会にどのように貢献したいのかといった会社の内外に向けた使命を言葉または文章化して表して社員と共有することで、社員の仕事へのモチベーションを高めるだけでなく、社外へのPRツールとしても使われることがあります。

企業における「ミッションステートメント」の意味

企業が掲げる「ミッションステートメント」とは、自社の今後の事業計画や目標を端的にあらわした言葉であり文章のことです。ミッションステートメントとして事業計画などを文章化することで、社外に自社の今後の事業計画をアピールできるだけでなく、社員のモチベーションの維持または向上に役立ちます。

個人における「ミッションステートメント」の意味

「ミッションステートメント」は企業がその価値観を明文化したものとして知られていますが、個人でも「ミッションステートメント」を作り自己目的を実現するために役立てられます。

「ミッションステートメント」を作ることで、自分の価値観に基づいた自分だけのルールを決めることで、目標を達成するためのモチベーション維持に用いることができます。

企業における「ミッションステートメント」の役割

役割①組織の価値観見直しに有効的

企業が「ミッションステートメント」を掲げる理由には、業務が多様化する中で、自社の社会的役割やその意義、組織としての価値観、どのようなことに貢献して何をする会社なのかが見失われることがあります。そうした状況で「ミッションステートメント」を見直すと、社員のモチベーションを高めるだけでなく、意思統一も図るために有効的です。

役割②意思決定の指標になる

業界の状況や会社の安定などを鑑みながら事業の行く末を判断するときに迷うことがあります。そのようなときに「ミッションステートメント」があると、意思決定の指標となり決断しやすくなります。

役割③社会へのアピールポイントとなる

企業が事業を通して社会にその意義を発するとき、ミッションステートメントを用いて企業理念や信念を社会に伝えることができます。自社が社会のなかでどのように貢献することを目指し、どのような存在意義なのかを端的に表現できるのが「ミッションステートメント」です。

役割④株主への事業計画を伝えるときに有効

株式会社は株主に利益を還元するだけでなく、株主に事業計画や目標を伝えて今後の事業への理解を求めることも重要です。「ミッションステートメント」は企業理念や目標を反映していますから、「ミッションステートメント」を提示することで、株主に事業計画及び目標を伝えることができます。

個人による「ミッションステートメント」の書き方(作り方)と例文

「ミッションステートメント」の作り方は2ステップ

ミッションステートメントを個人で作るために決められた方法はありません。内容はもちろんのこと、形式や長さなど自由です。ここではよく知られているミッションステートメントの作り方の一部を紹介します。

  1. 過去から現在、未来へと視点を移しながら自分の理想像を作り出す
    過去を振り返り、気になっていることや記憶に残っていることを掘り下げて、現在の自分と照らし合わせます。そして将来どのようになりたいのかを想像します。
    同時に、現在の社会的な立場から自分が担うべき役割(例えば会社では課長、家庭では父親など)を見出します。

    理想像の視点から、自分の役割にはどのような使命、すなわちミッションがあるのかを導き出して文章にして「ミッションステートメント」を書きましょう。

    ポイント
    ミッションステートメントを書くときには、「何を」「どうして」「どのように」という点を明確にして置くことが重要です。
  2. 何度でも修正する
    一度書き上げた「ミッションステートメント」はそれで終わりというのではなく、実際にミッションステートメントを基に行動をしてみて問題があったり、より具体的なミッションを見つければ常に修正や加筆をします。

ミッションステートメントの例文

例文

私は気に入らないことがあるとすぐに不貞腐れることがあり、仕事でも気に入らないとすぐにやる気を失う。これでは効率が下がるだけでなく周囲にも迷惑をかける。そこで、私は気に入らない仕事でも業務上の責任を果たすために、冷静に努めて前向きに仕事をするようにする。

ミッションステートメントのフォーマットは自由!

ミッションステートを書くためのフォーマットはありません。自由に自分のミッションを書き出し、必要とあれば修正を加えます。

「ミッションステートメント」の英語表現

「ミッションステートメント」は英語で「mission statement

「ミッションステートメント」は英語で「mission statement」と書き表し、海外企業では企業目的や事業目標を示す意味で使われている言葉です。社員及び社外に自社のヴィジョンを明示するために用いられています。

「ミッションステートメント」の英語例文

  • “How should we write a mission statement?”
    「どのようにミッションステートメントを書けばいいのですか」
  • “Our mission statement is a provision of high quality product.”
    「私たちのミッションステートメントは、高品質の製品の提供です」

まとめ

「ミッションステートメント」とは使命の宣言のことであり、企業は企業の存在意義や社会への貢献を明文化したものです。社員のモチベーションを高めたり、最終決定をする際の材料となることもあれば、社外へのPRツールとして用いることもできます。