「ともすれば」の意味とは?類語や英語表現を例文とともに紹介

「ともすれば」という言葉を使われても、あまり聞きなれない言葉だというイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。実際に、日常生活やビジネスシーンのなかにおいて、この言葉を頻繁に使用している場面は正直少ないのが事実です。

そのため「ともすれば」という言葉の正確な意味や使い方を知らないという人もいるかもしれません。そこでこの記事では、「ともすれば」という言葉の意味や類語、正しい使い方やビジネスシーンでの使い方などを詳しくご紹介します。



「ともすれば」の意味

「ともすれば」の正しい意味と類語

「ともすれば」という言葉は、「場合によっては」などの意味を持っている言葉です。「ともすれば」の類語には、「かもしれない」や「可能性がある」「ひょっとして」「もしかすると」などがあります。

「ともすれば」に近い意味を持つ言葉として、「ややもすれば」とう言葉もありますが、この言葉は「物事がとかくそうなりがちであるさま」を表しています。

「ともすれば、大事なことを忘れがちになる」や「ともすれば、明日の件は中止になるかもしれない」などといった、「可能性を認める」表現の使い方が多くされています。

古文や古語の文法として使われていた

平安時代初期に作られたと言われている「竹取物語」を見てみると、「ともすれば、人間(ひとま)にも月を見ては、いみじく泣き給ふ」などの表現が登場しています。

これを現代の言葉に訳してみると「どうかすると、人のいない間にも月を見ては、ひどくお泣きになる」という、続く言葉の可能性を認める表現として使われています。平安時代初期という、これほど昔から使われていた言葉で、現在はほかにも表現の仕方があるため、あまり使われなくなった言葉のひとつだとも言えるのではないでしょうか。

「ともすれば」の英語表現

「ともすれば」を英語で表現する場合、「とかく~しがちだ」や「とかく~しやすい」などの意味がある「be given to doing」を使うのは良いでしょう。

「ともすれば」の使い方

マイナスな表現で使う言葉

「ともすれば」には、「場合によっては」といった意味があり、「物事がとかくそうなりがちであるさま」を表現する言葉になりますが、使う際に続く言葉は、基本的にはネガティブなイメージで使用されることが多くなっています。

例えば「ともすれば(場合によっては)、この件はダメになるかもしれない」や「ともすれば(もしかすると)、大きなトラブルに発展してしまう危険性も~」などのマイナスな表現で使う場合がほとんどです。

ビジネスシーンでは言い換えて使う

「ともすれば」という言葉は、「かもしれない」や「可能性がある」「ひょっとして」「もしかすると」などのさまざまな類語でも言い換えることができる言葉です。そのため、わざわざあまり意味を知らない人が多い、「ともすれば」をビジネスシーンで使うことは少ないと言えるでしょう。

丁寧な言葉を使うことは大事なことではありますが、あくまでもビジネスシーンのなかでの会話は相手にしっかりと意味が伝わることも大切なことです。

使う場合は解決策も併せて提案する

もし、この言葉をビジネスシーンで使う場合、基本的にはネガティブな内容の言葉になりがちですので、そのマイナスな言葉に対する解決策をあわせて提案するのが、ビジネスシーンでの「ともすれば」の賢い使い方だと言えます。

例えば「ともすれば、この件はダメになるかもしれない。その場合は~」などとマイナスな発言で終わらせるのではなく、きちんと解決策を提案することを心掛けるとよいでしょう。

当然、「かもしれない」や「可能性がある」「ひょっとして」「もしかすると」などをマイナスな表現で使う場合も同じことが言えます。

「ともすれば」の例文と短文

「ともすれば」を使った例文には以下のようなものもあります。

  • ともすれば、考え方が悪い方向に傾きやすい。
  • ともすれば、あなたは頭が固い、時代遅れだと食って掛かったこともあった。
  • ともすれば、会社を休みがちになる。
  • ともすると、明日は雨が降るかもしれない。
  • 大事な話を聞けば聞くほど、ともすると忘れがちになる。
  • 重い空気が漂う中で、私たちはともすると沈黙しがちだった。

まとめ

実生活のなかで実際に使っている人が少ない以上は、「ともすれば」という言葉をビジネスシーンのなかで率先して使う必要はないとも言えます。ただし、文面や文章においては、ともすれば、その言葉がたびたびでてくることがあります。

そのため、「ともすれば」という言葉の意味や使い方を頭の中にいれておくことは、ともすれば、無駄なことだと思いがちですが、実際は大事なことだと言ってもよいでしょう。