「昼光色」と「昼白色」の違いとは?読み方・選び方のコツも解説

蛍光灯や電球を選ぶときに「昼光色」と「昼白色」、どちらを選ぶべきか悩むことがあります。蛍光灯にはその他「LED」や「電球色」がありますが、そもそも「昼光色」と「昼白色」の違いとは何でしょうか?

ここでは「昼光色」と「昼白色」の違いを中心に、選び方のコツ、また蛍光灯のその他の種類についても触れながら解説していきます。



「昼光色」と「昼白色」の違いとは?

色温度が違う

「昼光色」と「昼白色」では色温度が違います。

「昼光色」は約6500ケルビン、「昼白色」は約5000ケルビンです。つまり、「昼光色」の方が色温度が高く、「昼白色」の方が色温度が低いということになります。色温度とは光の色を数値化したもので、ケルビン(略してKと呼ぶ)という単位を用いて表したものです。モノを燃焼する時、一般的にはオレンジや赤など暖色系の色は色温度が低く、紫や青などの寒色系の色は温度が高くなります。

色合いが違う

上記でも説明させていただいたように、「昼光色」と「昼白色」では色温度が異なります。そのため、発光した時に目に入ってくる色合いも異なってきます。「昼光色」は青みのある明るい色を放ち、「昼白色」は太陽の光に近い自然な色を放ちます。

目への影響が違う

「昼光色」と「昼白色」では色合いや光の強さが異なるため、使い方によっては目への影響や目の疲れ方も違ってきます。「昼光色」は色温度が高く強い光を放ち、手元の細かい部分まで明るく照らしてくれますが、逆に目が疲れやすくなってしまいます。一方「昼白色」の場合は自然な光を演出し、太陽に極めて近い明るさをもつため、目にも優しく一般的に人々に慣れた色だと言えます。

「昼光色」か「昼白色」どちらを選ぶ?

リビングや洗面所など「設置場所」で選ぶ

「昼光色」にするか「昼白色」にするか、店先で迷ってしまうことはありませんか?今までは「蛍光灯」という類で一括りにしていた人も、違いや特徴を理解することで、設置場所に最も適したものです。

「昼光色」か「昼白色」か、選び方のポイントはやはり設置場所です。以下に設置場所と適した蛍光灯の種類を挙げてみましょう。

  • キッチン・リビング:昼白色(自然な色合いを醸し出す。青く光る昼光色は不向き)
  • オフィス・個人部屋:昼白色(細かい作業を含む場合は手元まで明るく見える昼光色が最適)
  • 物置部屋・衣裳部屋:昼光色(色や形をはっきり見ることができる。)

部屋の模様替えや目的に合わせて選んでみよう

設置場所によって適した、またはおすすめの蛍光灯の種類はありますが、部屋の模様替えやプライベートな目的に合わせて自由に選ぶこともできます。

たとえば、ダイエット中の方で食欲を抑えたい人は、青みを帯びた「昼光色」を選ぶのも良いでしょう。青の色彩効果を利用すれば自然と食欲が減退し、必要以上に食べるのを抑えることができます。過度に食欲を刺激することがないため、無理をせずにダイエットをしたい人には「昼光色」がおすすめです。

また、個人部屋の場合は、雰囲気や模様替えを兼ねて、違う種類の蛍光灯にするのも良いでしょう。部屋のディスプレイの他、気分もガラッと変わるため、良い気分転換にもなります。

「昼光色」「昼白色」以外の蛍光灯について

ここでは「昼光色」や「昼白色」以外で、一般的に使われる「LED」と「電球色」について触れていきます。

「LED」は植物の栽培に使われることも

近年、LEDを使って植物を栽培する工場が増えてきています。LEDは「Light Emitting Diode=ライト・エミッティング・ダイオード」の略称で「発光ダイオード」としても知られ、電圧をかけた時に発光する半導体素子を意味します。材料によってオレンジ、赤、緑に発光するのが特徴ですが、家庭でもリビングやホールなどに観葉植物や花を置いている場合は、LEDを用いると著しい成長が期待できます。

落ち着きのある色を選ぶなら「電球色」

一般的な電気屋や量販店で売られているのは「電球色」「昼光色」「昼白色」ですが、中でもさほど強い光の要らない寝室や読書部屋、廊下や階段、風呂場やトイレなどは「電球色」を使うのがおすすめです。

家の中でも強めの明かりが必要な場所と、そうでない場所がありますが、寝室や読書部屋は、落ち着きのある色を放つ「電球色」を使いましょう。精神が安らぎ、心がホッとする空間が生まれてきます。

まとめ

「昼白色」と「昼光色」の違いは「色温度」「色合い」「目に与える影響」などが挙げられます。「昼白色」か「昼光色」か、どちらにするかは、設置場所やの個人の趣向によって異なりますが、物置や衣裳部屋など強い明かりが必要な場所には「昼光色」、ごく自然な光が必要なリビングやキッチン、学習部屋やオフィスなどには「昼白色」が向いています。

もちろん、模様替えや気分転換を気軽にしたい時は「昼白色」から「昼光色」、「電球色」、「LED」などに変えてみるのもよいと思います。ぜひ、ライフスタイルを楽しく快適にするために「蛍光灯」の色や設置場所を工夫してみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。