「軟水」と「硬水」の違いとは?見分け方や味・英語表現も解説

コンビニやスーパーなどで気軽に買うことができるミネラルウオーターやペットボトルの水。ふと目を止めると「硬水」「軟水」の表示が目に飛び込んでくることがありますが、この二つの水には具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは「軟水」と「硬水」の違いを中心に、見分け方や味について解説しながら、それぞれのデメリットやメリット、英語表現についても紹介していきます。



「軟水」と「硬水」の違いとは?

ミネラル成分の含有度が違う

「軟水」と「硬水」で最も違うのは「ミネラル成分の含有度」つまり「硬度」です。世界保健機構が示す分類では、「軟水」の硬度は0~60未満、中硬水の硬度は60~120未満、硬水は硬度が120~180未満、また硬度が180以上を超える非常的な硬水も存在します。

基本的に水はこれら4つに分類されますが、一般的には軟水と中硬水(硬度120未満の水)を「軟水」、それ以上の水を「硬水」と呼ぶ場合がほとんどです。

ちなみに水に含まれるミネラルとは「カルシウム」「マグネシウム」「ナトリウム」「カリウム」などの無機質成分となります。

口当たりや風味が違う

「軟水」はさっぱりとして飲みやすい

「軟水」と「硬水」では口当たりや風味が異なります。日本で購入するウォーターサーバーや水道水は「軟水」がほとんどですが、「軟水」は口当たりがさっぱりとし、飲みやすいのが特徴です。もっとも、多くの日本人には慣れているのが「軟水」であり、素材の風味や味わいを活かした日本料理に適しています。抵抗なくスッキリ飲めるのが「軟水」となります。

「硬水」や口当たりが重くやや苦味がある

一方「硬水」は口当たりが重たく風味が独特で、やや苦みを感じるのが特徴です。アメリカやフランスなどの限られた地域では水道水として使われ、洋風料理に向いていると言われています。

「軟水」のメリット・デメリットは?

「軟水」は子供の飲料水として適している

「軟水」はミネラル含有度が低いため、胃への負担が少なくお腹に優しいのが特徴です。そのため、赤ちゃんを含め子供の飲料水としても適しています。市販の子供用のミネラルウォーターもほぼ「軟水」ですので安心して与えることができます。

「軟水」は肌や髪の毛へのダメージが少ない

「軟水」は飲み物や一般的な料理に適しているだけではなく、肌や髪の毛にも優しいです。ことに肌や髪の毛はイオンの影響を受けやすいため、「軟水」に含まれるカルシウムイオンやマグネシウムイオンは少ない方が良いのです。

「軟水」でミネラル補給は期待できない

人の体はミネラル成分が不足すると、足がむくむ、足がつる、脱力感、高血圧、便秘になるなど、いくつかの支障が生まれてきます。ビタミンや鉄分などの他、ミネラルは人の体にとって必須成分であるため、毎日欠かさず一定量を摂取することが求められますが、ミネラル成分の低い「軟水」を大量に摂取しても、一日に必要な量のミネラルは補給できません。

ミネラル不足の傾向が見られたら、小魚、牛乳、ほうれん草、ひじき、昆布、ナッツ類などの食べ物で補給するようにしましょう。

「硬水」のメリット・デメリットは?

「硬水」は灰汁を抜き出す効果がある

「硬水」はシチューなど肉を使った煮込み料理で灰汁を抜き出す効果があります。料理の中にタンパク質などの灰汁が多いと、せっかくの料理も台無しになってしまいます。舌触りにざらつきがあり、苦みを生む灰汁は「硬水」を使って取り除きましょう。

「硬水」は基礎代謝を上げやすい

「硬水」に多く含まれるミネラル成分は、カロリーを燃焼するために有効的な基礎代謝を上げる役割があると言われています。そのため、効果的なダイエットを目指す人は、「軟水」よりも「硬水」を選ぶ傾向があります。

「硬水」は便秘解消の効果が期待できる

「硬水」はマグネシウムを多く含むため、胃腸が弱い人はお腹が緩くなることがあります。「硬水」は摂取後に胃腸をほどよく刺激するため、逆を言えば便秘解消の効果が期待できますが、急激な摂取、または過剰な摂取を避けるようにしましょう。

「軟水」と「硬水」の英語表現は?

「軟水」は「soft water」、「硬水」は「hard water」

「軟水」は軟らかい水、「硬水」は硬い水と書きますが、英語表現も言葉通り、「軟水」は「soft water」、「硬水」は「hard water」と表現します。海外に渡航する時は、水道水が飲めない地域もあるため、市販のミネラルウオーターを購入することもあるでしょう。その際は、「soft water」や「hard water」などの表示を確認するようにして下さい。

まとめ

「軟水」と「硬水」の最も大きな違いはミネラルの含有度(硬度)で、一般的には硬度120未満を「軟水」、硬度120以上を呼んでいます。ちなみに、硬度100を境に「軟水」と「硬水」の見分けをすることもあるようですが、場合や解釈の仕方によるようです。

日本の水道水がほとんど「軟水」であるため、日本人には「軟水」の方が慣れていると言えるでしょう。「軟水」は口当たりがよく飲みやすいですが、一方で「硬水」は口当たりが重くやや苦みを含むのが特徴です。「軟水」も「硬水」もそれぞれメリットとデメリットがあるので、双方において良さや欠ける点を理解して選ぶようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。